読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]まぐろラーメン大門の「しょうゆチャーシュー麺」を喰らう/本まぐろの頭と豚骨のWスープが繊細で美味い @kun_maa

すごく久しぶりに「まぐろラーメン大門」に行ってきました。

何回も行っているのですが、過去記事を探したら1つしかなくて意外な気がします。

なんでだろう? 夢でも見ていたのかなあ。

kun-maa.hateblo.jp

 

何回かは行っているのですが、ライスが無料になるランチタイムしか使ったことがなかったので、単品のラーメンは初めてかもしれません。

f:id:kun-maa:20151114152553j:plain

 

入口を入ってすぐ左にある変な人形が乗っている券売機で食券を買います。

単品だからトッピングは豪華にと思い、しょうゆチャーシュー麺を選択。1,040円です。けっこういいお値段。

やっぱり無料ライスがつくランチタイムがお得だよね。

f:id:kun-maa:20151114153006j:plain

 

席について待つこと数分。しょうゆチャーシュー麺が キタ━(゚∀゚)━!!!!!!!

見てこのボリューム感あふれる姿を。

f:id:kun-maa:20151114153311j:plain

 

トッピングは厚切りの炙りチャーシューが2枚、同じく厚切りのバラチャーシューが1枚、メンマ、海苔、ネギとなっています。とりあえずトッピングで麺が見えません。

そして香ばしくて美味しそうな匂いに、よだれが口の中で噴火しています。

f:id:kun-maa:20151114153254j:plain

 

肉本来のしっかりとした歯ごたえが心地いい普通のバラチャーシュー。

肉の旨みがじゅわ〜ですわ。

f:id:kun-maa:20151114153346j:plain

 

そして注文の都度1枚ずつ丁寧に炙っているという厚切り炙りチャーシューが、これまた絶品です。

柔らかいとろけるようなチャーシュー全盛の時代にあってこのしっかりとした肉感。

噛みちぎろうとする歯を弾き返す勢いの弾力をもったしっかりチャーシューです。

その絶妙な香ばしさと合わさって、まるでステーキ肉に喰らいついているような感覚に陥ります。

f:id:kun-maa:20151114153408j:plain

 

この惜しげもなく厚切りされたチャーシューの、自慢の厚みを見てやってください。

本当にステーキ入りのラーメンみたいです。

f:id:kun-maa:20151114153550j:plain

 

メンマは、口に入れた時は「ああ、普通だね」って思ったのですが、噛んでわかるその美味さ。じゅわっと滲み出る味わいに「おお!」ってなります。

もっとたくさん入れて欲しいな。量がちょっと少ないね。

f:id:kun-maa:20151114153417j:plain

 

麺は普通な感じの中太ストレート麺。

コシはほとんど感じず、柔らかくてちょっともちっとしてます。大衆食堂のラーメンみたいな感じで特徴はないかな。

でもスープの絡みはとても良くて、このスープにはこの麺が合っているんだなって思いました。とにかく熱々なんで、火傷をしないように気をつけて食べましょう。

f:id:kun-maa:20151114153430j:plain

 

スープは本まぐろの頭を一度焼いたものを使っているそうです。

本まぐろの頭に加えて、日高昆布、厚切り鰹、鯖節、煮干を使ってとった出汁を豚骨スープと合わせたWスープがウリです。

魚臭さも豚骨臭も全く感じない、とても繊細で上品なスープだと思います。

炙りチャーシューの香ばしさがアクセントになって香ってくるのがいい感じです。

そしてぎゅっと旨みが濃縮されています(゚д゚)ウマーミ

f:id:kun-maa:20151114154113j:plain

 

もちろん完食です。

f:id:kun-maa:20151114154448j:plain

旨みが詰まっているのに後味さっぱりのとても美味しいスープと特徴のない麺の組み合わせがとても素晴らしい。

そして炙りチャーシューをはじめとする具材もかなりイケてます。

何度でも食べたくなる美味しさです。

 

しばらく来ないうちに、メニューに加わっていた「辛唐麺(からとうめん)」の貼り紙の文句が気になって、次回は是非食べなければ!と思う僕なのでした。

「注文しないでください」とはなかなか書けないよね。

f:id:kun-maa:20151114154530j:plain

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly