[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]2つの呪いにかけられて @kun_maa

タイでは今でも呪術的なもので人を呪い殺すとか誰かに復讐をするということが比較的信じられていたりする。タイ製の映画やドラマなどでもよく取り上げられるテーマのひとつだ。

そりゃなかなか表には出てこないのだけど、確かにそういう習慣というか信仰というかそんなものがあって黒魔術的な儀式を行う呪術師なんて怪しい輩も今だに存在する。

また自分でそのような呪いをかけることができるという人がいる割合も比較的多いんじゃないだろうか。まあまあよく聞く話だ。

f:id:kun-maa:20170527145337j:plain

スポンサーリンク

僕が昔付き合っていたタイ人の彼女も自分に霊や土着の神を憑依させることができる体質だった。

僕自身何度も彼女に霊や神が憑依したのを見てきたし、彼女が呪いをかけた相手が不幸になったという話を聞かされていた。

僕と彼女が別れたのは、経済的にも時間的にも行き詰ってしまって今は別れて暮らすしか二人の生活を立て直す術がなくなってしまったからだった。

何度も何度もこれ以上はどうしようもないって話し合いをした結果別れた。

その時に歳をとって二人でやり直すことができるようになったら、また一緒に暮らそうって約束をしたのだけどそこでさらに「もし裏切ったら殺す」と告げられた。そういう呪いをかけたと。

 

数年後に僕は他に好きな人ができて付き合い始めたのだが、どうやらその呪いは発動しなかったようだ。新しい彼女とは何度も喧嘩をして別れる別れないだのと揉めて僕がブログに泣き言を書き込むこともしばしばだったけれど、僕は死ななかったし不幸のどん底に落ちて這い上がれなくなるということもないままに時は過ぎた。

実はこの新しい彼女にも僕は呪いをかけられている。

昔の彼女のようにいわゆる黒魔術的なものではないが、彼女がタイのお寺に行くたびに僕が彼女と別れることがあったら不幸になるようにお願いをしていると聞いていた。

内容は話すと効果がなくなるから言わないということだったのでどんな末路をむかえるように呪われているのか僕は知らない。

 

その彼女とも先日ついに別れた。もう完全に愛想が尽きたので別れましたエントリも書かなったけれど。

そして最近頭がお花畑のようなエントリを書いているとおり好きな人ができた。 

kun-maa.hateblo.jp

kun-maa.hateblo.jp

僕にかけられた2つの呪いは発動するのだろうか。

以前、何かの映画だったか本だったか出処はうろ覚えなのだが、呪いはその文脈を理解して信じている人にしか効き目がないということを見たことがある。

僕はタイ式の呪いってのを何となく半分は信じているところがあるのだけど、半分は気のせいだと思っているのできっと呪いが発動して僕が死ぬことはないんじゃないかとネガティブな僕にしては珍しく楽観的でいる。

もし今後ブログの更新が突然止まったらこのエントリを思い出してもらえると幸いである。

スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、好きと言ってもらえるととっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly