読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]月が綺麗ですねと言ったところで @kun_maa

恋愛
スポンサーリンク

もう「死んでもいいわ」と答えてくれる人がいなくなってしまった

ずっと月は綺麗だったのに

自分はいい加減で刹那的に生きているくせに何の根拠もなくこれからも「月が綺麗ですね」って言える日々が続いていくと思っていたなんてバカみたいだ

f:id:kun-maa:20161022191410j:plain

もうダメかなって思ったことは何度もあったけど 本当にダメにならなかったのはきみがそうなることを本気で望んではいなかったから

たったそれだけのことでつながっていただけなのに 僕はいつのまにか当たり前のように太いつながりだと勘違いしてしまったみたいだ

そんな僕の傲慢さをあざ笑うかのように その時のきみの声にはもはやそんなつながりを感じさせるものは微塵もなかった

 

まともに連絡がとれなくなってひと月あまり

久しぶりに聴くきみの声に表面上はなんの変化もないようだった

すぐにそれが思い違いだと気付いた時には ただ虚ろに響くきみの声から感じる冷たさが僕の心を震えさせた

 

そして一番聴きたくなかった言葉が 聴き慣れているはずのきみの声が どこか遠い世界の片隅で知らない人がついたため息のように僕の耳に届く

それですべてが終わった

僕に決める権利なんて最初からなかった

恋はもうとっくに終わっていたのに僕だけが気づいていなかったんだ

僕にはもう月がどこにあるかもわからない

 

情けないことに仕事を2日休んだ  

意識の外で見えない心が身体と直接手を組んだようで僕の身体はいわゆる原因不明の悲鳴をあげていた

感じない心と軋む身体を抱えて布団にうずくまりながら無為に時間だけが過ぎた

 

月を見失った僕にも毎日の生活は容赦なく降り注ぐ いつまでもうずくまってばかりもいられない 起き上がらなければ

鏡の前でつくり笑いの練習をしてから仕事に出かける

心の痛みは麻痺しているというのに身体の痛みはやけに響いて自分が生きていることを実感させる

こんなのなにかの嫌がらせか皮肉にしか思えないのだけれど 

僕が死のうと思ったのは

僕が死のうと思ったのは

  • amazarashi
  • ロック
  • ¥250
スポンサーリンク
スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly