読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]簡単!いなばの「とりそぼろとバジル」で作るタイ風「ガパオチーズドック」が美味い @kun_maa

タイ料理
スポンサーリンク

いなばのタイカレーの姉妹品って言ったらいいのでしょうか。とりそぼろを使ったバジル炒め、通称「ガパオ」と呼ばれる缶詰「とりそぼろとバジル」があります。タイカレー缶と同じく100円(税別)で売っています。

今回は、これを使って簡単にできる美味しい「ガパオチーズドック」の作り方をご紹介します。

f:id:kun-maa:20140804155553j:plain

タイの東北地方などのラオスと国境を接している地域で、朝食によく見かけるのがこのような小さめのフランスパンにタイ風の炒め物や甘いソーセージなどを挟んだもの。フランス領だったラオスの影響を受けているのでしょうか?詳しいことはわかりません。

f:id:kun-maa:20140205071609j:plain

タイで何回も食べたこのパンがもとになっています。だから本当は小さめのフランスパンがあるとベストなんですが、手頃なのが見つからなかったので今回はホットドッグ用のパンを使用します。

<ガパオチーズドッグの作り方>

【材料】※4個分

・ホットドッグ用のパン(4本入り)

・いなばの「とりそぼろとバジル」 2缶

・とろけるスライスチーズ 4枚

f:id:kun-maa:20140804155533j:plain

①とりそぼろとバジル缶を開けます。あとでトースターで焼くのでこの時点で温めておく必要はありません。

f:id:kun-maa:20140804155729j:plain

②ホットドック用のパンに「とりそぼろとバジル」を挟んでいきます。

今回使用したパンは、最初から切れ目が入っていましたがそうでなければ自分で切れ目を入れてくださいね。

f:id:kun-maa:20140804155753j:plain

③挟み込む量はパンの大きさにもよりますが、この写真くらいの標準的な大きさのパンなら、1缶分を2個のパンで使い切るような感じで。

f:id:kun-maa:20140804155837j:plain

④続いてスライスチーズを用意します。

手で半分にして、具を挟んだパンの上にまんべんなく行き渡るよう挟み込みます。

f:id:kun-maa:20140804155907j:plain

f:id:kun-maa:20140804155946j:plain

⑤トースターでチーズがとろけるまで適当に焼きます。

f:id:kun-maa:20140804160112j:plain

⑥これで完成です。パンがパリっとしてチーズが熱々のうちにお召し上がりください。

f:id:kun-maa:20140804160556j:plain

アップにするとこんな感じ。タイで食べたものでチーズを使っているものはありませんでしたが、とろけるチーズを使い、トースターで焼くことでフランスパン風にパンがサクサクになることと、チーズでガパオの辛さが中和されることで、辛いものが苦手な人や子供でも食べられるようになる点がポイントです。

僕の小学生と中学生の子供にも好評でした。

f:id:kun-maa:20140804160608j:plain

半分に切ってみるとこういう感じですね。切り方が下手でパンがつぶれちゃったけど。

f:id:kun-maa:20140804160837j:plain

簡単で美味しいタイ風の「ガパオチーズドック」の作り方をご紹介しました。

缶詰を開けて、パンに挟んでトーストするだけなので誰でもすぐに作れます。

辛さはもともとそれほど強くないので、チーズを使うことでほとんどピリ辛程度にしか感じなくなり、小学生なら食べられると思います。

1点だけ、難があるとすればタイ料理独特の香り(主にナンプラーかな)が少しだけするので、そういうのがすごく苦手な人は無理かもしれません。うちの子供も少し苦手ですが美味しいと言ってバクバク食べていたのでほとんどの人は気にならないとは思いますが。

ぜひ、お試しください。 

いなば とりそぼろとバジル 3缶P

いなば とりそぼろとバジル 3缶P

 
いなば とりそぼろとバジル 75g×24個

いなば とりそぼろとバジル 75g×24個

 

 

このブログを気に入っていただけたら、下のボタンからシェアしていただいたり、はてなブックマークなどしていただけると、とっても励みになります。

また、RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly