[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]映画「残穢(ざんえ)ー住んではいけない部屋ー」/映像は怖くないがストーリーは後味悪い不気味な怖さのホラー作品 @kun_maa

映画館の予告編やテレビのCMを見る限り、とても怖そうでいい作品に思えたので、映画「残穢(ざんえ)ー住んではいけない部屋ー」を観てきました。

竹内結子のファンですし。

f:id:kun-maa:20160201143645j:plain

 

結論から言うとタイトルのまんまなんですけど、映像は全然怖くありません。

唯一少しだけ見える怨霊っぽいのは出来損ないのCGみたいだし、何か嫌なものが見えそうで...見えそうで...見えない!っていうことばかりですから安心してください。

原作を読んでいないのですが、たぶん原作も怖いものが見えるようなシーン自体があまりないのかもしれません。

 

ドキュメンタリータッチで描かれている作品なので、最初は主人公である「私(竹内結子)」が取材という一歩引いた視点で冷静に事件に関与してくるのが本物っぽくてよかったです。

主人公がキャーキャー絶叫するような日本のホラーはあまり好きではないので。

f:id:kun-maa:20160201145519j:plain

 

よくあるマンションの平凡な怪談話が淡々と描かれていくのかと思っていたものが、次から次へと謎が深まり、その土地にまつわる過去を遡るうちにいろんなことがつながっていくという歴史調査のようなおもしろさと、人間の業の深さみたいなものを実感させられます。その秀逸なストーリーが抑え気味の映像とあわせて不気味な怖さを感じさせる作品となっているのです。

 

映像だけなら小学生でも観た後にトイレに一人で行けるレベルなんではないでしょうか。いやー、怖くないです。

この作品の怖いところは映像ではなくて、ストーリーと、外部の取材者としての「私」がいつの間にか当事者になっていくように、観客さえも「穢(けがれ)」に触れてしまったのではないかと感じさせる不気味さにあると思います。

映画としてそれでいいのかという話は別にして。

f:id:kun-maa:20160201145851j:plain

 

そういう意味では、日本ホラーの代表作とも言える「リング」に感じたような伝染性の怖さとでもいいましょうか。あそこまでストレートではないですけど。

ただ、今回は犠牲者に明確な法則性がないように見えるので余計に怖いです。

 

「ぎゃー!」とか「ぐわー!」とか絶叫系ではないし、血しぶきドバーのスプラッタ系でもない上に、日本のお化け屋敷的映画(ワッ!と脅かすようなやつね)とも一線を引いた静かに淡々と怖い作品。

 

見終わった後も謎が残るし、自分がすでに巻き込まれてしまったかのような気味の悪い後味が残るってのがホラー好きにはちょっとたまらんかも。僕も死ぬの?ってね。

そして、原作が猛烈に読みたくなる映画でもあります。

 

それにしても、CMから受けた印象とはかなり違う作品でした。

確かにこういう地味に怖い作品だと人を呼べないかもしれないので、あの煽るような怖さを強調した宣伝の仕方は上手いなあって思いますけどね。

ちょっと怖い怖い詐欺っぽい感じがしないでもない。

純粋にホラー映画好きならいいけど、お化け屋敷系だったり絶叫系だったりを期待して観に行くと肩透かしを食うかもしれません。

 

映像よりもストーリーに恐怖する作品ということを念頭において観ているとより一層楽しめるのではないでしょうか。合掌。 

残穢 (新潮文庫)

残穢 (新潮文庫)

 


映画『残穢【ざんえ】−住んではいけない部屋−』予告編

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly