[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。

書感

[ま]「いま世界の哲学者が考えていること」(岡本裕一朗 著)/哲学と現実社会の接点を捉えて @kun_maa

哲学というと何やら小難しいことを言ってそれが人生に役立つ人生論のように捉えられている節がある。深いい話的な。 哲学者の言葉を切り取って名言集のようにまとめた本が売れたりしたことからも哲学=人生論というイメージは根強い。さらに人生論どころか自…

[ま]小説「言の葉の庭」は映画より深い孤悲のものがたり @kun_maa

数ある新海監督作品の中にあってこれはもう別格で大好きな作品「言の葉の庭」。 映画は高校生の孝雄と27歳の謎めいた女性雪野のふたりの視点から描かれた46分の中編作品。お互いに惹かれ合う不器用なふたりの切ない物語だ。映画版のキャッチフレーズは「"愛”…

[ま]動物農場 ーおとぎ話ー(ジョージ・オーウェル)/権力が腐敗する様を滑稽に描いた名作 @kun_maa

あの未来のディストピアを描いた「1984年」で有名なジョージ・オーウェル。 彼の短編集のタイトルになっている中心的な作品にして「1984年」に負けずとも劣らず有名な作品がこの「動物農場 ーおとぎ話ー」だ。 スポンサーリンク // // ]]> // // ]]> 動物た…

[ま]ぼくのゾンビ・ライフ/ゾンビにも公民権を!すばらしく魅力的な作品 @kun_maa

この物語に登場するゾンビはジョージ・A・ロメロを代表とする「ゾンビ映画」で描かれているゾンビとは大きく異なります。 彼らには生前の記憶もあるし、物事を考える能力もあるし(なんと脳みそが腐敗して溶けていても!)、もちろん感情だってあって恋もす…

[ま]ゾンビ襲来(ダニエルドレズナー ほか)/ゾンビ発生を国際政治学でまじめに論じた一冊 @kun_maa

僕はゾンビ大好きです。ゾンビ映画の感想はもうひとつのブログに書いているのでこちらにはないんですけどね。 ゾンビは最近はそうでもないけどちょっと前まではポピュラー・カルチャーの中では昇り調子のジャンルでした。 ゾンビ映画の封切り数は新世紀の幕…

[ま]<子ども>のための哲学(永井均 著)/哲学に対するイメージを変える一冊 @kun_maa

タイトルが「<子ども>のための」だからといって簡単な哲学の入門書だと舐めてかかってはいけない。確実に後悔することになる。 そのまま子どもと表示しないで<子ども>となっているところが落とし穴。 スポンサーリンク // // ]]> // // ]]> 大人になると…

[ま]ぼくらはみんなハゲている(藤田慎一 著)/ハゲ問題の深淵を覗く良書 @kun_maa

フジテレビ系ドキュメント番組でオンエアされて大反響を呼んだという「ぼくらはみんなハゲている」という番組に追加取材を行い書籍化したものが本書だ。 著者の藤田慎一氏はテレビディレクターである。 彼がなぜこの番組のディレクターに選ばれたかというと…

[ま]村に火をつけ、白痴になれ 伊藤野枝伝(栗原康 著)/欲望全開!ゲスで上等 @kun_maa

伊藤野枝という女性活動家が大正時代にいたことを知っている人はどれくらいいるのだろうか。 彼女はいわゆる「アナキスト」として大杉栄らとともに活動した女性活動家である。アナキストなんて言葉ももうほとんど死語みたいなもんだから知らない人もいるかも…

[ま]うつ病放浪記/よい医師を見つけること、そして自分の生き方を変えること @kun_maa

僕は自分のうつ病の症状がよくなってきてからは、うつ病に関する本をなるべく読まないようにしていました。 理由は単純にその手の本を読むと自分の辛かったときのことを思い出してしまうのが嫌だから。 スポンサーリンク // // ]]> // // ]]> では、なぜこの…

[ま]心にナイフをしのばせて/少年事件と「更正」について考えさせられるノンフィクション @kun_maa

もうかなり前のことになるが、2014年7月26日、佐世保市の公立高校に通う女子生徒が同級生の女子生徒によって殺害された。警察によると遺体は首と左手首が切断されていたということだ。マスコミで大きく報じられたので事件の概要はみなさんご存知のことと思う…

[ま]屍者の帝国/壮大な世界観で迫る最高のエンターテイメント小説 @kun_maa

溢れる才能を持ちながら34歳で早逝した天才作家伊藤刑劃によるプロローグを引き継ぎ、芥川賞作家である円城塔が完成させたSFエンターテイメント長編小説である。 ちなみに2015年に映画化されたのだが僕は観ていないし、映画化されたことで原作の表紙まで変わ…

[ま]シュレディンガーの哲学する猫/僕には圧倒的に思考する言葉がたりない @kun_maa

有名な「シュレディンガーの猫」というのは、量子論の考え方に納得していなかった物理学者シュレディンガーが考えた思考実験のことだ。 スポンサーリンク // // ]]> // // ]]> その思考実験とは次のようなものである。 閉ざされた鉄の箱の中に猫が入っている…

[ま]コードネーム・ヴェリティ/謎めいた告白に隠された巧妙な伏線にうなる傑作ミステリ @kun_maa

第二次世界大戦中のナチス占領下にあるフランスのとある街で、スパイとして捕虜となった若い女性工作員とその親友である女性飛行士の友情と戦争を背景にした上質なミステリ。まずタイトルがかっこいい。 スポンサーリンク // // ]]> // // ]]> ナチスの尋問…

[ま]ランドセル俳人の五・七・五(小林凛 著)/俳句で泣けるとは思わなかったな @kun_maa

俳句と聞いて何を思い出すだろうか。 僕は松尾芭蕉、小林一茶など著名な俳人の名前くらいしか思い浮かばなかった。俳句そのものに触れる機会もないし俳句というものにほとんど興味がなかったのだ。 スポンサーリンク // // ]]> // // ]]> 「俳句への挑戦」 …

[ま]なぜ、世界はルワンダを救えなかったのか(ロメオ・ダレール 著)/世界の無関心が見捨てた80万人の命 @kun_maa

アフリカの中央部にある人口過剰な小国ルワンダ。戦略的に特に価値はなく、これといった資源もないちっぽけな国である。そのちっぽけな国で80万人もの人間がたったの100日間で虐殺された。 スポンサーリンク // // ]]> // // ]]> 本書の著者はこの大虐殺が始…

[ま]知らないと恐い「正しいFUCKの使い方」/知れば映画やドラマも楽しめる @kun_maa

アメリカ映画やドラマを観ていると必ず耳にする「FUCK!!!」という単語。 パンクやハードロックを聴いていてもしばしば登場する。 卑猥な言葉であり相手を侮辱する言葉であり、悪い言葉だってことはなんとなくわかっているけど詳しいことはわからない。 だっ…

[ま]ありのままの自分に気づく(小池龍之介 著)/生きることの苦しみを軽くするために @kun_maa

私たちは平素、今よりももっと良い感じの人間になりたがっているものです。「もっとデキる人になりたい」「もっと明るくなりたい」「成功者になりたい」「誰々から好かれる人になりたい」「多くの人から評価される人になりたい」などなど・・・(「まえがき…

[ま]「自殺」(末井昭 著)/説教や説得や生き甲斐を説くわけではないけど自殺を止める力があると思う @kun_maa

この本、タイトルがズバリそのまま「自殺」です。 本屋で平積みで売られているのを見かけたときに、そのタイトルと表紙のムンクの「叫び」にこれはきっとふざけたトンデモ本に違いないと思いました。 スポンサーリンク // // ]]> // // ]]> でも手に取ってみ…

[ま]欲望の植物誌/操っているのは人か植物かとても興味深い一冊 @kun_maa

この本の主役は、リンゴ、チューリップ、マリファナ、ジャガイモという4つの身近な植物だ。ああ、日本でマリファナは違うか。もし日本在住のあなたにとってマリファナが身近なものだとしたら「おまわりさーん、こいつです!」だ。 スポンサーリンク // // ]…

[ま]ゼロからトースターを作ってみた結果/やってることも文体も掛け値なしでおもしろい @kun_maa

タイトルの通り全くのゼロから、つまり原材料からトースターを作ってみたというクレイジーな体験が軽妙でユーモアあふれる文章で綴られている。 最初にタイトルを見たときは「は??マジで?」って思ったものだが読みはじめたらもう止まらない。本当におもし…

[ま]降りてくる思考法/スピリチュアルではなく地道に無意識の力を活用してみる @kun_maa

「本が好き!」からの献本。 タイトルだけを見るとかなりスピリチュアル系なイメージを読者に与えるんじゃないかと心配してしまうが、実はいたって真面目で地道な思考法の本だった。 スポンサーリンク // // ]]> // // ]]> サブタイトルの「世界一クレイジー…

[ま]世にも奇妙な人体実験の歴史/好奇心に駆られたマッドサイエンティストたちの軌跡 @kun_maa

科学の進歩のためには、どこかのある時点で誰かが命をかけなければ先に進むことはできないというポイントがあるのだろう。 本書はそんな命をかけなければならないポイントで、自らの命をかけて「自己実験」を成し遂げてきた多くの科学者、医師、軍人たちの物…

[ま]楽園のカンヴァス(原田マハ 著)/不遇の画家アンリ・ルソーの情熱に想いを馳せながら楽しむ極上のミステリー @kun_maa

スポンサーリンク // // ]]> // // ]]> 長年パリで税官吏として働き、40代になってから本格的に絵筆を握ったという素朴派を代表する画家アンリ・ルソー。 生きている間、彼の作品はほとんどまともに評価されることもなく、遠近法も明暗法も習得し得なかった…

[ま]答えのない世界 - グローバルリーダーになるための未来への選択/国際バカロレアの掴みはOK @kun_maa

レビュープラス(R+)からの献本。 20世紀までとは桁違いの速度で変化し、予測不可能でまさしく「答えのない世界」ということができる21世紀のグローバル社会において、どのようにしたらさらなる成長を遂げ生き抜いていくことができるのか。 グローバル社会…

[ま]ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。(原田まりる 著)/実存主義哲学の簡単な入門書 @kun_maa

まずタイトルがライトノベル風で長い。表紙もご覧の通りやはりライトノベル風というか漫画本という感じで、およそ「哲学」という言葉から連想される難解さは微塵も感じさせない。そこが本書の大きな魅力のひとつでもある。 スポンサーリンク // // ]]> // //…

[ま]あなたの中の異常心理(岡田尊司)/自分の暗黒面に目を向けよう @kun_maa

正しいだけの人間なんて、なんだか胡散臭い。 僕も含めて大抵の人は自分はある程度道徳的で正常な感覚の持ち主だと思って暮らしている。 でも、胸に手を当ててちょっと考えれば、或は日常生活のちょっとした場面で、自分の中に渦巻く異常心理に気づかされる…

[ま]阿部定さんの印象(坂口安吾)/阿部定事件って純愛の姿だったのかもしれないね @kun_maa

局部を切り取られると想像しただけでガクブル @kun_maa です。 スポンサーリンク // // ]]> // // ]]> 阿部定事件って知っていますか? 僕は事件の詳細は知らないくせに局部を切り取られた猟奇事件という印象が強くて、阿部定=恐い女と思っていました。 ち…

[ま]生理用品の社会史−タブーから一大ビジネスへ/男も知るべし生理の歴史と生理用品 @kun_maa

タイトルを見たときに買うのが恥ずかしいなって思った。すでにそう思うこと自体が間違っていることにも気づかずに。 スポンサーリンク // // ]]> // // ]]> 思い返せば小学校高学年での男女別の特別授業から始まり、その後の人生においても、僕にはまともに…

[ま]わたしを離さないで/静かにとても静かに心に突き刺さる物語 @kun_maa

スポンサーリンク // // ]]> // // ]]> タイトルを見ただけで切なく不安な気持ちに囚われる。 この「わたしを離さないで」という言葉には幾層もの意味が込められているのだが、ここでそれを語ることはしない。 なぜなら、まずは余計な情報を持つことなく読ん…

[ま]最近読んだ本をメディアマーカーの感想で振り返る如月/ニーチェとかプペルとか @kun_maa

最近はめっきり読書量が落ちてしまいまして、クラフトビールを飲まなくなって空いたはずの時間は一体どこへ行ってしまったのかと訝るばかり。 たくさん本を読むぞー!と意気込みだけはあるものですから新しい本はどんどん買い込むのですが、それに行動が伴っ…