読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]人気ブロガーだったとはつゆ知らずフミコフミオ氏の「刺身が生なんだが」に大爆笑 @kun_maa

書感
スポンサーリンク

先日、Kindleストアのセールで198円だったので買ってみた「刺身が生なんだが」という本。むちゃくちゃおもしろかったです。大爆笑です。

僕は全然知らなかったんですが著者のフミコフミオ氏は、はてなダイアリーで人気を博し、現在ははてなブログに引っ越しをされている人気ブロガーだったんですね。

本を読み終わってから著者プロフィールを見て初めて知りました。 

刺身が生なんだが

刺身が生なんだが

 

フミコフミオ氏のブログがこちらのブログなんですが、本に書いてある部長の迷言の数々は全てブログに載っているみたいです。素敵なエピソードも添えて。

Everything you've ever Dreamed

なんだよ、本を買わなくてもブログで読めたじゃんって一瞬思っちゃいましたけど、元々が安い本ですし、部長をパンダになぞらえた微妙なイラストが意外とツボにハマりまして、この本大好きです。

「はじめに」で、この本の楽しみ方が載っているのですが、パンダのイラストと部長のミラクルな一言、著者による解説がセットになっているので、とても楽しく読むことができます。 すいません、このページだけスクショを貼らせてください。

f:id:kun-maa:20140905213845p:plain

基本、このスタイルで部長が本気で吐いた数々の迷言が紹介されています。

タイトルにもなっている「刺身が生なんだが」というのも、この部長が刺身定食を注文した際の店員へのクレームだというから驚きです。

刺身ネタでは他にも、新鮮な刺身を出されて店員への怒りの一言「今度生で出したら保健所に訴えんぞ!」というのもあるので、何言ってんだこのおっさん?って感じなんですが、この部長って実際に著者の上司として実在の人物なんだそうです。同情します。

読み進めるうちに、あまりにも理不尽で間抜けな部長の迷言の数々に「これ実はネタじゃないの?」って思うほどです。

そして現場に立ち会った当事者である著者には申し訳ないけど、大爆笑してしまいます。

最後まで、「え〜!マジか?」って感じですっごくおもしろいです。

でも、この本に書かれていることって、他人事だから思いきり笑えるけど、当事者は本気でたまらんだろうなあって思います。同情を禁じ得ないです。

このミラクルな部長の言葉を本書から紹介してもいいのですが、あまり引用してしまうと申し訳ないので、著者がブログで紹介しているエントリを載せておきます。

この中から、選り抜きのすばらしい一言が本書に収録されていると思えばOKではないでしょうか。

上司の言葉をまとめてみた。 - Everything you've ever Dreamed

しかし、こんなおっさんでも部長ができたんだからこの会社の懐って深いよね。って思ってブログ記事をいくつか読んだらクソ部長に腹が立ってしまいました。やっぱり著者に同情しちゃうよ。 

刺身が生なんだが

刺身が生なんだが

 

 

このブログを気に入っていただけたら、下のボタンからシェアしていただいたり、はてなブックマークなどしていただけると、とっても励みになります。

また、RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly