読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]エベレスト史上最大級の遭難事故がベースの映画「エベレスト 3D(原題:EVEREST)」を観て号泣してしまった @kun_maa

映画
スポンサーリンク

1996年に実際に起こったエベレスト登山史上最大級の遭難事故をほぼ忠実に映画化したという2015年公開のアメリカ、イギリス合作の作品。

 

悲惨な実話に基づくという点と撮影の過酷さ、そしてジェイソン・クラークジェイク・ギレンホールジョシュ・ブローリンキーラ・ナイトレイサム・ワーシントンなど実力派の豪華キャストが揃ったことでも話題なった作品である。

f:id:kun-maa:20160814094627j:plain

 

この作品がこれまでの山岳映画と違うのは商業登山を題材にしている点にある。超人的なアルピニストが自分の限界を超えて過酷な山に挑むという体の作品ではない。

そのため前半と後半の落差が作品を楽しむためにも重要なポイントとなる。

エベレスト登山の概略

世界最高峰のエベレストをはじめとするヒマラヤの高峰は、かつて大規模なチームによる大量の物資と人材の投入を武器としたいわゆる「極地法」と呼ばれる登山法で、次々と難関ルートが踏破されていった。

その後、ラインホルト・メスナーなどの先鋭的な登山家たちによる少人数、無酸素により、固定ロープの不使用やシェルパの支援を受けないで山頂を目指すアルパインスタイルというシンプルで過酷な登山スタイルが脚光を浴び、今でもそのような登山を目指す登山家たちもいる。

 

だがエベレストでさえ商業化が進み、経験豊かな登山家たちの先導とサポートによりルート工作が念入りにされた世界最高峰の頂は、金さえ払えば素人登山家でさえも登攀技術を必要とせずに目指すことができるようになっていたのだ。

この作品のベースとなった大量遭難事故もそんなエベレストの観光登山で発生した。

作品について(ネタバレあり)

実力派登山家のロブ・ホール(ジェイソン・クラーク)が公募によるアマチュア登山家を率いてエベレスト登頂を目指すチームと、同じく実績十分な登山家スコット・フィッシャー(ジェイク・ギレンホール)がアマチュア登山家を率いて同じルートでエベレストの山頂を目指す2つのチームによる出発から悲惨な結末までを見事に描いている。

f:id:kun-maa:20160814094243j:plain

特に前半での商業登山っぷりのお気楽さの描き方がうんざりするほど素晴らしい。僕は若い頃に山を登っていたし、ヒマラヤに憧れたこともあったので特にイラついたのかもしれない。

また、それぞれのガイドやアマチュア登山家の人物像を、ある程度の背景を押さえられる程度にはザックリと描き出しているところは、登山経験者や登山に興味がそれほどない人だと飽きてしまうかもしれないが我慢してじっくりと観てほしい。

 

この前半部分が嫌なくらい軽く描かれ、見方によってはかなり痛烈に商業登山を批判しているからこそ、そしてエベレストの頂に憧れながらも自らの実力と比較することや畏敬の念を持つことを忘れたアマチュア登山家の傲慢さが目立つほど、後半での「デス・ゾーン」(人間が生存できないほど酸素濃度が低い高所)での過酷な状況にのめり込める。

f:id:kun-maa:20160814093805j:plain

 

冷徹に状況判断をしなければならない高所でのほんの少しの判断ミスの連続や、装備やルート工作などの人為的なミスの積み重ねがアマチュア登山家はもちろんのこと、ベテラン登山家までをもどんどん生命の危機に追い込んでいく。

いや、アマチュア登山家のあまりの実力と自覚の足りなさに、どれだけ実力がある登山家でさえもカバーしきれなくなるというのが実態。「デス・ゾーン」において甘えやくだらない感傷は命取りだということを、痛いほど観ている者に思い知らせる激しいシーンの連続。

f:id:kun-maa:20160814093938j:plain

 

そして迫り来る激しい嵐と次々と消えていく命の炎。

僕は途中から涙が止まらなくなってしまった。ラスト十数分はほとんど号泣。嗚咽が止まらなかった。あまりの泣きっぷりに一緒に観ていた彼女に笑われた。

今、こうして作品の感想を書こうと思い出しているだけで目頭に涙がたまってくる。

 

僕のこの感情はなんだろう。同じようにこの映画を観ていた彼女は全く泣かずに僕だけが号泣していたのはなぜだろう。

たぶん僕はこの作品で登山家たちが次々に死んでいくのを、自分の過去に過剰に反映させて混乱したり悔しかたりしたんだと思う。

山に散ってしまった先輩や後輩を思い出し、天候の悪化や不調者を抱えたことでそれこそ泣きそうに悔しがりながら何度も諦めた数々の山頂に思いを馳せ、自分が遭難して死にそうになったときのことを思い出し、もっと全力で登山に集中しなかったあの頃の自分を悔いたり、ヒマラヤへの夢を諦めたことを後悔したり...いろんな感情がぐちゃぐちゃになっしまって冷静に観ていられなかったんだ。

たぶん僕の中で山に対する想いはやりきった感のない中途半端なままで澱のように心の底に沈んだままになっているんだろう。

 

もしかしたら、この作品を観てもあなたは全く悲しくもなく涙も流さずに、自業自得だと斬って捨てるかもしれない。

それでもやっぱり多くの人に観てほしい。

その中にきっと僕みたいに感情を揺り動かされて泣き出す人がいると思うから。そしてその涙は困惑はしたものの決して不快なものではなかったから。

そうやって泣くことでこれからも自分をごまかしていくのかもしれないんだけど。 

エベレスト (字幕版) (2015)

エベレスト (字幕版) (2015)

  • Baltasar Kormákur
  • ドラマ
  • ¥1500
エベレスト (字幕版)

エベレスト (字幕版)

 
スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly