[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]ジェイソン・ステイサムがクールに決めてくれるぜ/キラー・エリート @kun_maa

 
 
 
こんにちは!アクション映画も大好き @kun_maa です。

f:id:kun-maa:20121029203404j:plain

この「キラー・エリート」という作品は、元SAS(イギリス陸軍特殊部隊)のラヌルフ・ファインズの実話を元にした冒険小説「The Fether Men」を映画化したサスペンス・アクション映画です。

ジェイソン・ステイサムロバート・デニーロ、クライブ・オーウェンという豪華スターの共演で、1980年代の雰囲気を醸し出しながら、殺し屋という仕事の哀しさと男臭さをかっこいいアクションを交えながらうまく表現している作品です。

ロバート・デニーロは相変わらず渋いし、ジェイソン・ステイサムのアクションもかっこよくて痺れます。

f:id:kun-maa:20121029203431j:plain

 

<あらすじ>
1980年、メキシコ。極秘ミッションに駆り出された殺し屋ダニー(ジェイソン・ステイサム)は、師匠でもあり良き相棒でもあるハンター(ロバート・デ・ニーロ)とともに、いつものように厳重な警戒を潜り抜け、リムジン内の標的を暗殺。しかし、同乗していた目撃者である10歳の少年に向かって引き金を引くことが、どうしてもできなかった。自身の限界を悟ったダニーは、危険な稼業から足を洗う。
1年後、オーストラリアの農場で恋人と静かに暮らしていたダニーの元にある日、かつてのハンターのポラロイド写真が届く。
ハンターは、“SASの精鋭を事故に見せかけて殺せ“という危険な仕事に失敗し、捕虜となっていた。ダニーはやむを得ず、ハンターが遂行するはずだったこの不可能なミッションを継ぐため、仲間たちを招集する。
しかし、元SASの隊員スパイク(クライヴ・オーウェン)は彼らの不穏な動きを敏感に察知していた。その背後には“フェザー・メン”と呼ばれる謎の組織の存在が。確実に狭まる包囲網。影で暗躍する、謎の“エージェント”の存在。
敵の予期せぬ奇襲。徐々に動きが制限される困難な状況下、ダニーは決死の行動に出る。その先に待ち受ける、予想もしなかった事実とは!?
(作品オフィシャルページから引用)

凄腕の殺し屋と元SAS隊員組織との攻防を情報戦、銃撃戦、カーチェイス、格闘
とさまざまなキレキレのアクションを取り込みながら、やがて石油利権を巡る国家レベルの陰謀に巻き込まれていくという筋立ては最後まで飽きさせません。

f:id:kun-maa:20121029203500j:plain

 
まあ、なんていうかストーリーそのものに意外性があるとか、派手さがある作品ではありませんが、男による男のための男臭いアクション映画だと思ってください。
きっと楽しめます。
 
個人的に気に入ってるシーンは2つあって、1つがジェイソン・ステイサムが椅子を使ったアクションシーンがあるんですけど、これがかっこよくて痺れました。

f:id:kun-maa:20121029203523j:plain

 
もう1つは、ロバート・デニーロが、ジェイソン・ステイサムの恋人を護るシーンがあるんですけど、これも地味だけどすっげーかっこいいです。
 
男臭いアクション映画好き、ジェイソン・ステイサム好きは見ておいて損のない映画だと思います。

f:id:kun-maa:20121029203546j:plain

 
 
最後までお読みいただきありがとうございます。
もしこのブログを気に入っていただけたらGoogleReaderへの登録もよろしくお願いします。
f:id:kun-maa:20120324190736g:plain 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...