[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]僕がタイを旅しなくなった理由 @kun_maa

タイ好きを標榜しながらも2014年2月を最後に、僕はタイを旅することがなくなりました。それ以来一度もタイを訪れていません。

最後の旅は独り旅でもちろん最高に楽しくて自由な旅でした。

決してタイが嫌いになったとか嫌な思いをしたからタイから遠ざかったわけではないのです。タイ料理はめちゃくちゃ好きですしおすし。

f:id:kun-maa:20140207092104j:plain

スポンサーリンク

その時の旅行記を読んでいただけると僕がどれだけ楽しんでいたかってことがおわかりいただけるんじゃないかと思います。 

kun-maa.hateblo.jp

kun-maa.hateblo.jp

kun-maa.hateblo.jp

 

それならなぜ僕は旅することをやめてしまったのか。

そんなに楽しいことなら、日頃から心のままに生きる!とか刹那的に生きる!ってほざいているんだから行けよと。そう思うよねー。僕も思ってました。

本当はむちゃくちゃ行きたかったですよ、タイへ。

友人や知り合いがタイに旅立つと聞いて何度うらやましい思いをしたことか。

 

単純に仕事や金銭的な問題があったことも否定はしませんが、そんなものはなんとかしようと本気になればどうにでもできたんです。本気で行こうと思わなかっただけで。

そして周囲から「最近タイに行ってないねー、どうしたの?」なんて聞かれれば「いやー金銭的に余裕がなくて」とか「仕事がなかなか休めなくって」なーんて言い訳をして誤魔化していました。

 

本当はね、最後の旅をして帰国した際に当時の彼女から「もうひとりでタイに行かないで」って言われて、僕は彼女に嫌われたくなくて「もうひとりでタイに行かないよ」って約束しちゃったんですよ。恋愛に目がくらんで自分にとってとても大切な「タイへのひとり旅」を売り渡しちゃったんです。バカですね。

その約束と同時にタイに行く時は一緒に行こうねって約束をしたんですけど、結局その約束は果たされることがありませんでした。

彼女がタイに行ける時期は僕の仕事の繁忙期で、そこはどんなに本気を出して調整しても無理なんです。そして僕が行ける時期に合わせてくれる気は皆無。

彼女の方がその点では僕よりも融通が利きやすかったはずなんですけど。

だから彼女は平気な顔をして普通にタイにひとりで行き、僕はずっとタイの地を踏むことは無くなってしまったわけです。

まあそれでもいいかって思いながら内心ではそんな自分の不甲斐なさに忸怩たるものがあったのは否めません。

 

そして先日その彼女とは別れてしまったので、これからはひとりでタイを旅することも自由にできます。やった!フリーダム万歳!

でもさ、自由にできるんだけどやっぱりしばらく行く気はないんですよ。

他に心を囚われているので。好きな人ができてやっぱりその人と離れたくなくて、タイなんて別にひとりで行かなくてもいいやって思っているのが現状。

 

結局、心のままに生きようとすると実際に約束しようがしまいがその時の自分にとっての最適解を選択しようとするので、約束をしようとする気持ちがある時点で結果は同じなんですよね。

僕を縛っていたのは実は彼女との約束そのものではなくて、自分自身の気持ちだったことに気づくわけです。彼女を失いたくなかった、日本を離れたくなかったっていう気持ちが自分自身を縛り付けてタイに行かなかっただけなんです。

だからタイに行かないって約束から自由になった今も、自分の意思で日本から離れたくない、そんな時間があったら彼女と一緒に過ごしたいって思っているので僕は結局ひとりでタイに行くことはないんだと思います。

そんなことをしているよりも大事なことがあるからさ。

なんだよ惚気かよ...ごめんね。

スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly