読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]人を殺す夢をしばらくみない @kun_maa

雑感
スポンサーリンク

ある時期、人を殺す夢を頻繁にみていたことがあった。

僕には殺したいほど憎んでいる人はいない。僕自身が誰かに殺したいほど憎まれている可能性は否定しないけど。

f:id:kun-maa:20160914221247j:plain

 

もちろん僕は人を殺したことなんてないし、本物の銃だって撃ったことがない。

なんであの頃は人を殺す夢ばかりみていたのだろうと不思議に思う。

 

殺しの方法はたしか3種類くらい。

銃で撃ち殺すこともあれば、背後からナイフで喉を掻き切ることや石で殴り殺すこともあった。

 

さっきから「人を殺す夢」って書いているけど正確にいうと、実は僕が殺していたのはいつも自分自身だったんだ。

死体の顔が自分自身であること知って恐怖で目が覚める。

嫌な汗と喉の渇きと耳の奥に響く動悸。

 

まるで漫画みたいだって思うかもしれないけど本当の話。僕は僕自身を夢の中で何度も何度も殺していた。

夢診断や夢占いの類は全くわからないし、なんだか調べることそのものが怖かったから自分を殺すという夢の意味していたものがなんだったのか今でも僕は知らない。

 

ほとんど忘れてしまったというのに、背後から頭を押さえて首にナイフを滑らせた時の感覚と噴き出す血飛沫、頭蓋骨が石の重みと振り下ろした腕の勢いで陥没する感触は不思議と今でもまるで現実のことのように思い出すことがある。

 

他の誰でもなく自分を殺すということ。

あの頃夢の中で僕が殺したかったものは、壊してしまいたかったものは一体何だったのだろうか。

 

人を殺す夢をみなくなって久しい。

僕はあの夢をみていた頃よりも幸せなのだろうか。少なくとも嫌な汗と恐怖で目が覚めることはなくなった。

 

僕は自分を殺す夢をしばらくみていない。 

君を壊すのは

君を壊すのは

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly