読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]こく旨アーモンドプラリネが美味しくて元気が出ます/明治「マカダミア香ばしプラリネ」 @kun_maa

お菓子
スポンサーリンク

明治の定番チョコレート「MACADAMIA(マカダミア)」から「香ばしプラリネ」味が新発売。

f:id:kun-maa:20140326193454j:plain

「プラリネ」ってのは、焙煎したナッツ類に加熱した砂糖をからめてキャラメルにしたものらしいです。この「香ばしプラリネ」のプラリネで使用しているのはアーモンド。

アーモンドプラリネをペースト状にしてホワイトチョコに練り込んであるのが「マカダミア香ばしプラリネ」です。

もちろん、定番のマカダミアチョコと同じくマカダミアナッツが入っています。

このマカダミアナッツはトラディショナル ローストされていると箱に書いてありますが、トラディショナル ローストってなにさ?わかんないですよね?

f:id:kun-maa:20140326193519j:plain

ちゃんと説明書きがありました。

トラディショナル ロースト

ナッツって、不思議です。種類ごとにおいしいロースト方法が違います。マカダミアナッツは、熱した油の中でじわじわローストするのが、昔ながらのやり方。小さなお釜を使うのもポイントです。一粒一粒ほどよく芯まで火が通るので、上品な味わいと歯ごたえがひきたちます。少しずつしか焼けないけど、おいしさは譲れない。明治マカダミアのこだわりです。

(パッケージの説明書きを引用)

あのマカダミアナッツの美味しさは、こんなこだわりから生まれているんですね。すごいな明治。 

トラディショナル ローストの意味もわかったところでさっそく食べちゃいましょう。

まずは箱をバリバリっと開けます。箱の中には、プラスチックトレー。

左手前からフィルムを開けていきます。これは必ず左手前から。そこが開け口なのです。

f:id:kun-maa:20140326210633p:plain

フィルムを開けると9粒の薄いキャラメル色のマカダミアチョコがお行儀よく並んでいます。そして、ふわっとアーモンドキャラメルのいい香りがします。

f:id:kun-maa:20140326193921j:plain

ひとつ摘んで半分に切ってみましょう。マカダミアナッツが2粒入っているのがわかりますか?その周りをアーモンドプラリネ入りのホワイトチョコが包んでいます。

f:id:kun-maa:20140326194106j:plain

まずはひと口。口の中にアーモンドキャラメルの甘い香りと、ホワイトチョコのコクのある甘み、そしてマカダミアナッツの旨味が広がります。

マカダミアナッツの食感がまたいいんですよね。「カリッ」じゃなくて「サクッ」というなめらかな食感がチョコレートの柔らかさによく合います。

これは美味しいね。食べ始めたら止まらないや。

「香ばしプラリネ」の名前に恥じないとてもいい香りとしつこくない甘さ。

これはクセになります。食べ過ぎ注意です。

気になるカロリーは、1箱(63g)当たり382kcalです。やっぱりマカダミアナッツのカロリーが高いのでしょうか。

f:id:kun-maa:20140326193609j:plain

それにしても、9粒なんてあっという間になくなってしまいます。

ちょっと物足りないくらいでやめるのが大人の食べ方ってもんです。1箱ペロッと食べといて吐く台詞でもないとは思いますが。

元気がないときにチョコレートって効きますね。特にナッツ入り。

1箱食べたらちょっと元気になりました。

いっその事、大人買いしちゃおうか。 

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログを気に入っていただけたら、下のボタンからツイートやいいね!、お気に入り登録などしていただけるととてもうれしいです。

また、RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly