読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]クラウドファンディング成立!10秒で組み立てられるポータブル写真スタジオ「Foldio2」が届きました @kun_maa

ウェブサービス紹介 グッズ

クラウドファンディングって知ってますか?

クラウドファンディングとは、自らのアイデアをネット上でプレゼンテーションすることで、そのアイデアへの賛同者を集められる仕組みです。(クラウドファンディングMakuake(マクアケ)サイトから引用)

スポンサーリンク

具体的には企画と目標金額を提示して、それに賛同した人の支援が目標金額を達成すれば企画成立となり、事前に決められていたリターンが支援者に贈られます。

リターンの内容は支援金額で異なるのが一般的ですね。

 

僕はクラウドファンディングの存在自体は知っていましたが、以前あるプロジェクトの支援を申し込んで目標金額に達せずがっかりしてからは、しばらく遠ざかっていました。 

kun-maa.hateblo.jp

 

ところが昨年末くらいから今年の初めにかけて、サイバーエージェントクラウドファンディングが運営するMakuake(マクアケ)で、おもしろそうな企画を見つけて支援を申し込んだところ、2件申し込んで2件とも目標金額を達成しました。うれしい。

ひとつは、以前ブログにも書いたこちらの「フランク三浦」のご当地腕時計。 

僕が申し込んだ奈良県の腕時計は目標金額を達成して7月頃には現物が届く予定です。

kun-maa.hateblo.jp

もうひとつ、フランク三浦の腕時計企画よりも先に申し込んでいたのが「(株)スタジオ・エヌ」というところが企画した「10秒で組み立てられるポータブル写真スタジオ『Foldio2』」という製品です。


Foldio2, “BIGGER & SMARTER” - YouTube

いつもMacの上でお菓子などの写真を撮っているのですが、手頃なポータブル写真スタジオがないかなあって思っていたところに企画の存在を知るという運命の出会い。

企画自体は、すでに3ヶ月ほど前に達成期限ギリギリな感じで目標額を達成していました。242万円も集めちゃうなんてすごいですね〜!

f:id:kun-maa:20150524132202p:plain

 

アメリカでも別のクラウドファンディングで支援を募っていたそうなのですが、そちらの申し込みが予想以上に多くて生産が間に合わないということで、製品の製造に時間がかかり、ようやく5月23日に手元に届きました。

こういうところもクラウドファンディングならではって感じです。

f:id:kun-maa:20150524103943j:plain

箱を開けると、お礼のお手紙とカバーに包まれた製品が入っていました。このシンプルな感じがいいですね。

f:id:kun-maa:20150524104057j:plain

中身を取り出してみると、本体、LED照明(2本)、下地(4枚)、LED用の電源アダプターセット、レンズカバー紛失防止小物(おまけ)、Foldioロゴ入り巾着、取説(英語のみ)が入っていました。

f:id:kun-maa:20150524104324j:plain

電源アダプターは各国用がそろっているので、外国でも使えます。

さすがインターナショナル。

f:id:kun-maa:20150524104447j:plain

本体の中に敷く下地は、当初白、グレー、黒の3色3枚の予定でしたが企画成立後にグリーンを加えて4枚となりました。こういうおまけ的な企画変更もクラウドファンディングならではという感じでおもしろいです。

f:id:kun-maa:20150524104705j:plain

本体はプラスティック製なのでとても軽く、取っ手がついているので持ち運びにも便利です。

f:id:kun-maa:20150524105222j:plain

組み立てる時は、こんなふうに本体を開きます。固定箇所はすべてマグネットになっているので着脱はスムーズ。

f:id:kun-maa:20150524105328j:plain

組み立ては、説明書なしでも誰でも簡単にできます。

f:id:kun-maa:20150524130315j:plain

最初に使う時には、照明用のLEDが本体に付いていないので、所定の部分に貼り付けるところからはじめます。LEDの裏側は両面テープになっているので簡単に貼れます。

ただ、貼り付け場所の説明がないので場所を間違えないようにしないとね。

このLEDも当初は光量の調節ができないタイプが付く予定でしたが、調性つまみがついたいいものになっていました。

f:id:kun-maa:20150524110329j:plain

LEDを貼り付けて、本体を組み立てるとこんな感じになりました。

本体を組み立てるだけなら10秒もいりません。

f:id:kun-maa:20150524110610j:plain

こういう部分がすべてマグネットになっていて本体が固定されます。

f:id:kun-maa:20150524131004p:plain

本体内側にセットする下地もマグネットで固定します。

f:id:kun-maa:20150524110846j:plain

こんなふうに挟み込むだけでしっかりと固定されます。

f:id:kun-maa:20150524110912j:plain

下地もセットできたし、LEDを点けてみましょう。光量は調節できますが最大にするとけっこう明るいです。

f:id:kun-maa:20150524111115j:plain

では実際にiPhone 6Plus で撮影してみます。記念すべき初ショット。右上が...

f:id:kun-maa:20150524111246j:plain

少し光量を落としてみました。さっきよりはいい感じでしょ?

f:id:kun-maa:20150524111323j:plain

撮影はこうやって行います。

自分で自分の写真は撮れないので、スタジオ・エヌさんの写真を拝借。

f:id:kun-maa:20150524131942j:plain

下地を黒に変えてダンボーで撮影練習。

そもそも撮影の基礎がわかっていないし、Foldio2にもまだ慣れていないのでこれからブログ用の写真を撮ることで練習します。

きっと僕の写真が少しづつ上手くなっていくのがわかるのではないでしょうか。

f:id:kun-maa:20150524111615j:plain

上の写真を撮った時の全景はこれです。

f:id:kun-maa:20150524111646j:plain

本体は畳んだ状態で 38cm×38cm×2.5cm 。組み立てた状態でも 38cm×38cm×38cm なのでほとんど場所をとりません。

それでも、内部は目一杯使えるようになっているのでそこそこ大物でも入るというところがいい感じです。

f:id:kun-maa:20150524133239j:plain

ただ1点説明と違うのが専用アプリの存在です。

このように専用アプリがあるよって書いてあるのですが、App Store を検索しても見つかりません。

f:id:kun-maa:20150524111920j:plain

たぶん、そのうちシレッと App Store に現れるのかな?って思っています。

この専用アプリがあるといろいろ捗るようなので是非スタジオ・エヌさんにはがんばってほしいところです。

Foldio2のプロジェクトについてはこちらをごらんください(もう受付は終了していますが)。僕が申し込んだのは7,800円コース(税別)でした。

www.makuake.com

 

ほかにもおもしろい企画がいろいろあるのでチェックしてみると楽しいですよ。

そして、気に入った企画があったら是非申し込んでみてください。達成を待つ間も、リターンが届くのもドキドキして楽しめます。

もちろん、我こそはと思う方は自分の企画で資金集めもいいんじゃないかと思います。

www.makuake.com

スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly