読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]憧れの BREWDOG ROPPONGI でスコットランド発の美味しいクラフトビールを満喫 @kun_maa

鮮烈な柑橘系の香りと爽快な苦味で僕を虜にした「PUNK IPA(パンクアイピーエー)」というビールを造っているのが、スコットランドの「BREWDOG(ブリュードッグ)というクラフトビールのブルワリーです。

僕にとって PUNK IPA は大げさでなくこんな美味しいビールがあるのか!とクラフトビールに目覚めるきっかけとなった特別なビール。

 

そんな BREWDOG のアジア第1号となるオフィシャルバーが六本木にある「BREWDOG ROPPONGI(ブリュードッグ ロッポンギ)」なのです。

f:id:kun-maa:20160903174626j:plain

 

ひとりでクラフトビールを飲み歩くようになって、いつかは行きたいなと思っていたのですがついに先日行ってきました。憧れの BREWDOG ROPPONGI へ。

もちろんひとり飲み。

入口の案内板もステキだ。

f:id:kun-maa:20160903174607j:plain

 

ドアも渋いでしょ。開けると元気よく「こんばんわー」って日本語が聞こえます。

僕が訪れた時は店員さんも客も外国人と日本人が半々くらいな感じで、英語も飛び交ってはいますが、日本語ももちろん通じます。

f:id:kun-maa:20160903211841j:plain

 

案内されたカウンター席に座るや否や注文もせずに、いきなり「お店の中の写真を撮ってもいいですか?」と聞く僕に嫌な顔ひとつせず「もちろん。どうぞどうぞ」と笑顔で答える白人男性の店員さん。憧れの店は以外と敷居が低くて安心しました。

店内のインテリアはいちいちかっこいい。

f:id:kun-maa:20160910152636p:plain

 

店内で交わされる英語と合わさってまるで日本にいるのではないかのようなこのステキな雰囲気に、ビールを飲む前から酔ってしまいそうです。

f:id:kun-maa:20160903182109j:plain

f:id:kun-maa:20160903182118j:plain

f:id:kun-maa:20160903211823j:plain

 

カウンター席の前にはブリュードッグのロゴマーク入りのスッゲーかっこいいタップがずらりと並びます。もうこれだけでも感激。

f:id:kun-maa:20160903174802j:plain

 

その日に飲めるビールは空港ロビーにある出発便案内のようなボードに表示されます。これも見ているだけで飽きないしオシャレだよねー。

ブリュードッグのオリジナルビールは左端の青地に白のバツが目印。それ以外は他のブルワリーのゲストビールです。

f:id:kun-maa:20160903174811j:plain

f:id:kun-maa:20160903174820j:plain

 

まずは Ace of Chinook(エース オブ チヌーク)から。シングルホップセッションIPAだそうです。

サイズは初めてなのでレギュラーにしてみました。

ちなみに BREWDOG ROPPONGI ではグラスのサイズが通常のビールの場合は3種類。

レギュラーが 284ml、ラージが 378ml、ラージに350円追加でUKパイント(586ml)となります。

これに加えてバーレイワインなどの特別なビールにはスモールサイズがあります。

f:id:kun-maa:20160903175643j:plain

エース オブ チヌークですが、穏やかなホップの香りと苦味が特徴的でセッションとはいえIPAっぽくないかなって感じ。苦味の残りはやや長く感じました。それでもセッション系なのでとても軽くて飲みやすいです。印象としてはセッションIPAというよりも美味しいシングルホップペールエールって感じ。ブリュードッグとしてはおとなしいなって思いました。

 

おつまみで最初に注文したのがクラフト枝豆。これがタイ料理みたいで美味しいです。ナンプラーパクチーの風味にピリ辛とくればほぼタイ料理でしょ。

指でつまむと指先がナンプラーくさくなるので、全体を口に含んで外皮だけから入れに吐き出すのがいいと思います。

f:id:kun-maa:20160903175653j:plain

 

こんな感じでゆっくりひとり飲み楽しい。BGMも周囲で交わされる英語もまるで外国でひとり飲みしているみたいで気持ちがリラックスします。

f:id:kun-maa:20160903175742j:plain

 

2杯目は Elvis Juice(エルヴィス ジュース)をラージで。

f:id:kun-maa:20160903181334j:plain

副原料にグレープフルーツとスイートオレンジ、ビターオレンジピールを使ったというIPA。これはもう鼻をグラスに近づけただけで爽やかな柑橘系のアロマで幸せな気分になります。口に含んだ時も苦味より柑橘系のフレーバーが勝る感じで、すごくフレッシュな爽やかさの飲みやすいIPAです。セッションかと間違えるくらいの飲みやすさですがアルコール度数はしっかりIPAしているので飲みすぎ注意ですな。

 

コースターはブリュードッグの「THIS.IS.LAGER.」でした。この日はなくて残念。

f:id:kun-maa:20160903180045j:plain

 

カウンターにいるとどこもかしこもブリュードッグに囲まれてファンにはたまらんです。ああ、今憧れの店で飲んでるんだなあって感じ。

f:id:kun-maa:20160910162325p:plain

f:id:kun-maa:20160903174854j:plain

f:id:kun-maa:20160903174900j:plain

 

つまみの2品目はやっぱりフィッシュ&チップスでしょ。

サイズはフルとハーフがありフルだと大き目のフィッシュフライが2切れだということだったのでハーフにしておきました。

この店のフィッシュ&チップスの正式名称は「Punk IPA vs フィッシュ&チップス」。衣に Punk IPA を使っているんだそうです。

それにしてもフィッシュでかっ!タルタルソースにはアンチョビが入っていてこれがポテトにつけてもフィッシュフライにつけてもすごく美味しい。タルタルソースだけおかわりしちゃいました。

f:id:kun-maa:20160903182749j:plain

 

Elvis Juice との相性もよし。フィッシュフライはかなり油ぎっていたけど柑橘系の爽やかさとIPAの苦味が油っこさを洗い流してくれます。

f:id:kun-maa:20160903182821j:plain

 

3杯目は Bourbon Baby(バーボン ベイビー)。スコッチエールを樽で熟成させたものだそうです。黒に近い焦げ茶色。サイズはラージです。

f:id:kun-maa:20160903184619j:plain

とてもモルト感のあるやや重めのボディ。ブリュードッグといえばIPAって印象でいた僕にはけっこう意外な味わいです。でも勝手に思い込んでいただけで本当は意外でもなんでもないよね。だってスコットランドのブルワリーなんだから。

苦味はそれほど強くなく、モルトの旨味と少しだけ酸味も感じられました。風格を感じるような風味もとてもよくてじっくりと飲みたいビールです。

 

黒つながりで4杯目は Jet Black Heart(ジェット ブラック ハート)にしました。

もちろんラージサイズ。

f:id:kun-maa:20160903191416j:plain

オーツ麦芽を使用し、牛乳から抽出した乳糖を加えて発酵させているスタウト。そしてガスは炭酸ガスではなく窒素ガスを使用しています。つまり有名なギネスビールと同じクリーミーな泡ってこと。お店の人は「間違いなくギネスより美味いと思ってます」って言ってました。その言葉どおり、とてもクリーミーな泡にスッキリとしたシャープな印象の焙煎香が気持ちいい。苦味はあまり感じないけど甘みをふわっと感じるので、まるで高級チョコレートのような風味の美味しいスタウト。

 

そろそろトイレタイムといきますか。トイレは2階。トイレに行く道もおしゃれだよなあ。

f:id:kun-maa:20160903192814j:plain

 

トイレはいたって普通でしたが、手洗いの蛇口がビアタップになってました。

f:id:kun-maa:20160903203421j:plain

 

さてここからアルコール高めに突入します。

5杯目は Hardcore IPA(ハードコア アイピーエー)。アルコール度数9.2%のインペリアルIPAとかW IPAとかってのに分類されるやつですね。

チェイサーも用意してじっくりいただきます。

f:id:kun-maa:20160903194143j:plain

これはとっても僕好み。マンゴーのようなアロマとフレーバーにとびっきりの苦味。これぞ僕の中のブリュードッグのイメージ!って感じ。もちろんアルコール感もけっこうあってかなりガツンとくるけど、すごく美味しくてヤバいやつ。

もっと飲みたくなるのを我慢。我慢。

 

ガツンとくるIPAにはスコッチエッグでしょ。ってことでうずらの卵のスコッチエッグも注文しちゃいました。

f:id:kun-maa:20160903194718j:plain

一個一個のスコッチエッグの下にあるブラウンソースがコクがあって美味しいんですのよ、奥さま!

ボリュームたっぷりだし、こりゃたまらんぜ。

f:id:kun-maa:20160903194809j:plain

 

そりゃこんな感じで楽しくなっちゃうよね。うん、とっても幸せです。 

f:id:kun-maa:20160903194848j:plain

 

Hardcore IPA でかなりいい気持ちになったところで限定ビールを。

6杯目は #Mashtag16(#マッシュタグ16)という Sour Triple IPA を注文。これはアルコール度数10.5%なのでサイズはスモールで。

f:id:kun-maa:20160903201845j:plain

このビールは毎年 BREWDOGがSNSを利用して一般の投票でレシピを作成、醸造するものだそうです。SNSで使用するハッシュタグとビールの製造過程のひとつである麦芽の状態「マッシュ」を掛けている造語がビール名になっています。

BREWDOG のFacebookページでは次のような説明がありました。

「Triple IPA Aged on Oak Chips & Sour Cherries」なんとも複雑なスタイルですが、IPAをもっとも得意とするスタイルのBrewDogならではの4種類のアメリカ産ホップからなる柑橘香、サワーチェリー由来の酸味とオークチップからの深みを持つIPAに仕上がりました。

実際に飲んでみると、特徴のあるモルティなアロマとアルコール感と酸味のあるバーレイワインみたいな感じで、もはや僕のつたない経験の中のIPAという分類は超えています。苦味は確かにそこそこあるけど、爽やかなアメリカンタイプのIPAとは真逆な感じの腐敗防止のためのIPA(飲んだことないけど)って感じ。かなり効きます。

f:id:kun-maa:20160903202955j:plain

 

〆は僕のクラフトビール探索の原点、PUNK IPA をラージで。

f:id:kun-maa:20160903204234j:plain

安心の爽快感と苦味がいつも家で飲んでいるより美味しいのは店の雰囲気も大きいのでしょう。普段よりも美味しく感じます。そして#Mashtag16の後では、なんて爽やかんだろうとしみじみ思います。やっぱりここが原点なんだな。

 

店内にはグッズやビールのショップも併設されています。グラスやTシャツ、マグネットなどけっこういろいろありますよ。欲しいものを持って飲み代の会計の時に一緒に精算すればOKです。

f:id:kun-maa:20160903195623j:plain

僕はグラスとステッカーが欲しかったのですが、ステッカーは売り切れで次回の入荷は11月くらいだそうです。残念!自分用にラージサイズのグラスを購入しました。

f:id:kun-maa:20160903195630j:plain

精算時に「たくさん飲んだから今日だけでかなり埋まりましたよ」ってスタンプカードを作ってくれました。

必ずまた近いうちに行くぜ!って思いました。やっぱり好きです、 BREWDOG ! 

ビジネス・フォー・パンクス

ビジネス・フォー・パンクス

 
ブリュードッグ UKパイントグラス [PUNK IPA] クラフトビアグラス rastal社製

ブリュードッグ UKパイントグラス [PUNK IPA] クラフトビアグラス rastal社製

 
スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly