読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]シャレにならない殺人ピエロのドッキリ映像がヤバいです @kun_maa

映像

人をだまして驚かせた後、つい笑ってしまうようなほのぼのとしたドッキリ映像が好きです。ドッキリってそういう部分がないとちょっと救いようがないというか、シャレにならないよなあって思います。

今回ご紹介するドッキリ映像はまさにそのシャレにならないやつです。

これは、自分がハメられたら本気で悲鳴をあげながら逃げて激怒すると思います。

f:id:kun-maa:20140710211714p:plain

この映像はYouTubeの「DmPranksProduction」というチャンネルが公開しているもので、上の写真の殺人ピエロが登場するものがすでに2本公開されています。

この再生回数がハンパないです。1本目は2014年5月11日に公開されて既に2100万回超え、2本目は2014年6月15日に公開されて1590万回超えの再生回数です。

ドッキリのパターンとしては、誰もいない駐車場や路地などで見るからに常軌を逸しているピエロ姿の覆面男が、通行人を驚かせて追いかけ回すというのが主な手法です。

例えばこんなふうに。

たまたま通りかかった2人組の通行人の目の前でピエロがいきなり血糊が入った人形の頭をハンマーで叩き潰します。そりゃめちゃくちゃ驚くでしょ。血は噴き出すし、人形は本物の人間が倒れているようにしか見えないし。

f:id:kun-maa:20140710212853p:plain

そして、不気味な声をあげながら逃げる通行人を追いかける殺人ピエロ。マジでちびります。「ドッキリで〜す」って言われて思わず苦笑いとかの範疇を軽く越えてます。

f:id:kun-maa:20140710213352p:plain

f:id:kun-maa:20140710213423p:plain

別の通行人はピエロに「よお、なにやってんだ?」って話しかけます。勇気がありますね。きっと正義感にあふれた人なのでしょう。

f:id:kun-maa:20140710213901p:plain

そんな貴重な人の目の前で血糊人形の頭を容赦なく叩き潰して、せっかくの勇気を打ち砕きます。もちろん彼も全力疾走で逃げました。

f:id:kun-maa:20140710213826p:plain

通行人の目の前で死体を引きずる殺人ピエロ。もちろん通行人は固まります。

f:id:kun-maa:20140710214033p:plain

そして、いきなり追いかけてくる殺人ピエロに対して「What the fuck!(なんだよ!マジかよ!)」って叫んで逃げ出します。そりゃそうでしょ。

f:id:kun-maa:20140710214344p:plain

公開されている2本とも、このように殺人ピエロが人々を容赦なく驚かせる様子を淡々と映し出していきます。マジでシャレになりません。みんな本気で逃げています。

f:id:kun-maa:20140710214619p:plain

f:id:kun-maa:20140710214650p:plain

これってアメリカで撮影しているんですよね。

こんなことやっていて本当に大丈夫なんでしょうか?この殺人ピエロ役の人が驚かした相手に拳銃で撃ち殺されたり、ナイフで刺されるんじゃないかって、そっちの方が心配になります。

モノがモノだけに腹の底から笑える映像ではありませんが、「こりゃひどいな(苦笑)」くらいは楽しめると思いますので、興味がある方はぜひ観てみてください。

1本目がこちら。


Killer Clown Scare Prank! - YouTube

2本目がこちらです。


Killer Clown Returns Scare Prank! - YouTube

何回も観ると、夜道を歩くのが恐くなりそうです。

そして、このピエロが夢に出てきそうでww

ちなみに、この映像を作製している「DmPranksProduction」というチャンネルは、この殺人ピエロ以外にも、似たようなシャレにならないドッキリやちゃんと笑えるドッキリも公開していますので、チャンネル登録しておくといろいろ楽しめますよ。

DmPranksProductions - YouTube

 

このブログを気に入っていただけたら、下のボタンからツイートやいいね!、はてなブックマークなどしていただけると僕がとっても喜びます。

また、RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly