読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]実は最近、常に眠くて困っています @kun_maa

健康

タイトルのまんまなんですけど、ここ最近(あれ?もう2週間くらいだな)眠くて眠くて困っています。

f:id:kun-maa:20150125230027j:plain

夜はだいたい0時台に眠り、朝は6時半頃に起きているので毎日少なくとも6時間〜6時間半の睡眠時間はとっているんです。それでも、眠くて眠くてしかたない。なんで?

スポンサーリンク

朝は、目覚まし時計代わりのiPhoneの軽快な音楽で目が覚めます。ここで、眠くて起きられないということはありません。ボーッとしながらも一応普通に起きることはできます。でも、その後がいけません。

 

例えば、朝の通勤電車の中で立って本を読んでいるというのに、数分もしないうちに眠くて眠くて意識が朦朧としてきて、読んでいる本(またはKindle)を何度も落としそうになります。もちろん内容なんて頭に入っていないので、読書は全く進みません。

歩いているときは、頭の芯がボーッとはしていますが、歩きながら眠ってしまうほど酷くはないのが救いです。でも、普段よりもボーッとしているのでよく人にぶつかります。そのうちキレた若者にド突かれそうです。危険です。

仕事中も、度々意識を失います。スーッと眠りに入ってしまい、仕事机で座ったまま何度もハッと目が覚めます。たぶん、周囲の同僚や部下は何もいいませんが気づかれていると思います。ヤバいです。こんなことしてたらクビになります。

書類の作成をしていても、気がつくと眠ってしまい、指がキーボードを押して、画面が「mmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmmm」ってなふうになっていることもしばしば。いいかげん誰かに怒られます。

 

先日も、上司との打ち合わせ中に強烈な眠気に襲われて、眠らないようにするだけで精一杯で、打ち合わせに集中することができなくて、発言することもできずにうなづくばかり。上司からは「大丈夫か?具合でも悪いのか?」と聞かれる始末。

コーヒーを飲んだり、ガムを食べたり、顔を洗ってみたり、スーッとする目薬を何回も点したりと、自分でも眠らないようにできることはいろいろやっているのですが、しょせんその場しのぎで根本的な解決には至らず、気がつくと眠っています。

なんなんでしょうね。ブログを書いていても何回も途中で眠りに落ちてしまったり、寝ぼけて訳のわからないことをかいていたりして、その度に書き直し。

寝ぼけのひどい時は、書きかけの記事を削除してしまったり...

 

これはあまりにも異常だなって思ったので、先週の金曜日にメンタルクリニックの定期診察の際に、主治医に状況を説明して相談してみました。

しかし、主治医の回答は「なんでそんなに眠いのかわからないな。しょうがないから、もう少し睡眠時間を増やしてみるとか、体を動かしてみるとかしてみてちょっと様子をみましょう」とのこと。

なんの解決にもならないじゃん。院外薬局の薬剤師のおばちゃんにその話をしたら苦笑していましたけどね。医者も薬剤師もあてにならないよ。

 

なんか日に日に眠気に襲われる頻度が増えているような気がします。

常に頭の中が眠くて重い感じで、ちょっと隙を見せると眠りに落ちるという厳しい状況。

単なる気の緩みなのでしょうか?それとも、うつの悪化?それは嫌だな。

眠気に気持ちが支配されて、そうでなくてもあまりない「やる気」が枯渇しそうです。

毎晩布団に入ると瞬殺で眠りに落ちますが、なんだか朝までずっと夢を見ているような気がします。眠りが浅いのかな。気のせいかもしれないけど。中途覚醒はないし。

ああ、また眠気が...もうがまんできないので今日はここまで。眠ります。

本当に困ったものです。

気休めに睡眠記録アプリでも利用してみようか。なにかわかるかもしれないし。 

あなたが寝てる間に

あなたが寝てる間に

  • Rainydays
  • ヘルスケア/フィットネス
  • ¥100
寝言+めざまし時計

寝言+めざまし時計

  • Kaplication
  • ヘルスケア/フィットネス
  • ¥100

スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly