読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]映画「アンフェア the end」の最新予告編が公開中/10年の歴史についに幕が引かれる @kun_maa

映画 映像
スポンサーリンク

バツイチ、子持ち、大酒飲みだけど警視庁検挙率ナンバーワンの女刑事・雪平夏見が主人公のドラマ「アンフェア」も2006年のドラマのスタートからもう10年になるんですね。

僕はドラマをリアルタイムで観ていたわけではないのですが、ドラマのレギュラー作品全話とスペシャル版、劇場公開作品を全て観ているくらいのファンではあります。

ついでに言うと、iPhone の着信音は「雪平夏見風着信音」を使用していて、電話が鳴るたびに「はい、雪平」って声量を落としめの声で電話に出たい誘惑と戦っています。

f:id:kun-maa:20150630194247j:plain

知っている人も多いと思うけど、ざっくりというと、刑事だった父の謎の死の真相を知るために刑事になった雪平を次から次に襲う事件と裏切りの連続が見どころのすっげーおもしろいドラマです。

ストーリーがおもしろいのはもちろんなんですが、雪平役の篠原涼子の魅力炸裂です。

たぶん6対4で篠原涼子の魅力の勝ちです。観てると惚れます。

 

そんな大好きな「アンフェア」もついに終わりを迎える時がきたようです。

大好きなドラマもいつかは終わるものです。わかっているけどちょっとさみしい...でも、早く観たいっていう心の葛藤を抱えています。大げさか!

 

前作の「アンフェア the answer」の公開から、もう4年近くも経つんですね。

誰が裏切りものかっていうのを考えながら観るのも魅力のひとつの作品ですが、アンフェア the answer」は裏切りだらけで、「え?お前もか!!!」っていう印象が強かったのですが今回の作品はどうなるのでしょう。

 

予告編の冒頭では、これまでの作品の登場人物がフラッシュバックのように次々と登場します。三浦春馬西島秀俊、瑛太、香川照之椎名桔平濱田マリ江口洋介大森南朋山田孝之とか豪華すぎるでしょ。

そしてそこからの「アンフェアなのは誰か?」と書かれたしおりと、西島秀俊の演技が印象的だった「推理小説事件」を思い出させる今回の事件へのつながり。

f:id:kun-maa:20150630201300p:plain

目まぐるしく変わる場面から感じる迫力の緊迫感と、またまた多くの裏切りを予感させるシーンの連続。

雪平夏見は真実を白日のもとに晒し、父親殺しの最後の黒幕にたどり着くことはできるのでしょうか。

f:id:kun-maa:20150630201735p:plain

予告編を観たら最後、もうめちゃくちゃ気になります。

三代目 J Soul Brothers の歌う主題歌も、切なげなメロディが作品を盛り上げてくれそうな予感がします。かっこいいっす。

...アンフェアなのは誰なのか。

f:id:kun-maa:20150630204328p:plain

これまで積み残してきた全ての謎が解き明かされると思うと、本当ワクワクして夜も寝られません。

でも、2015年9月5日公開なんですよね〜。まだ2ヶ月も先じゃないか〜(꒪⌓꒪)〜

予告編で、こんなシーンを見せられたらもう心配で心配で。

f:id:kun-maa:20150630205001p:plain

雪平、死ぬなよ。お願いだ...


「アンフェア the end」予告 - YouTube

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly