読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]beatsX イヤフォン(ブルー)を購入/思ったより重たいけど音質はクリアで好きなタイプ @kun_maa

グッズ iPhone

ランニング用に使っていた「BOSE FreeStyle earbuds イヤフォン」が断線してしまったようで右側から音が出なくなってしまった。

かなり気に入って使っていたので非常に残念だけど保証期間も過ぎていたので、修理するかどうしようか迷った末、新しいイヤフォンを購入することにした。こういうところは自分でも意外なくらいドライで執着心がない。

それがいいのか悪いのかわからないけど。 

kun-maa.hateblo.jp

 

スポンサーリンク

買うなら今度はコードに邪魔されない Bluetooth タイプがいいと思い、Apple純正の「AirPods」にしようか、2月に発売されたばかりの「beatsX」にしようか悩んだ。

元々 iPhone の付属品イヤフォンが耳から外れやすいので、もしかしたら自分の耳の形には「AirPods」は合わないのではないか、走っている途中でポロっと落としたら無くしてしまうのではないかとの不安が最後まで拭いきれなかったので「beatsX」を買うことに決めた。「beatsX」の方が「AirPods」よりも2,000円(税別)安かったのも決め手のひとつ。日頃の散財がたたって金銭的に苦しい日々なんでね。

 

色はブラックにしようかとも思ったのだが、埃っぽい部屋に住んでいるのでなんとなく埃が目立ちそうな気がしてブルーにしてみた。

ホワイトにもちょっと気持ちが動いたのだがいかにも iPhone な感じがベタすぎて途中で萎えた。

「萎えた」って変か。

オンラインの Apple Store で購入したら1~2週間待ちとのことで昨日ようやく手元に届いたってわけ。

 

ドーン!けっこうしっかりとした箱に入っている。

f:id:kun-maa:20170303191912j:plain

 

箱の中身はイヤフォン本体、イヤーチップ、ウィングチップ、キャリングケース、Lightning - USB-A 充電ケーブル、説明書など。

f:id:kun-maa:20170303192214j:plain

 

Apple Music の3か月無料コードや beats のロゴステッカーも入っていて、ちょっとうれしいおまけ。

f:id:kun-maa:20170303192741j:plain

 

珍しい感じかなあと思ってブルーにしてみたのだが、見るからにゴムっぽいところが安物に見えて悔しい。イヤフォンは見た目じゃないよ...とつぶやいても切ない。

それに加えて、見た目から感じる印象以上に重たい。重すぎて話にならねぇよってほどでは全然ないのだけど、一瞬「あれ?」って思う程度には重い。すぐ慣れたけど。もう気にならないけど。

f:id:kun-maa:20170303192519j:plain

 

充電はLightningケーブル使用ってのは何本もコードを持ち歩かなくて済むので iPhone ユーザーには地味にうれしい。

フル充電で8時間。バッテリー残量が少なくなっても5分の充電で約2時間再生可能という優れもの。

f:id:kun-maa:20170303192906j:plain

f:id:kun-maa:20170303193330j:plain

 

最初から本体についているものを含めて4サイズあるイヤーチップと、2種類のウイングチップがあるのでたぶんほとんどの耳に対応出来るんじゃないかと思う。

僕にもぴったりで圧迫感のない付け心地の組み合わせが見つかった。

これならランニング中に耳から外れることもあるまい。

f:id:kun-maa:20170303193058j:plain

 

Apple W1テクノロジーとやらを搭載しているんだそうだ。高性能なW1チップが組み込まれていることでAppleバイス間でシームレスに設定や切り替えができる。

もちろん iPhone との接続もとっても簡単。

f:id:kun-maa:20170303214457p:plain

あっという間に接続完了。

バッテリーは納品された時点で86%も充電されているのですぐに使えた。

f:id:kun-maa:20170303195934j:plain

 

マグネットが入っているのでこんなふうに先端をくっつけることができる。耳から外してちょいと首かけ状態で移動するのにいい感じだ。僕の生活にいつも音楽を!

f:id:kun-maa:20170303193215j:plain

 

操作ボタンも iPhone付属品のものと同じ操作性なのですぐに使いこなせる。

楽勝だぜ。

f:id:kun-maa:20170303193447j:plain

 

電源ボタンが目立たないのはデザイン的にクールだと思うんだけど、使い終わった後に電源をオフにし忘れそうで不安が残る。忘れっぽい方だしさ。

f:id:kun-maa:20170303193420j:plain

 

実際に音楽を聴いてみると、とてもクリアな音で自然なドンシャリ感も気持ちよくてとてもいい。密閉感があるので頭の中でリアルなサウンドがぶわーっと広がる感じがたまらない。

すぐに好きになってしまった。この音の感じ、僕はかなり好きだ。

次の動画も「beatsX」で聴くと音の広がりと迫力が違う。


Beats By Dre | BeatsX | Talk. Listen. Beats.

なかなかいい買い物をしたんじゃないかと自分を褒めてあげたい気持ちでいっぱいである。

あとは耐久性か。こればかりは使い込んでみないことにはわからない。

いい感じのBluetoothイヤフォンをお探しの方にちょっとおすすめしたい。 

さて、beatsXとひとっ走りしてくるか。

スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly