読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]横浜「THRASH ZONE(スラシュゾーン)」はフードメニューなしメタルとハイアルコールなクラフトビールだけのハードコアな店だった @kun_maa

クラフトビール
スポンサーリンク

かなーり前のこと、よく行く北浦和クラフトビールの美味しいお店「BEER HUNTING URAWA」で飲んでいる時に常連のお客さんから教えてもらったことがあり、アメリカンIPAとヘビメタ好きな僕としてはずっと気になっていたお店。

それが今回訪れた「THRASH ZONE(スラッシュゾーン)」というビアバーです。

 

お店は横浜駅「きた西口」から歩いてすぐのところにあります。

パッと見はビアバーに見えず、ケグと「EXTREME BEER ONLY」と光っているアンプが無ければ通り過ぎてしまいそうな雰囲気。

お店の外まで大音量でメタルが流れているのかと思い込んでいたのでちょっと拍子抜けです。

f:id:kun-maa:20161113143946j:plain

 

それにしてもこのロゴマークがとてもかっこいい。

そして土日祝日はお昼から飲めるというのも魅力的。しかも"EXTREME BEER ONLY"ですからね。過激なビールしか置いてねえぜ!ってオラオラな感じがたまらんですな。

f:id:kun-maa:20161113144005j:plain

 

中に入ると細くて長〜いカウンター席があります。ところどころコンクリートむき出しの壁や天井もいい雰囲気。

f:id:kun-maa:20161113144130j:plain

 

メニューはカウンター前の黒板にチョークで書いてあります。こういう飾らない感じもいいっす。...全部英語なのね。

f:id:kun-maa:20161113144114j:plain

 

ビールは全部で15種類。すでに売り切れているものは横線で見え消しになっています。

ああ!「HOP DEICIDE」って飲んでみたかったなあああ。売り切れか...

f:id:kun-maa:20161113145235j:plain

 

ずらっと並んだタップはこんな感じ。

お店の雰囲気にふさわしくほぼ愛想の感じられない店員さんでしたが写真撮影は快く了解してくれました。常連さんとは楽しそうに話していたのできっといい人なんだと思います。僕に対しては最後まで目が笑ってなかったけど。

f:id:kun-maa:20161113144232j:plain

 

立ち飲みスペースはこんな感じ。壁の装飾がTHRASH!!してるよね。かっこいい。

f:id:kun-maa:20161113144145j:plain

 

そして壁面に「THRASH ZONE」の別ロゴ?これもイカしてます。

f:id:kun-maa:20161113144215j:plain

 

まずは「SPEED KILLS」をパイントで。支払いはすべてキャッシュオンです。

このコースターもいいよな。

f:id:kun-maa:20161113144338j:plain

 

これが SPEED KILLS !! グラスに目一杯注がれています。うれしすぎる。

アルコール度数7.8%でございます。

f:id:kun-maa:20161113144608j:plain

松ヤニ系というか針葉樹っぽいアメリカンIPAなアロマとフレーバー。苦味はそれなりにありますがちょうどいい感じ。予想したほど柑橘系っぽさはありませんでした。もっと重たいボディでガツンとくるかとも思いましたが意外と普通にスイスイ飲めて美味しいです。

 

昼飯抜きだったので、何か食べたいなって思ったのですがフードメニューらしきものがありません。他のお客さんも注文してないし...店員さんにたずねたら後ろの方を指差されて「あのナッツだけです(キリッ」って言われました。

 

これがそのナッツ。「FREE SNACK」と書いてありますが横の瓶に「気持ち」を入れましょう。僕は100円で。下のハンドルをクルクル回すとナッツが落ちてきます。

f:id:kun-maa:20161113144200j:plain

 

中身はジャイアントコーンとピーナッツだけ。ジャイアントコーンはあまり好きではないのでピーナッツだけ欲しかったのですがそんな我儘は通じません。

f:id:kun-maa:20161113144954j:plain

 

SPEED KILLS という物騒な名の IPA とナッツだけというシンプルなひとり飲み至福のひととき。

f:id:kun-maa:20161113145002j:plain

 

2杯目は同じくTHRASH ZONE オリジナルの「TSURUYACHO ALE」をパイントで。

f:id:kun-maa:20161113150956j:plain

これはアルコール度数5.0%と控えめなペールエール。

お店のある鶴屋町の名を冠したビールです。SPEED KILLS を飲んだ後だからか、まるで水のように軽く感じます。5.0%とはいえそれ以下に感じてしまうのは危険ですね。

特別に美味しい!というわけではないけれどモルト感もあって意外ときっちりとしたペールエールって印象。そして飲みやすいです。スイスイ喉を流れていきます。

壁のモニターではメタルがいい感じで流れています。音量控えめ。

f:id:kun-maa:20161113145422j:plain

 

そして3杯目は「HOP SLAVE」。オリジナルのW-IPAですね。アルコール度数は9.0%!

表面張力的な状態が素晴らしいです。

f:id:kun-maa:20161113153429j:plain

甘い人工的なチェリーのようなフルーティなアロマとガツンとくる味わいの不思議なビール。苦味もアルコール感もかなりのものです。これだよこれ!

やっぱりこれくらいガツンとこないと"EXTREME BEER"じゃないよねー。

風味は甘く感じるんだけど、実際には甘さはほとんどなくて苦味が心地いい。

ちょっと変わったIPAだなあって思ったんだけど飲んでいるうちにこれはクセになるなあって感じ。そして空きっ腹にズシンときました。

 

そんなわけで今回は3杯で退散。だって腹減ったんだもん。空きっ腹にナッツだけでガツンとくるビールを飲み続けたら死にます。横浜は家から遠いのです。

外はまだ明るいのになんでこんなにいい気持ちなんだ?

f:id:kun-maa:20161113144655j:plain

 

今度は先に何かを食べてからガッツリと飲みに行きます。ヤワな男でゴメンなさい。

関連ランキング:ビアバー | 横浜駅神奈川駅反町駅

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly