[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。

[ま]マンガ大賞2014の受賞作をワンクリックで読めるKindleの幸せ @kun_maa

マンガ大賞2014の大賞が3月27日に発表になりましたね。

今回の受賞作は、森薫さんの「乙嫁語り」。この作品は2011年と2013年にもノミネートされており、どちらの年も2位という結果だったので、満を持しての大賞受賞って感じ。

f:id:kun-maa:20140329235417p:plain

マンガ大賞っていうのは、ご存知かもしれませんがマンガに詳しい書店員たちが年間で一番おもしろいマンガを選ぶという2008年に創設された賞です。

あくまでも書店員を中心とした選考員が投票により受賞作を選考し、出版社が関与しないというところに特徴があります。要は大人の事情は抜きにして実際に読んで本当におもしろい、書店員さんが売りたいって思う作品が受賞するわけです。

マンガ大賞2014の選考対象作品は、2013年1月1日〜12月31日までに出版された8巻以内の作品(過去の受賞作は除く)です。なんで8巻以内なんだろう?

こういう賞ってもらった人はホントうれしいんじゃないかなって思います。

 

マンガ大賞2014の最終選考結果の順位は次のとおりです。

①「乙嫁語り森薫 

②「僕だけがいない街三部けい 

③「さよならタマちゃん」武田一義 

④「七つの大罪鈴木央

⑤「ひきだしにテラリウム」九井諒子

⑥「重版出来!松田奈緒子

⑦「ワンパンマン」原作:ONE/作画:村田雄介

⑧「亜人」桜井画門

⑨「足摺り水族館」panpanya

⑩「坂本ですが?」佐野菜見

この10作品のうち、⑦と⑨の作品を除く8作品がKindle本化されています。

ホント便利ですよね。わざわざ本屋まで出向かなくても、Amazonの箱が届くのを待ちわびなくても、その場でワンクリックで購入できてしまうのですから。

買い過ぎに注意は必要ですが、Kindleってやっぱり幸せ体験ですよ。一度ハマッたらもう紙のマンガには戻れません。僕はiPad Airで専らマンガを読んでいます。iPadなら横にして見開きで読めますからね。

①「乙嫁語り森薫

乙嫁語り 1巻 (ビームコミックス(ハルタ))

乙嫁語り 1巻 (ビームコミックス(ハルタ))

 

②「僕だけがいない街三部けい  

③「さよならタマちゃん」武田一義  

さよならタマちゃん

さよならタマちゃん

 

④「七つの大罪鈴木央

七つの大罪(1)

七つの大罪(1)

 

⑤「ひきだしにテラリウム」九井諒子 

ひきだしにテラリウム

ひきだしにテラリウム

 

⑥「重版出来!松田奈緒子 

⑧「亜人」桜井画門 

亜人(1)

亜人(1)

 

⑩「坂本ですが?」佐野菜見 

ヤバい。また買いすぎてしまうww

ちなみに過去の大賞受賞作は全て、そしてノミネート作品もその多くがKindle化されています。みんなワンクリックですぐ手元に届いちゃう。本当に便利で幸せな世の中になったものです。

●2013年大賞受賞作品 

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃 (flowers コミックス)

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃 (flowers コミックス)

 

●2012年大賞受賞作品 

銀の匙 Silver Spoon(1) (少年サンデーコミックス)

銀の匙 Silver Spoon(1) (少年サンデーコミックス)

 

●2011年大賞受賞作品 

●2010年大賞受賞作品  

テルマエ・ロマエI: 1 (ビームコミックス)

テルマエ・ロマエI: 1 (ビームコミックス)

 

●2009年大賞受賞作品

ちはやふる(1)

ちはやふる(1)

 

●2008年大賞受賞作品 

岳(1) (ビッグコミックス)

岳(1) (ビッグコミックス)

 

なんとまあ誘惑の多い事。一度に買いすぎないように計画的にしなくては。

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログを気に入っていただけたら、下のボタンからツイートやいいね!、お気に入り登録などしていただけるととてもうれしいです。

また、RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly