読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]ペヤング チョコレートやきそばギリを喰らう/美味いまずいの概念は忘れろ @kun_maa

巷でゲロマズと評判の「ペヤング チョコレートやきそばギリ」を買ってきました。

星一平ちゃんの「2017新作チョコソース」はどこを探してもすでに売り切れ状態なのか自主回収されたのか全く見かけませんが、ペヤングのチョコレートやきそばはどこのコンビニでも山盛りになって売っていたのでつい出来心。

もともとチョコレート味にあまり偏見がなく、一平ちゃんも昨年のチョコレート味は体験しています。巷の評判ほど悪い印象は持っていません。 

kun-maa.hateblo.jp

さてペヤングのチョコレートやきそばはどうなのでしょう。

一見したところすでに自分がやきそばであることを忘れているかのようです。

なんでシレッと全面チョコレート仕様なのでしょうか。ひらがなの「やきそば」がなければ子供がチョコレートと勘違いして買ってしまいそうです(そんなわけないか)。

f:id:kun-maa:20170124122540j:plain

商品コンセプトが「やきそば × チョレートの新感覚のスイーツペヤング!」って(笑)

どうしてそうなった?

 

気になるカロリーは1食(107g)当たり492kcalとパクチーマックス(107g当たり481kcal)に比べて少し高い程度。2016年版の「一平ちゃん夜店の焼きそばチョコソース」の110g当たり504kcalと同じくらいです。

f:id:kun-maa:20170124122630j:plain

 

チョコレートと化した包装フィルムをはがすと一気にチョコレート感のない面構え。

これでこそカップやきそばです。少し安心しました。

f:id:kun-maa:20170124122719j:plain

 

麺もいたって普通の油揚げめんの細麺です。麺から甘い匂いもしてきません。やった!

f:id:kun-maa:20170124122816j:plain

 

付属品は「やきそばソース」と「後入れかやく」の2つだけ。

「やきそばソース」なんてシンプルな名前のくせに妙な重量感と粘着感がどう考えても普通のソースっぽくなくて不安しか感じません。

「後入れかやく」は色も見た目もお菓子のトッピングだよね。やきそばの「かやく」ってもっとこうキャベツ的なものじゃなくていいのかな。

f:id:kun-maa:20170124122846j:plain

 

熱湯を入れて3分待ったらスッキリ湯切りをして「やきそばソース」をぶっかけます。まだ混ぜてもいないのにチョコレートの甘〜い匂いが立ち込めてきて、ちょっと優しい気持ちになります。

この「やきそばソース」ってちょっと舐めてみたけどほぼチョコレートソース。

f:id:kun-maa:20170124123631j:plain

 

なぜ麺にチョコレートをかけなければならないのかというシンプルな疑問は胸に秘めたまま混ぜ込んでいきます。そう、このブログをよくご覧いただいている方にはお馴染みのアレです。

ペヤやややああああああああああああんんんんんんグゥゥゥぅぅぅぅぅう!

f:id:kun-maa:20170124123718j:plain

 

ちちちちちちちいぃぃぃよぉぉぉぉぉこぉぉぉぉぉれぇぇぇぇぇえええと!

f:id:kun-maa:20170124123720j:plain

 

ふぅうおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉううぅぅぅぅぅふ!

f:id:kun-maa:20170124123722j:plain

混ぜれば混ぜるほど甘いに匂いに包まれて、自分が今作っているものが何のかわからなくなってきて少し混乱します。

まるでお菓子作りを楽しむ少女のような気持ちになってきます。心がウキウキとしてきて気がつくと混ぜる箸を持つ手の小指が上がっていました。いやぁねぇもう♡

 

混ぜ上がりがこちら。主食的な香りは一切なし。スパイシーさも皆無。甘いチョコレートの匂いだけが存在する世界の出現です。

f:id:kun-maa:20170124123807j:plain

 

そこに「後入れかやく」を振りかけます。クルトン的な何かは甘くなくてサクサク、赤い色のはイチゴ風味の甘酸っぱいふりかけ。もはや終末感さえ漂うスイーツの墓場的な貫禄さえ感じてしまいます。ちょっと何を言っているのかわからないと思うけど。

f:id:kun-maa:20170124123850j:plain

 

一口食べてわかる「ギリ」の意味。

麺のやきそば感が「ギリ」で残り、ソースのチョコレート感が「ギリ」で足りない。それでいてむせかえるような甘〜い匂いが嗅覚をギリギリと麻痺させます。

もはや美味しいとか美味しくないという問題ではなく、僕は一体何を食べているのだろうか?と自問する始末。

f:id:kun-maa:20170124123924j:plain

 

さらに冷めてくるとチョコレートソースのベトベト感が目立ち、麺がくっついてしまい、小麦粉と安いチョコレートを混ぜたねちゃっとした団子を食べているのかと錯覚するレベル。

以前食べた「一平ちゃん夜店の焼きそばチョコソース」は不思議な味ではあったけど、「うわー!まずい!」とか「こりゃ食えねー!」ってレベルのキワモノではなくて、一応チョコレート味の麺状スイーツとしてこれはこれでアリだなって思ったものですが、ペヤングのチョコレートやきそばギリはもうなんだかわかりません。

どうせやるなら匂いだけではなくて、もっとチョコレートを濃厚にすればよかったのに......

ただ、僕は完食しましたから。美味しいとかまずいとかそういう概念は忘れて、これは何か違う食べ物なんだと思えば食べられないというほど大げさなものではありません。

f:id:kun-maa:20170124124059j:plain

 

それにしても残念なやきそばです。いや、やきそばとは認めないけど。スイーツとも認めないよ。だからこれは一体なんなんだ。

不思議な食べ物に興味のある方は是非。おすすめはしないけどさ。 

ペヤング ソースやきそば 120g×18個

ペヤング ソースやきそば 120g×18個

 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly