読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]濱文様の2017年新春福袋(5000円)が届いたので中身をご紹介 @kun_maa

福袋
スポンサーリンク

和の素材やデザインを現代風にアレンジして遊び心のある個性的なデザインが特徴の手ぬぐいやハンカチなどのブランド「濱文様(はまもんよう)」では、毎年12月30日にオンラインショップで福袋の販売を行っています。

f:id:kun-maa:20170108184034p:plain

僕は昨年も購入しようとしたのですが、発売開始時間を勘違いしていて夜中に気づいたらもう売り切れていました。

今年はひとり飲みでクラフトビアバーをハシゴをしながらガンガン飲んでいたにも関わらず、何故か発売開始時間にしっかりとオンラインショップで購入手続き完了。あまりよく覚えてなかったんだけど、翌朝見たら購入完了メールが届いていたので自分でもびっくりです。

福袋は金額が2種類あって安い方でいいかなあと思っていたのに高い方を買っていたのはアルコールで気分がデカくなっていたせいでしょう。翌朝オンラインショップを確認したらすでにどちらも売り切れていたので、高い方を買ってしまった自分を責めるよりよくぞ買ったな酔っ払い!とほめてあげたい。ほんとか...

f:id:kun-maa:20170108184956p:plain

2017新春福袋5000の内容

商品説明は次のとおり。

濱文様人気のアイテムが盛りだくさん。総額15,000円相当のアイテムを税込5,000円でお届けいたします。

(オンラインショップの商品説明から抜粋引用)

発売が12月30日なので発送は1月5日から順次発送とのこと。僕のところには1月6日に届いていました。確かにけっこう盛りだくさんな感じ。

f:id:kun-maa:20170108174126j:plain

全部で12点のアイテムが入っていました。

それでは内容を見ていきましょう。

てぬぐい(2枚)(@864円×2枚=1,728円)

冬でも汗っかきの僕にはハンカチやタオルやてぬぐいはいくらあっても困りません。むしろたくさんないと困ります。そういう意味ではとてもうれしいですね。

f:id:kun-maa:20170108174325j:plain

てぬぐい本(1,080円)

てぬぐいを本のように折りたたんで綴じ紐で留めてあります。2007年のグッドデザイン賞受賞。中身はしっかりと本になっているのですが綴じ紐を解くと一幅の絵柄のてぬぐいになるというおもしろい作りになっています。

f:id:kun-maa:20170108174350j:plain

f:id:kun-maa:20170108174411j:plain

絵てぬぐい(1,080円)

一幅の絵としてのデザイン性が高い濱文様らしいてぬぐいのシリーズ。入っていたのは「北斎 豆柴と関屋の里」という絵柄でなかなか渋くてかっこいいです。

f:id:kun-maa:20170108174502j:plain

てぬぐいのハンカチなど4点

写真の左上から時計回りに「Tenugui タオル」(648円)、「和タオル セミウォッシュ」(540円)、「てぬぐいのハンカチ」(540円)、「リバーシブルガーゼハンカチ」(648円)となります。なんだかんだでこのサイズの物が僕には一番重宝します。

f:id:kun-maa:20170108174538j:plain

トラベルクロス(1,080円)

ポリエステル製でとても軽い風呂敷です。旅先に持っていって荷物が増えた時に包んで手さげにして使えるという代物。とても軽くてコンパクトなので使いやすいと思うな。

f:id:kun-maa:20170108174614j:plain

おさんぽトート(1,080円)

僕が使うにはちょっと女性っぽいかな。とても小さいけれど作りはしっかりしているし、生地も軽くて丈夫そうです。財布やスマホに本1冊って感じでちょっと散歩にでも行く時にいい感じ。

f:id:kun-maa:20170108174712j:plain

てぬぐい柄の布貼りアルバム(1,680円)

てぬぐい柄でぬくもりのある雰囲気のアルバムです。中の台紙は20ページあるし少し大きめのサイズなのでそれなりに多くの写真が貼れそうです。

f:id:kun-maa:20170108174644j:plain

ストール(4,104円?)

同じような感じのものがオンラインショップにないので値段は同等と思われる商品の値段を参考にしました。生地はとても薄くて素材は「経:ウール100%  緯:竹繊維100%」と表示されています。あまり冬の寒さ対策には有効ではない感じですがそれほど寒くない時に軽く首元に巻くのがいいのでしょうか。

f:id:kun-maa:20170108174923j:plain

 

以上の12点が濱文様の2017年新春福袋(5000円)の中身です。

金額的には約14,208円相当って感じなので、ちょっと足りない感はありますが一応商品説明の金額の誤差の範囲でしょうか。

金額的なお得感はありますね。

ただ商品の性質上どうしてもデザインの好き嫌いの問題があるので、万人におすすめできるってものでもないかな。

僕のように汗っかきでハンカチやてぬぐいがたくさんあると助かるなあって人、そしてそれほど最新のデザインにこだわらないよって人にはいいと思います。

濱文様の商品はすでに販売を終了している古いデザインのものでもあまり気にならないデザインの良さがありますからね。

 

今年の福袋もこれが最後かな。

ブログに書いていないクラフトビール系の福袋も購入したので、福袋にはかなり散財しちゃったけどやっぱり自分の好きなブランドや品物の福袋って楽しいんだよね。かなり限定的だけど僕は福袋が好きなんだと思う。 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly