[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]Googleからメールで「警告メッセージ」をいただいたので全力でAdSense広告位置の修正中 @kun_maa

先週の金曜日の夕方にGoogleから「AdSense プログラム ポリシー遵守のための対応が必要な状態です」という長いタイトルのメールをいただいた。

f:id:kun-maa:20170213144258j:plain

言葉使いは丁寧だけど太字で「警告メッセージ」という文言が文中に入っている。これは恐ろしい。以前の悪夢を思い出してしまった。

kun-maa.hateblo.jp

スポンサーリンク

前回は、いきなり広告の配信を停止されたのだが、今回はブログでの広告掲載方法がAdSenseのプログラムポリシーに違反しているからすぐに直しなさいよってことで、とりあえず配信は停止されていない。

ただ、すぐに直さないと広告の配信を止めるからな!っていう「警告」。その宣告はひしひしと伝わってきた。

 

具体的な違反項目は次のようなもの。

Google 広告を紛らわしい方法で掲載することは禁止されています。最適なユーザーの利便性を保つため、Google 広告とサイトのコンテンツは明確に区別する必要があります。これにはたとえば、スクロールしなければ見えない位置にコンテンツが押しやられ、コンテンツと Google 広告が区別しにくくなるレイアウトなどが含まれます。

 

そして、違反しているページの一例として挙げられているのが次のような状態。

f:id:kun-maa:20170213150329j:plain

スマホで見た場合に画面が広告でいっぱいになってしまい、自分の文章などが全く入っていない。つまり画面の中に広告だけで自分のコンテンツがない。

こりゃ怒られるよな。

なんでこんなことになったかというとひとえに僕の怠慢が原因。

昔書いたエントリでは文頭に手貼りで AdSense広告を入れ込んでいたのだが途中からめんどくさくなって、全てのエントリのタイトル下に自動でAdSense広告が入るように変えた。

本来ならば、その時に手貼りしていた広告を削除しなくてはならなかったのだが、そのまま放置してしまったため、過去記事の多くで上の写真のような状態が発生していまったというわけ。

タイトル下と文頭のそれぞれに300×250サイズの広告が貼ってあったらこうなるよね。

 

個別の記事で気がついた時に少しずつ直してはいたのだが、なかなか大掛かりな修正をするまでの根性も時間もなかった。

そんなわけで警告メールが届いてからずっとひとつひとつのエントリの手貼り部分の位置を修正するという地味でしんどい作業を続けている。

目がしょぼしょぼして肩こりは悪化し腰も痛い。おまけにせっかくの休みだというのに他のことが何もできない。ブログを書く時間もなく書こうという気力も削がれてしまっている。最悪だ。どうしても書かねばならない案件があるのだがまだ手をつけられないでいる。何とかしなくては。

 

そんなふうに思いながらも、広告配置の修正ついでに漢字や言葉使いの変なところを直し始めたので余計に時間がかかる。さらに自分で言うのもなんだが僕のブログはおもしろい。過去の自分が考えていたことや感想を思い出させる玉手箱のようだ。いや、パンドラの箱か。

まあ、書いている本人がその当時おもしろいと思って書いているので、その本人が後から読んでおもしろいと思うのは当たり前かもしれない。自画自賛上等。

 

バカなことを書いているうちにまた貴重な時間が過ぎてしまった。

まだ180記事しか修正が済んでいない。全体を把握していないのだが、把握するのが怖いから敢えて把握していないというのものあるのだが、恐らく最悪の場合あと1100記事ほどは修正しないといけないかもしれない。ああ恐ろしい恐ろしい....

明日からはしばらく仕事も休めないし土日も仕事だ。今日ある程度なんとかしないといけないのだが、もう体がバキバキでしんどい。

 

こうしてブログに泣き言を吐き出しながらもひとりきりの部屋でギリギリと追い込まれていく感覚がたまらない。たまらないっていうのは気持ちいいとかそういうことではなくて本当につらいという素直な意味で。

さて、気分転換を終えて作業に戻るか......まるで囚人になったような気分だ。

Googleが支配する世界の監獄。 

第五の権力---Googleには見えている未来

第五の権力---Googleには見えている未来

 
スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly