[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]藤原竜也、大沢たかおの狂気の激突が最大の見せ場とも言える映画/藁の盾 @kun_maa

 

 

孫娘を殺された政財界の大物である蜷川が金にものを言わせて、犯人である清丸国秀(藤原竜也)を殺害した者に懸賞金10億円を払うと新聞に広告を掲載。

同時にインターネット上でも清丸殺害のためのサイトを開設し国民を煽る。

f:id:kun-maa:20130427211424j:plain

 

潜伏先で懸賞金目当ての仲間に殺されそうになった清丸が、福岡県警に出頭したことから、48時間以内に福岡から警視庁まで清丸を移送しなければならない。

移送の任務に当たるのは警視庁SPの銘苅(大沢たかお)、白岩(松嶋菜々子)、警視庁捜査課の刑事奥村(岸谷五朗)、神箸(永山絢斗)、福岡県警の関谷(伊武雅刀)の5人。

 

懸賞金につられた一般市民から警察官、ヤクザ者、以前の事件で清丸に娘を殺された遺族までが清丸の命を狙う。

移送の情報はなぜか清丸殺害サイトに筒抜け。

誰が味方で誰が敵なのか。

 

連続幼女暴行殺害犯であり、反省も後悔もない本物のクズである清丸の狂気を藤原竜也が熱演している。

薄気味悪い笑顔に虫酸が走る。

 

たとえ人間のクズであっても、命をかけて清丸を守らなければならないのか。

そして、移送チームは清丸を無事に警視庁に届けることができるのか。

スピード感と迫力のあるシーンが連続する見応えのある作品である。

 

そして、冷静で仕事に忠実であるSP銘苅もまた、明かすことのできない心の闇を抱えている。その冷静さと時折かいま見せる微妙な表情、心の闇が爆発した時の狂気を大沢たかおが見事に演じ切っている。

f:id:kun-maa:20130427212343j:plain

 

もちろん、完璧な作品などそうそう存在しないように、この作品もシーンやストーリーの展開に雑さを感じる部分が中盤以降多々見受けられる。

宣伝で「日本全国民が、敵になる」と宣言している割にはそれを示すようなシーンはあまりにも少ない。

また、蜷川が警察上層部にまで手を回しているような雰囲気を醸し出しながら、実はそれほどでもなかったりと、突っ込みどころは確かに多いかもしれない。

 

しかし、それでもそれを補い、なお且つすばらしい作品だと思わされるのは、出演者の熱演によるところが大きいと思う。

それぞれの出演者の表情に、行動に魅せられる。

血走った目が印象的な表情、若者らしい素直な感情表現、クズのために死に逝く絶望感、絶妙の緊迫感、とぼけた熟練の味わい。

そして演技はそれほどでもなかったけどやっぱり松嶋菜々子は美しい。

f:id:kun-maa:20130427213822j:plain

 

藤原竜也大沢たかおのそれぞれの狂気が激突する最大の見せ場では、その迫力と切なさと絶望感に打ちのめされる。

f:id:kun-maa:20130427214207j:plain

 

人は理不尽な悲しさを抱えながら、それでも折り合いをつけて生きていかなくてはならないのか。

人はそれほど簡単に金に心を売り渡すのか。

復讐は正義なのか。

世の中にこれほどのクズがいるのか。

そして、そのクズのために死ぬことに意味があるのか。

いろいろ考えさせられながらも、最後まで目が離せないなかなか硬派でエンターテイメントな作品なのである。


『藁の楯 わらのたて』本予告 - YouTube

藁の楯

藁の楯

藁の楯 (講談社文庫)

藁の楯 (講談社文庫)

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログを気に入っていただけたら、下のボタンからツイートやいいね!、お気に入り登録などしていただけるととてもうれしいです。

もしよろしければGoogleReaderへの登録もお願いします。

f:id:kun-maa:20120324190736g:plain