読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]久しぶりのハゲは「和栗」と「あずき」をお供に降臨す/ハーゲンダッツ「ジャポネ<和栗あずき>」 @kun_maa

ハーゲンダッツ

久しぶりに食べました、ハーゲンダッツ

ブログで紹介するたびに「ハゲ」と省略した上にそれを連発するものですから、「貴様ハゲに泣くぞ」と、ある筋から怖いことを言われたので、しばらく後頭部を鏡で確認しながらハーゲンダッツを遠ざける日々を過ごしておりました。

 

そろそろ「ハゲ」の呪いの喪が明ける頃合いだろうと思っていたところに、和栗とあずきの贅沢な組み合わせ「ジャポネ<和栗あずき>」発売のニュースが届くというタイミングのよさ。

これはもしかして僕をハメて毛をむしる罠かもしれないと、発売直後は遠巻きにして眺めていたのですが、勇気を出して限定販売先のセブンイレブンに向かいました。

 

発売から1週間以上も経っているというのに山のように積まれて売られていたので、一瞬「あれ?もしかして人気ないの?」って思いかけたのですが、そんなことを思ってバチが当たるといけないので、無心を装いそそくさと秘密の薬を買う時のように「ジャポネ<和栗あずき>」を購入。

 

一瞬で毛がなくなるなどの災害に見舞われることもなく、無事に愛しのダンボーへと「ハゲ」のバトンをつなぐことができました。

パッケージはゴールドの縁取りに茶系をベースにした彩りで、いかにも秋&栗というおめでたい雰囲気を醸し出しています。おめでたいってなんだよ。

f:id:kun-maa:20151026153310j:plain

 

フタをカパッと開けると、下にはいつものフィルムが貼られています。開けるときには中身が飛び散らないようにゆっくり開けましょうね。せっかちは嫌われます。

f:id:kun-maa:20151026153422j:plain

 

たっぷりと時間をかけて焦らすようにフィルムを剥がすと、いつものハゲとは違った様相。濃厚な風味の和栗ソースがまるでケーキのようにハゲの本体に載っています。

まるでとぐろを巻いた「う◯こ」のようにと書かないところに僕の上品さがにじみ出てるでしょ?って...書いちゃったよ( ꒪⌓꒪)

f:id:kun-maa:20151026153458j:plain

 

和栗ソースは思ったより少ない感じ。パッケージに書いてあったモンブランケーキの絵にはたっぷりとソースがかかっていたからさ。別に文句じゃないんだよ。期待という名の愛情ってやつですよ。

f:id:kun-maa:20151026153516j:plain

 

グダグダ言ってないで早く食べろよって思うでしょ?僕も思います。

だってアイスが溶けちゃうもんね。

ひとくち食べるとふわっと口いっぱいに広がる栗のいい香りと濃厚なコクと甘さ。

やっぱりハゲは美味しいです。

f:id:kun-maa:20151026153555j:plain

 

名前に<和栗あずき>とあるように、このハゲがすごいのは栗だけではありません。

和栗ソースと和栗アイスの下には、なんと「こしあんソース」、「あずき甘納豆」、「赤糖入りのミルクアイス」が控えていたのです。

なんと贅沢な!やはりハゲはこのくらいがハゲらしくていいね。

f:id:kun-maa:20151026153635j:plain

 

ガッツリと食らいつくと、和栗とあずきとアイスクリームの織りなす華麗な秋のハーモニーにうっとりとしてしまいます。

「もう私、全部ハゲてもいい!」とか思っちゃいます。これは嘘。言い過ぎました。

f:id:kun-maa:20151026153703j:plain

でもホント和栗の風味はすごいし、あずきの甘納豆も意外と入っていて、もう全てが渾然一体となって素晴らしいの一言です。

とても濃厚で、栗とあずきが好きな僕にとってはパラダイスなハゲ。

夢中で食べてしまい、あっという間になくなりました。

 

気になるカロリーは、1個(100ml)当り 237kcal です。バニラが 110mlで 244kcal なので、その味わいの豪華さに比べれば意外と標準的な感じです。

お値段は1個 383円(税込)。さすがに高いな。ケーキみたいです。でもそれでこそハゲなのだと思います。ハゲに安っぽさは似合いません。

 

ああ、またハゲを連呼してしまいました。

これでまたしばらく後頭部と生え際を心配しながら、ハゲなしで過ごす隠遁生活に戻ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly