[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]コードネーム・ヴェリティ/謎めいた告白に隠された巧妙な伏線にうなる傑作ミステリ @kun_maa

第二次世界大戦中のナチス占領下にあるフランスのとある街で、スパイとして捕虜となった若い女性工作員とその親友である女性飛行士の友情と戦争を背景にした上質なミステリ。まずタイトルがかっこいい。

コードネーム・ヴェリティ (創元推理文庫)

スポンサーリンク

ナチスの尋問に対して、拷問を受けない代わりにイギリス軍に関する情報を手記として書き綴ることを強制された名前も明かされない女性工作員。その手記の内容は彼女自身のことではなく、なぜか親友である女性飛行士のことを書いた小説のように見える。


なぜ彼女は自分が置かれた捕虜としての緊迫した状況の中で親友のことを書き綴るのか。その目的は何か。同じ捕虜から裏切り者の汚名を着せられ軽蔑されながらも次々と重要な情報をナチスに知らせる彼女。

告白のために彼女に与えられた時間は限られており、その後に待つ過酷な運命が暗に仄めかされて気が抜けない。夜と霧......


その小説のような手記が書き上げられるまでが、謎めいた不思議な雰囲気の中で進んでいく第一部。
読者には尋問者であるSS親衛隊大尉と同じ情報(つまり彼女の書いた手記)だけが与えられる。
捕虜として書くことを強制されているという暗さや残酷な描写はあるものの、ふたりの友情について語られる回想部分がまるで青春小説のようでもある第一部は難解で冗長な部分も多いのだが、読者はその告白文の描き出す世界に次第に取り込まれていく。


時にはその冗長さ故に焦ったくなることもあるかもしれないが、そこをこらえて彼女の小説調の告白世界に深く入り込むことで、次のがらりと雰囲気が変わる第二部が生きてくる。第一部で書かれていたことが本当の意味で理解でき、そこに巧妙に隠されていた真実がじわじわと明かされていく快感を存分に味わうことができるだろう。


なんということもなく書かれていたと思い込んでいた第一部の文章の中に、巧みに張り巡らされていた伏線。それらがしっかりと回収されて真実の姿が浮かび上がってくる素晴らしさに感嘆するのは一見地味で暗鬱な第一部があればこそである。

見事な伏線とその回収の巧みさは、まさに本の帯に書かれていた次のようなキャッチフレーズのとおりでありその点ではすぐれたミステリ作品である。

帯にはこのように書かれている。

「謎」の第1部。「驚愕」の第2部。そして、「慟哭」の結末。

 

さらに本書の凄さは傑作ミステリというだけではなく、それと同時に戦争という理不尽なものに飲み込まれて歯車が狂ってしまうふたりの少女の友情と勇気の物語でもあり、戦争と女性をテーマにした歴史小説としても楽しめるところにある。

本作品にはそのように多様な面があり多面的な楽しみ方ができる。

しかしどのような読み方を楽しんだとしても、最後に読者は切なくてほんのりと苦いしこりのような心の疼痛と微かな希望を見出すことになるだろう。

そんな不思議な物語だった。 

コードネーム・ヴェリティ (創元推理文庫)

コードネーム・ヴェリティ (創元推理文庫)

 

 

本書は「本が好き!」から献本いただきました。

www.honzuki.jp

スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly