[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。

[ま]ゴーストライター(ロマン・ポランスキー監督作品)/素晴らしく上質なミステリー映画 @kun_maa

スポンサーリンク
こんにちは!映画って本当にいいですね @kun_maa です。
ちょっと古いけど素晴らしい映画に出会いました。

ゴーストライター (字幕版)

 
ロマン・ポランスキー監督、ユアン・マクレガー主演のサスペンス「ゴーストライター」(2010年英仏独作品)です。
 
原作者のハリス自身とポランスキーが脚色しており、ベルリン国際映画祭銀熊賞(最優秀監督)ほか多数の映画祭で数々の賞を受賞した作品です。
 
 
<あらすじ>
元英国首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆を依頼されたゴーストライターユアン・マクレガー)。
ラングが滞在する真冬のアメリカ東海岸にある孤島に赴き、取材をしながら原稿を書き進めるうちに、ラング自身の過去に違和感を覚えるようになる。
やがてそれは前任者の不可解な死に対する疑問となり、その謎を追いかけることで国家を揺るがす恐ろしい秘密に触れてしまう。
そして、さらにラングの妻ルース(オリヴィア・ウィリアムズ)と専属秘書アメリア・プライキム・キャトラル)とともに巨大な渦にはまってゆくのだった・・・。
                 (作品公式ホームページより引用)

 

本格サスペンスとはいっても、そこはポランスキー作品です。

 
ハリウッド映画的な派手なドンパチはなく、とても静かなそしてその静かで陰鬱な空気のなかで淡々と進んでいく第一級のサスペンス映画です。

f:id:kun-maa:20120906214857j:plain

 
作品の舞台となるアメリカ東海岸の孤島のモノトーンで寂寥とした空気が、作品全体を暗く覆うような感じがします。
それはまるで作品のストーリー展開を象徴しているかのように陰鬱です。
 
元首相の自伝を書くゴーストライターとなった男が、前任者の資料の中から偶然見つけた元首相の経歴に関する不可解な資料。
 
彼はその資料から前任者の不審な死に興味を抱き、たまたま前任者が使っていた車に乗ったが為にカーナビに導かれるように疑惑の中心人物のもとに足を踏み入れてしまい、陰謀の闇に巻き込まれていきます。
 
この作品、ストーリー展開の上手さがハンパないです。
 
決して謎解きを急がず、それでも次第に膨らんでいく不穏な雰囲気。
 
分かりそうで分からない「前任者の残した謎」。
 
誰が敵で、誰が味方なのか、何が真実で、何が嘘なのか。
 
ヒーローでも何でもない無力で無名な主人公(最後まで彼の名は明かされません!まさにゴーストライター)を通じて、不似合いな正義感とちょっとした野次馬根性を出してしまったばっかりに、巻き込まれていく大き過ぎる陰謀の行方に観ている方もじわじわと引き込まれていきます。
 

本当によくできたストーリーで社会派サスペンス映画の中でも超一級品だと思います。

 
最後に明らかにされる驚愕の真実と黒幕、そしてエンディングの意外な結末。
 
ラストシーンで原稿が風に舞う映像が、得体の知れない空恐ろしさとせつない余韻を残します。
 
まだご覧になっていない方には、超絶おすすめしたい作品。
 
ちなみに、この映画に登場する元英国首相ってブレア元英国首相をモデルにしているようです。
英国の政治に詳しい人が観るともっと楽しめるのかも知れませんね。 
スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly