[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。

[ま]インターネットの快適さと旅から失われるものと @kun_maa

 今回の旅では、レンタルした海外用のWi-Fiルーターとモバイルバッテリーを利用してiPhoneを常にネットにつなぎっぱなしにしています。

f:id:kun-maa:20140207005447j:plain

これが非常に快適で、訪れた場所はFoursquare逐次記録できるし、旅の途中で感じたことや使ったお金、かかった時間などの記録も、モレスキンを開かずにDay Oneというアプリを使っています。Day Oneは、文字の記録だけではなく、写真や位置情報、記入時間まで残せる上に、モレスキンを開くよりも速いからです。

また、自動で位置情報と行動の記録を残してくれるアプリである、僕の来た道とMovesをバックグラウンドで起動しておくことで、ほぼ完璧に旅の記録が残るわけです。

おまけに、FacebookTwitter、LINEを使うことで友だちともつながり続けることができます。

f:id:kun-maa:20140207010714j:plain

その結果、なにが今回の旅で起こっているかというと、まず孤独感を失いました。今までひとり旅で必ず感じた孤独感を今回はまったく感じていません。体調が悪くて不安でいっぱいのときにすらです。

それから、多少は記録に穴があっても、後から見返したときにその時々の気持ちが文字に現れていた手書きの記録を失いました。モレスキンは初日の途中で終わっています。

もちろん、それを失った代わりに行動をほぼ網羅した記録と、安心感を得ているので、ネットを利用することが悪いことだとは思いません。

また、僕は意識的に使うことを避けていますが、Googleマップを使えば知らない町でも、道に迷うことはないでしょう。たぶん、徒歩でいける場所なら誰とも会話をしないで目的地に着くことができるはずです。町の人に道を尋ね続けて目的地にたどり着くよりも、ずっと効率的に違いありません。言葉の問題もないし。

僕は今回初めて訪れたラオスのターケークという町で空きのある宿を探して、町の人に道を尋ね続けました。おかげで宿を見つけるのに時間がかかり、楽しみにしていたメコン川に沈む夕陽を見逃しました。それでも、20人以上の人と会話をしながら、やっと宿を見つけたことは、充実感とたくさんの親切な笑顔との出会いを僕にもたらしました。困ったり、辛かったりしながらも旅の楽しさにワクワクしました。

f:id:kun-maa:20140207012012j:plain
インターネットにつながり続けることで、確実に旅の在り方は変わります。
それは、失敗と不安と孤独と手書きの味わいを失う代わりに、効率さと安心感と多くの情報をもたらすでしょう。

そこで問われるのは、自分がどんな旅をしたいと思っているのかということだと思います。一度手にした快適さからもとの不便な状態に戻ることはかなりの努力が必要です。これは、旅に限ったことではありませんね。
結局は、道具を自分の目的に合わせて利用するのか、道具に使われてしまうのかという根源的な話になるのかもしれません。
今回の旅も4日目を終えて、そんなことを考えながらメコン川を眺めていました。
f:id:kun-maa:20140207013855j:plain
もちろんFoursquareでバシバシとチェックインし、Facebookに投稿したり、Day Oneに入力したりしながらね。
僕はどうしたいのだろう?
どんな旅をしたいのだろう?

 f:id:kun-maa:20140207013510j:plain

たぶんネット中毒、そしてアナログと孤独を捨てきれない @kun_maa でした。 

Day One (日誌 / 日記)

Day One (日誌 / 日記)

  • Bloom Built, LLC
  • ライフスタイル
  • ¥500

僕の来た道

僕の来た道

  • Yahoo Japan Corp.
  • ライフスタイル
  • 無料

Moves

Moves

  • ProtoGeo
  • ヘルスケア/フィットネス
  • ¥300

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログを気に入っていただけたら、下のボタンからツイートやいいね!、お気に入り登録などしていただけるととてもうれしいです。

また、RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。

follow us in feedly