読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]北浦和で美味しいクラフトビールを飲むなら BEER HUNTING URAWA(ビア ハンチング ウラワ)がおすすめ @kun_maa

クラフトビール
スポンサーリンク

体調が悪いくせにクラフトビールのひとり飲みがやめられなくなっています。

でもやる気がしないからと何もせずに引きこもっているよりも、無理やりにでも仕事に行ってその後のビールを楽しむという方が今回は体調回復に役立っているようです。

もちろん仕事もそれなりに頑張っていますよ。

要は飲み過ぎなければいいのです。なかなか難しいんですけどね。

 

今回はひとり飲みの3回目ということで、JR京浜東北線北浦和駅から徒歩2分ほどの駅近にあるクラフトビール専門店「BEER HUNTING URAWA(ビア ハンチング ウラワ)」に行ってきました。

ハンチングをかぶってビールを飲んでいる男性のシルエットがお店の目印。階段を昇って2階がお店です。

f:id:kun-maa:20160702132415j:plain

 

入り口には本日のビールが書いてあります。最大で8タップの樽生ビールが用意されていて、回転も速いので途中で入れ替わることも多いというハンパない誘惑感。

f:id:kun-maa:20160702132429j:plain

 

店内はカウンター席の他にテーブル席もありけっこう広いです。

山小屋をイメージしたというウッド調の店内はとても落ち着いた大人の空間って感じ。

(写真撮影とブログへの掲載許可はいただいています)

f:id:kun-maa:20160702132755j:plain

 

店員さんはクラフトビールにとても詳しく気さくな方たちばかりなので、初めてでも居心地がいいです。これって人見知り男のひとり飲み重要チェックポイント。

f:id:kun-maa:20160702132810j:plain

 

まずはこの日の爽やか系としておすすめの「日向夏ラガー」(宮崎ひでじビール)から。これは冗談抜きでスッゲー美味しいです。

柑橘系のすごくいい香りと爽やかな苦味。今まで飲んだ爽やか系のビールでは一番好きかもしれません。それくらい飲みやすくて美味しい。ひたすら美味しい。我慢できずにほぼ一気飲み。

f:id:kun-maa:20160702132904j:plain

 

続いて注文したのは同じく宮崎ひでじビールの「ケルシュ オン ザ ビーチ」。名前からして爽やかそうな夏のビールって感じ。

軽い口当たりでとても飲みやすいビール。先ほどの柑橘系とは違ってラガーとヴァイツェンの中間のような旨味と軽い苦味に小麦の香りが印象的なビール。

これも美味しい。すっかり落ち込んでいたのが嘘のように元気が胸の中で爽やかに踊っています。ゲンキンなものだな、人間なんて。

f:id:kun-maa:20160702134045j:plain

 

つまみに注文した「北海道 厚切りジンギスカン」。これが全く臭みがなくて美味しいのよ。本当に羊なの?ってくらいクセがない上に柔らかくて旨味が詰まっています。

失敗したのは、まさか付け合わせのサラダにトマトが乗っているとは思わなかったこと。知っていればトマト抜きでお願いしたものを...サラダを残してゴメンなさい。

それにしてもこのジンギスカンクラフトビールに合うことよ。お互いを引き立てあっているよね。すんごく美味しい。

f:id:kun-maa:20160702134920j:plain

 

調子が出てきて3杯目。

今度はIPAでもちょっと変わった風味ということで「Carpe Diem IPA(カルペ ディエム IPA)」(月と太陽BREWING)を注文。

ソラチホップを使用したというこのIPAは、よくあるタイプのIPAのような香りと苦味とは一線を画して、草原のような香りと程よい苦味が美味しいビールです。いい意味でIPAっぽくない飲み口が新鮮な驚きと喜び。

北海道にあるブリュワリーのビールで、この近辺では BEER HUNTING URAWA か新宿に置いている店がある程度なんだそうです。貴重だね。

そして香りがホント独特。草っぽいんだよね。北海道!って感じ。

f:id:kun-maa:20160702140410j:plain

 

せっかくだからガツンとくるIPAも味わっておこうと思い、4杯目は「One Pint Mind Double IPA」(うしとらブルワリー)にしました。

豊かな香りとガツンとくる苦味とどっしりとしたボディのこれぞダブルIPAって思えるハイスペックな一杯。

飲みやすいんだけど調子にのるとたぶん死ぬやつ。とっても危険な香り。だけど美味しいから困ってしまう。

f:id:kun-maa:20160702142847j:plain

 

女性の常連さんと店員さんの話に時々混ぜてもらったり、店員さんにビールのことを教えてもらったりしながらすごすほろ酔い加減のまったりとした時間に癒されていきます。いい時間の流れ方だなあ。

常連さんが注文していてとても美味しそうだった「自家製ガーリックピーナッツ」を僕も注文。

皮付きのままのピーナッツをガーリックと鷹の爪で炒めてあります。とても美味しいです。ビールに合う。もう少しガーリックを効かせた方が好みではあるけども。

なんでも名古屋の方ではよくあるおつまみだそうで、名古屋のお店直伝みたいです。

f:id:kun-maa:20160702143027j:plain

 

気がついたら5杯目。おいおい、ちょっと飲みすぎだね。いい気分すぎてヤバい。

最後は金鬼ペールエール(のぼりべつ地ビール鬼伝説)でキリッと〆よう。

ペールエールモルトとカスケードホップをたっぷりと使ったというクセのないとてもすっきりと飲みやすいビール。アメリカンタイプっていうのかな?

いい気分で味覚がけっこう怪しくなってきているけど美味しいことはわかる。

あまりにも飲みやすいので危うくさらに注文してしまいそうになるがグッと堪えた。

f:id:kun-maa:20160702145826j:plain

 

そうそう、大事なことを書き忘れました。このお店はカウンター席のみキャッシュオンデリバリー制なので、注文のたびにお金を払います。なんか外国っぽくていいよね。

お金が目に見えて減っていくから自制も効くし。

もっと美味しいビールを味わいたいという思いに後ろ髪を引かれながらお店を後にしました。ごちそうさまでした!

お店の雰囲気も店員さんも常連さんもいい感じで、もちろんビールも料理も美味しいのでこれはリピート確実。

ひとり飲み3回目を終了して、まだハズレなお店に当たっていないのは日頃の僕の行いがいいからだと思いたい。

関連ランキング:ビアバー | 北浦和駅

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly