読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]メガガンジャでつけ麺を喰らう/アブリチャーシューとトッピング全マシで元気回復 @kun_maa

ラーメン・つけ麺
スポンサーリンク

川越のガッツリ系ラーメンの代表格メガガンジャ歴もかれこれ3〜4年になりましょうか。動かない脳みそを雑巾のように絞って記憶をたどってみると、まだ普通のつけ麺を食べたことがないことに気がつきました。

いろいろあって食欲減退気味の僕に喝を入れるには丁度いい。

メガガンジャの普通のつけ麺を喰らいに行ってきました。

f:id:kun-maa:20160716115107j:plain

 

カタカナ、「W」「大」が主流の券売機のボタンの中で、唯一ひらがなが使われているところが逆に警戒させます。ほら「つけ麺」って普通に書いてありますよ。怖いなあ。

f:id:kun-maa:20160716115136j:plain

 

もちろんメガガンジャに来たらアブリ(炙りチャーシュー)はハズせません。

つけ麺+アブリに無料トッピング全マシでお願いします。

ちなみにつけ麺の無料トッピングはヤサイ、ニンニク、コイメ、アブラ、ギョフンの5種類。無料トッピングの王道ですね。

 

待つこと数分。つけ麺アブリチャーシュー全マシが キタ━(゚∀゚)━!!!!!!!

f:id:kun-maa:20160716120302j:plain

 

アブラギトギトのこってりとしたつけ汁は見るからに体に悪そうです。だからこそ僕を惹きつけてやまないこのジャンク感。もうヨダレが止まらない。

f:id:kun-maa:20160716120312j:plain

 

麺のハズなんだけどヤサイ盛りにしか見えない。

頂上を飾るニンニクの山と壁面のギョフン、ヤサイを押さえるように配置されているアブリチャーシューがさすがのメガガンジャクオリティ。

f:id:kun-maa:20160716120321j:plain

 

見てこのギョフン!興奮しちゃうよね。

たまらず鼻息が荒くなってギョフンを吸い込みそうだよ。

f:id:kun-maa:20160716120339j:plain

 

アブリチャーシュー2枚とデフォルトのチャーシュー1枚で組まれたヤサイ山を守るかのような分厚い肉壁。これに喰らいつきたくない男がいるだろうか(いやいない!)。もちろん喰らいつきたい肉食女子も多かろう。

そんなあなたは今すぐメガガンジャへGO!だ。

f:id:kun-maa:20160716120351j:plain

 

まずはトッピングの山をつけ汁にバンバン投入していきます。そうしないと麺までたどり着けない。

ニンニクなんて真っ先に全力投入!

f:id:kun-maa:20160716120445j:plain

 

そしてヤサイを入るだけぶち込んでいきます。遠慮は必要ありません。これで濃厚なつけ汁がさらにメガ美味しくなるのだから。

f:id:kun-maa:20160716120521j:plain

 

アブリチャーシューがつけ汁の湯船の中でうれしそうです。いや、美味しそうです。

f:id:kun-maa:20160716120550j:plain

 

トッピングのアブラの姿が見当たらないなって思ったら、アブリの後ろに隠れていました。アブリチャーシューをつけ汁に投入したら跡地から出土したアブラくん。

血管も詰まるギトギト祭りはこれからだぜ!

f:id:kun-maa:20160716120622j:plain

 

ある程度トッピングをつけ汁にぶち込んだら、ラーメンをひとりで2杯食べてるみたいな絵になってしまいました。あらためて戦慄の分量。

この時点でまだ麺まで届いていないんだからまったく...イカれてるぜ、イカしてるぜ。

f:id:kun-maa:20160716120702j:plain

 

つけ汁にぶち込んだヤサイをワシワシとひたすら喰らっていきます。

美味しい!ヘルシー?ギトギトでもヘルシー?

f:id:kun-maa:20160716120807j:plain

 

とんこつ出汁の効いた濃厚なつけ汁にひたされて、ニンニクの旨味とアブラの甘みでギトギトになったヤサイはすごく美味くて、この限りなくジャンクな風味が脳内麻薬をドピュドピュッと噴出。

なにこの多幸感は。

食欲がなくて...とか泣き言を言っていたのが嘘のように暴発する食欲。

f:id:kun-maa:20160716120936j:plain

 

ヤサイうめー!マジ最高!っていうかまだ麺に到達していないので、ヤサイか肉しか食うものないんだけどね。どっちも美味いんだな。安定のメガガンジャ風味。

f:id:kun-maa:20160716121033j:plain

 

少量のメンマも発見。よく見ないともやしと一緒くたになって胃袋に飲み込まれます。

存在感が薄いメンマ。まあ、この状態で自己主張できるメンマがいたらそれはそれですごいと思うけど。ぜひ食べてみたいと思うけども。

f:id:kun-maa:20160716121248j:plain

 

そして麺側の丼についに「つけ麺」の「麺」が登場。

今まで必死で喰らっていたのは「つけ」の部分だからな。

このメガガンジャ特製のゴワシコ太麺に会いたかったんだよ。

f:id:kun-maa:20160716121333j:plain

 

もうすでにいろんなもののエキスで最高の状態になっている濃厚なギトギトつけ汁が、ゴワシコ食感の太麺に絡みつく絡みつく。

これが美味くないわけがない。ん?美味いの?美味くないの?どっち?

もちろん美味いに決まってまふ。

f:id:kun-maa:20160716121427j:plain

 

ヤサイとチャーシューとアブラで満たされた胃袋に何の抵抗もなくスルスルと収まるこの恐るべきツルツル感。これぞ麺の鏡です。

ある意味表面のアブラに光が反射して本当の鏡みたいなんだけどな。

f:id:kun-maa:20160716121809j:plain

 

それにしても相変わらず全てがメガガンジャになる魅惑的でクセになる味わい。

麺をつまむ箸が止まる訳もなく、ガツンと喰らい尽くします。

幸せってこんなところに転がっていたんだね...

f:id:kun-maa:20160716121854j:plain

 

麺がなければつけ汁を飲めばいいじゃない!って脳内アントワネットが叫ぶので今まで誰も頼んでいるのを見たことがないスープ割りをお願いしてみました。

一瞬店員さんの表情が「マジか?」ってなったのを僕は見逃さなかったよ。

f:id:kun-maa:20160716123320j:plain

スープというかアブラ汁というか、とにかく美味しかった。これで人間ドックで叱られるの決定ですって感じだけど。

もちろん完食。美味しいと思っているのは本気だから。

f:id:kun-maa:20160716123527j:plain

 

元気がなく、無気力に満ち溢れていた生活から一転してメガガンジャ生活へのカムバック大成功。

大満足の一杯!ごちそうさまでした。次は山の日の限定メニューでお会いしましょう。

やっぱメガガンジャすげーわ。元気出る。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly