読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]iPhoneやAndroidスマホからWi-Fiで簡単に写真をプリントできる「スマホdeチェキ」がいい感じ 悪い点も3つあり @kun_maa

iPhoneで撮った写真は、今まで「ポラロイドカメラ Z2300」にUSBケーブルを使用してパソコン経由で写真データを移してプリントしていました。

f:id:kun-maa:20140518191220j:plain

これはこれで簡単にプリントできるし、台紙がシールになっているのでモレスキンに貼ったりするのにちょうど良かったのですが、生来のものぐさな性格が災いしてiPhoneからその都度データを移すのがめんどくさくなっちゃったんですよね。

それで、ほとんど使わなくなっちゃいました。

もともとプリンターではなくポラロイドカメラなので、カメラとして使えばなんの問題も無いのですが、iPhoneで写真を撮るようになってからカメラ類は一切持ち歩かなくなってしまい、カメラとしても使うのがめんどくさくなってお蔵入りです。

なんとまあもったいない。

それでも時々、iPhoneで撮った写真をモレスキンに貼ったり、人にあげたりということが簡単にできればなあと思うことがあり、以前からWi-Fiを使ってスマホから直接写真をプリントアウトできる「スマホdeチェキ」というプリンターが気になっていました。

 

あれ?なんでこんなところに「スマホdeチェキ」の箱があるんだろう?まあいいか。

f:id:kun-maa:20140518133825j:plain

箱の中身はプリンター本体、リチウム電池(CR2)2本、保証書、説明書です。

ACアダプターも使えるのですがコードは別売りになっています。

f:id:kun-maa:20140518134037j:plain

とりあえず付属のリチウム電池を入れてみます。

f:id:kun-maa:20140518134252j:plain

次にフィルムパックを本体に装填します。

フィルムはAmazonで50枚(10枚×5パック)のセットが安く売っているのでそれを使うのが一番経済的のようです。

f:id:kun-maa:20140518134637j:plain

箱の中はこんな感じで10枚が1セットになった個包装になっているので、一度にたくさん使わない時も安心です。

f:id:kun-maa:20140518134707j:plain

フィルムセットの封を開けると、中には黒いフィルムパックが入っているので、本体とフィルムパックの黄色い印を合わせてセットします。

f:id:kun-maa:20140518202432p:plain

ポンって感じで入れるだけなので、誰でも簡単にセットできます。

フィルムパックを入れたら、本体の蓋を閉めます。

f:id:kun-maa:20140518202533p:plain

すると自動的にフィルムの保護シートが排出されます。これはいらないものなので捨ててしまいましょう。これで本体の準備はOKです。

f:id:kun-maa:20140518135041j:plain

次にスマートフォンのアプリをダウンロードします。iPhoneならApp Storeで、AndroidならGoogle playで「instax SHARE」を検索するとアプリが表示されます。

もちろん無料です。

f:id:kun-maa:20140518203053p:plain

まず最初に「設定」からプリンターの設定を行います。

f:id:kun-maa:20140518203258p:plain

f:id:kun-maa:20140518203329p:plain

要はWi-Fiの設定をするだけなので、すぐに済みます。

でも、プリンターのWi-Fiと接続して写真データを送るため、家の中で普通にWi-Fiを使っている時はすぐにそちらを拾ってしまい、なかなかプリンターのWi-Fiに繋がらないことが多いです。

そんなときはホーム画面から「設定」→「Wi-Fi」と進んで、「INSTAX」の名前がついたWi-Fiを選択すればOKです。

f:id:kun-maa:20140518203519p:plain

繋がったら、パスワードの設定を行います。初期設定は「1111」なので自分の好きなパスワードに変更します。

f:id:kun-maa:20140518204343p:plain

これで設定は全て終わったので、早速写真を撮ってプリントアウトしてみましょう。

アプリから「カメラで撮影」を選択します。

f:id:kun-maa:20140518204628p:plain

撮った写真は、編集画面で簡単に「拡大」「縮小」「回転」ができます。

f:id:kun-maa:20140518204809p:plain

また、フィルターは何もなしからセピアまで4種類から選べます。おすすめは左から2番目の「intelligence Filter」です。画像がシャープになりプリントに最適化されます。

f:id:kun-maa:20140518204934p:plain

さらに各種テンプレートも用意されていて、文字の入力なんかも可能です。

けっこう便利です。遊べます。

f:id:kun-maa:20140518205331p:plain

実際のプリントはほんの数秒で終わります。

f:id:kun-maa:20140518205640p:plain

f:id:kun-maa:20140518140007j:plain

最初は画像が出ていませんが、待っていると次第に画像が現れます。

f:id:kun-maa:20140518140042j:plain

ポラロイドZ2300でプリントするよりも画像はきれいな印象です。

f:id:kun-maa:20140518140251j:plain

Facebookinstagramにアップした写真とも連携できます。

f:id:kun-maa:20140518210351p:plain

Facebookだとこんなふうに、自分のFacebookアカウント上の写真から選択できます。

f:id:kun-maa:20140518210450p:plain

こんな感じでFacebookの投稿形式でも、普通の写真としてもプリントアウトできます。

f:id:kun-maa:20140518210650p:plain

instagramも自分がアップした写真の中から好きなものが選択できます。

f:id:kun-maa:20140518210855p:plain

実際にもう一枚、instagramから写真をピックアップしてプリントしてみましょう。

こんなふうにFacebook同様に投稿形式でもプリントできますが、今回は写真のみでコメントを別途入れるようにプリントしました。

f:id:kun-maa:20140518211157p:plain

f:id:kun-maa:20140518211229p:plain

一番最初に撮った写真と一緒にモレスキンに貼付けてみました。単純な画像はかなりきれいな感じなのですが、複雑になったり色が多くなったりするとやはり画質は落ちます。

文字もちょっと薄くかすれたような感じになってしまいました。

f:id:kun-maa:20140518143037j:plain

まあ、ちょっとしたものをプリントして残しておくんだっていう程度の使い方ならこの程度の画質で十分だと思います。iPhoneにはデータが残っているわけだしね。

 

また、「リアルタイムテンプレート」という機能があるんですが、これは写真を撮った場所のデータを写真の中に残すことができるものです。

アプリから「リアルタイムテンプレート」を選択すると、こんな表示が出ます。5分以内に写真を決めなくちゃ!

f:id:kun-maa:20140518211950p:plain

実際の出来上がりはこんな感じです。記念や記録写真にいいですね。これも軽くてどこにでも持ち運べるプリンターならではの機能です。

f:id:kun-maa:20140518212103p:plain

一通り使ってみて、その手軽さやプリントの速さには大満足です。画質もこの程度だと思っていたし、Z2300よりも概ねきれいなので買ってよかったなとは思っています。

ただ、いい部分ばかりではありません。残念な点も3点あります。

①プリンターにWi-Fi接続中は、SNSとの連携機能及びリアルタイムテンプレート機能は使えません。

結局、Wi-Fiをプリンターとの接続に使用しているので外部とのネット接続ができないんですよね。こんな表示が出てしまいます。

f:id:kun-maa:20140518212820p:plain

一旦、プリンターとのWi-Fi接続を切って、SNSなどと連携してプリントする準備ができたところで再びプリンターとのWi-Fi接続を行ってプリントアウトすることになります。慣れちゃえばなんてことない手間かもしれませんが、最初はちょっと戸惑うしめんどくさいなあって思っちゃいました。

②カメラロールにある写真のプリントはものすごく時間がかかる

これはカメラロール内の写真の枚数に大きく影響されるのでしょうが、僕の場合は7,500枚以上の写真がカメラロール内にあります。アプリからこれらの写真をプリントアウトする項目を選ぶとなかなかカメラロール内の写真が表示されません。

まるで壊れたの?ってくらいに長く感じます。正味は5分ほどですが、完全にフリーズ状態になります。これはかなり困った症状です。昔の写真は急いでいるときにはプリントできません。解決方法があるといいのですが・・・。

この表示が出るまでが長く、一度表示されても違う画面に進んでから戻ると、また最初からやり直しになるのですごく時間がかかりました。

f:id:kun-maa:20140518213842p:plain

③プリンターのオートオフ機能が速すぎて調整もできない。

一定の時間操作を行わなかった場合、自動的に電源が切れるオートオフ機能がついているのですが、これが作動するのが速すぎるんですよ。ちょっと写真を選んだりフレームやフィルターを選んだりしているとすぐに電源が切れてしまいます。

リチウム電池を使用しているので節電は大事だとは思うのですが、一回電源が切れるとまたWi-Fiの接続をやり直さないといけないんですよ。これがけっこうめんどくさいです。なんとかならんものでしょうか。

 

以上の3点が「スマホdeチェキ」を一通り使ってみて感じた残念な点です。

この残念な点を含めても、今までポラロイドカメラをプリンター代わりにしていたことから考えれば、格段にiPhoneで撮った写真のプリントアウトが楽になりました。

これならめんどうになって使わなくなる事もないと思います。なんてったって、iPhoneからデータのやり取りをすること無く、直接プリントできるっていうのがホントいいです。

大きさもこの程度で、どこへでも気軽に持って行けます(写真はiPhone 4sとの比較)。

f:id:kun-maa:20140518135219j:plain

撮った写真を気軽に手帳なんかに残しておきたいけれど、ポラロイドやチェキなどのカメラを持ち歩くのはめんどくさい。できればスマホで撮った写真を簡単にどこでもプリントしたいっていう人にはとってもおすすめです。

やっぱり「めんどくさくなくて簡単」は正義! 

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログを気に入っていただけたら、下のボタンからツイートやいいね!、お気に入り登録などしていただけるととてもうれしいです。

また、RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly