[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]美容院で髪をカットしたよ @kun_maa

今じゃ人権侵害っぽくてとても信じられないんだけど僕は中学校が強制的に坊主頭だったんだよね。

学校としては頭髪チェックが超楽で生徒を押さえつけやすかったんだろうけど。個人的には髪型のことをあれこれ考えなくて済むのは楽だったけど、中学を卒業していざどんな髪型でもいいよってなった時に困っちゃってさ。

しばらくは坊主頭を伸ばし放題にして落武者みたいな頭になったりしてたんだけど、周りがみんなかっこいい髪型にするのを横目に僕は自分の髪型をどうすればいいのか途方に暮れていたんだ。それでも誰かに相談するのはなんとなく恥ずかしくて。

ましてや芸能人の写真なんか床屋に持って行って「これと同じ髪型にしてくだしあ!」とかあまりにも恥ずかしすぎてとても無理!って感じだったんだよね。

お前なんかにこの髪型が似合うわけねーじゃねーかよって床屋さんに思われるんじゃないかって思ってそれだけで切腹したくなる。自意識過剰。

f:id:kun-maa:20170628185905j:plain

スポンサーリンク

なんで僕は髪型のことを人に尋ねるのが恥ずかしいのかわかんないんだけど、結局それをそのまま引きずって今に至るってところがあってね。

なんとなく中学時代の坊主頭を拗らせたまま大人になって、なんとなく髪型を気にするなんてナンパでチャラい奴だくらいの屈折した感情を心の中に根付かせたままおっさんになってしまった。

だから昔から床屋が嫌いで嫌いで。

髪の毛を切るのは全然構わないんだけど、どういう風にしてほしいとか髪の毛を切る人に指示するのがすっごく嫌でさ。だってどうしたらいいのかわかんないんだもん。

「あーうー耳はー出してえーと前髪は眉毛にかかるくらいにしてあーあとは適当にお願いします」とか言っちゃって、何か聞き返されるとどう答えるのが正解なのかさっぱりわからなくてドキドキして顔を真っ赤にしちゃうんだから本当に困りもの。

そもそも自分の顔に似合う髪型があると思えないってかさっぱり知識がないんだからわかるわけがないんだよ。それなのに誰にも聞かないし、ヘアカタログなんて恥ずかしくて手に取れないし、ネットで調べようにも検索する言葉すらわからなくてめんどくさくなっちゃうし。

 

安くて短時間でぱぱっと髪の毛を切ってくれるチェーン店の床屋ができてからはもうずっとそういう店を利用していて指示も相変わらず適当にごまかしていたんだ。

街で見かけるおしゃれな美容院なんて怖くて行けないしさ。

前に髪の知識もないくせに自分でブリーチをして金髪になった時に初めて美容院の予約をして髪を黒く染めたんだけど、その時はとにかく黒髪を取り戻すって命題があったから指示も簡単なもんであまり緊張しなかった。 

kun-maa.hateblo.jp

そう、指示することがわかっていればおしゃれな雰囲気の美容室も怖くないんだよ。

だったらわからないことは指示しなくていいじゃん。無理に指示しようとするから恥ずかしくなって死にたくなるんだよって思ったわけ。そんな無理しなくてもわかる人が美容院にはたくさんいるんだからさ。思い切って僕の顔に似合う髪型にしてくださいって聞いちゃおうと。簡単にさらっと書いたけどそこに至るにはかなりの葛藤もあったんだよ。なにせ坊主頭を数十年も拗らせてきたわけだから。そういうことを聞くこと自体が恥ずかしいと思っていた節もあるわけで。 

でも髪の毛がかなりボサボサになって最近の蒸し暑さにへろへろなので、いつもの安い床屋でテキトーに短く切るか、美容院でちゃんとカットするかの葛藤を経て(問題がカットだけに)ついに思い切ったね。

行ってきましたよ美容院に。

仕事が早く終わったのでネットで地元の美容院を検索して「男性も歓迎」ってお店の中からすぐに予約できるお店を選んで気が変わらないうちに即予約。

まあそれなりにビビってたし他にもお客さんがいたんで1枚しか写真撮れなかったんだけどこんな雰囲気のお店ね。

f:id:kun-maa:20170628155300j:plain

トップスタイリストさんも指名できたんだけど僕ごときにトップさんは申し訳ないなんて弱気になってさ。とりあえず指名なしで。

ついてくれた美容師さんに「自分に似合う髪型が全然わからないのでショートで僕に似合う髪型にしてください!」ってお願いしたらヘアカタログ広げて丁寧に説明してくれてさ。「つーぶろっく」って意味がわからなくてもちゃんと笑わずに教えてくれた。

僕だけすっげー汗かいていかにも緊張してますって体だったんだけど、シャンプーがすっごい気持ちよくてね。顔に紙なんて置いちゃってさ。すっごく丁寧にじっくりと頭を洗ってくれるんだよね。今まで安い床屋で別料金でやっていたあのまるで油汚れの食器を洗うようなガシガシとしたシャンプーはなんだったんだよ!ってくらい別物でびっくり。頭もマッサージしてくれて洗い終わる頃には緊張の汗も完全に止まってたね。

美容院最高かよ!って思ったもん。

そのあとは僕にもわかるように説明しながら髪の毛を丁寧にカットしてもらって、セットの仕方も教えてもらった。お店に入ってから出るまで約1時間半。至福のひととき。

 

ホットペッパーで予約したから割引になってやっすい理容店の倍程度の金額で済んだし。どう考えても美容院の方がお得じゃね?って思ったね。

男性客も4割くらいいるって言ってたよ。僕がいる間は女性客しかいなかったけど。

髪型も気に入ったし今度からここに通うかなって思っているところ。

おっさん美容院に目覚めるの巻。

スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly