読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]大宮のクラフトビール「氷川ブリュワリー(氷川の杜)」2周年記念パーティーに参加してきたよ @kun_maa

クラフトビール イベント
スポンサーリンク

さいたま市で初めてクラフトビールの製造・販売を行っている氷川ブリュワリーが、2014年の開店から2016年8月6日で2周年を迎えました。

氷川ブリュワリーにはクラフトビール醸造所に併設した「氷川の杜」というブルーパブがあり、僕のクラフトビールひとり飲みの記念すべき最初のお店でもあります。

f:id:kun-maa:20160806155211j:plain

プレス発表編

当日はパーティーに先駆けてプレス発表を店内で行うということで、興味があれば来てもいいよと代表取締役の菊池さんから声をかけていただいたので、混まないうちにお話を伺ったりブログ用の写真を撮ったりできるチャンスと思い行ってきました。

 

もともとはカメラメーカーの技術職として働かれていた菊池さんが、生まれ育った大宮駅東口からの大型商業施設撤退を機に、街が衰退していくことに危惧を感じてはじめたというクラフトビール造り。

自分の生まれ育った地域を代表する名産品としてのクラフトビールにかける熱い想いも随所に感じます。そしてやはり一番は地元愛でしょうか。

f:id:kun-maa:20160806155847j:plain

ただクラフトビールを造って売ればいいというものではなく、美味しいクラフトビールを軸にして、多くの人たちとつながり、地域の中で支え、支えられつつ事業を展開することでまちおこしにつながっていく地域密着型ともいえるクラフトビール事業を目指し、着実に実行されています。

 

それは例えば2周年を記念して、アニメ「浦和の調ちゃん」の次回作となる大宮版キャラクターとのコラボポスターの制作(8月6日から東武アーバンパークラインに掲載されるそうです)。

f:id:kun-maa:20160806160225j:plain

まだ正式には未発表である大宮版キャラクターの初コラボ作品であり、キャラクター名は近々プロデューサーの三澤さんのホームページで発表になるそうです。僕は名前を聞きましたがまだ秘密。

 

そして氷川ブリュワリーのロゴも制作された日本画家「丁子紅子(ちょうじべにこ)」さんによる、氷川ブリュワリーのビールと美人画のコラボ作品。ちなみに丁子さんも大宮出身だそうです。

f:id:kun-maa:20160806161432j:plain

写真がへたくそで絵の質感が全く出せなくて申し訳ないのですが、岩絵の具という宝石の原石を削って作る絵の具を使用しているため独特のキラキラ感があります。

 

手にしているのは氷川ブリュワリーのロゴをベースにした指輪と氷川ブリュワリーのパイントグラスに入ったビールです。

f:id:kun-maa:20160806162609j:plain

 

また、こうしたクリエイターとのつながりの他にも、一昨年から地元さいたま市の協力を得て「見沼グリーンセンター」という試験農園でホップの栽培を行っているそうです。

一昨日収穫を行い約4キロ弱のホップを記念パーティーのために収穫したとのこと。

実際にビールに使うにはまだまだ研究と試行錯誤が必要らしいのですが、この日は天ぷらにして提供してくれました。

f:id:kun-maa:20160806162244j:plain

ホップの天ぷらって初めて食べましたが、意外な軽さとちょうどいい苦味がとても美味しくて定番のおつまみにしてほしいくらいです。

ふきのとうの天ぷらを軽くした感じというとイメージしやすいでしょうか。

f:id:kun-maa:20160806165401j:plain

 

クリエイターさんたちとのコラボ作品については今後のイベントなどでお店に飾ったり、ビールのラベルに使ったりというアイデアも考えておられるようですがまだ未定。

ホップもいずれは氷川ブリュワリーのビールに使いたいという意向をお持ちだそうです。

 

楽しそうに歓談されている菊池さん、三澤さん、丁子さん。こういうところからもどんどんアイデアが出てきてすごいなあって横で楽しく聞いていました。

f:id:kun-maa:20160807154319p:plain

 

いずれの取り組みも今後の実現が本当に楽しみです。菊池さんのお話を伺っていると人や地域のつながりへの熱い想いを感じるとともに、ここでしか味わえないものを大事にしていくことって大事だなあってとても感じました。

これからの菊池さんのご活躍にすっごく期待してますし、もちろん次々と美味しいビールの開発もお願いします。お願いします。大事なことなので(ry

f:id:kun-maa:20160806164839j:plain

「氷川の杜」2周年記念パーティー編

2周年記念パーティーはチケット制です。

事前にFacebookイベントから申し込みをしておくと軽食とハーフパイントで2,000円、当日券は2,500円。

それ以降の飲み物はキャッシュオンでハーフ500円、パイント1,000円でした。

f:id:kun-maa:20160806174258j:plain

 

参加者全員に特製のコースターが配られました。ちょっとうれしい。

f:id:kun-maa:20160806155540j:plain

 

2周年記念の得々チケットというのも販売していてハーフパイント10杯分で5,400円(有効期限2016年9月末)というもの。

僕は真っ先に買ったのでNo.001でした。

最初はよく考えずにこのチケットを使ったのですが、菊池さんのスピーチの中でこれは明日以降に使った方が消費税分お得なんだという話が出てきまして、言われてみればこの日はハーフパイント税込500円で飲めるので、このチケットを使うとその度に40円損してしまいます。

そういうことは買った時とかチケットを使うときにちゃんと説明してよ...って思いました。そう思いませんか?ちょっと考えればわかることか…

f:id:kun-maa:20160806173940j:plain

 

この日用意されたクラフトビールは全16種類。最高かっ!

通常のタップに加えて、イベント用のタップが繋がれていました。

f:id:kun-maa:20160806161617j:plain

f:id:kun-maa:20160806173250j:plain

 

この日のビールは定番のものに加えて、実験的に造られたというシングルホップのビールやホップの配合を変えたという新作ペールエールまで16種類。

メニュー写真ではもれていますが、もう1種類ゴールディングというブリティッシュ系のビールがありました。

f:id:kun-maa:20160806173124j:plain

 

料理は大皿のセルフサービスです。食いきれないほど出てきていたので後半はけっこう食べることに専念しました。満腹満腹。

揚げ豆腐と焼きそばとパスタ、ピクルスが美味しかったです。

f:id:kun-maa:20160806175937j:plain

f:id:kun-maa:20160806175821j:plain

f:id:kun-maa:20160806175815j:plain

 

記念パーティーはそれほど広くない店内に人があふれかえるほどの大盛況。そしてなんとなく漂う穏やかで居心地のいい雰囲気に「氷川の杜」が多くの人に愛されているんだなあって思いました。

美味しいビールを通して、人と人をつなげるスペースとしてのブルーパブという位置付けはとてもうまくいっているんじゃないでしょうか。

 

菊池さんの高校の後輩にあたるというドイツ在住のオーボエ奏者渡辺克也さんの演奏と軽快なトークを楽しんだり。

f:id:kun-maa:20160807163526p:plain

 

ビンゴ大会で盛り上がったり。

f:id:kun-maa:20160807163750p:plain

f:id:kun-maa:20160807163904p:plain

f:id:kun-maa:20160806195712j:plain

 

僕はお店のパイントグラスがほしかったんですけど残念ながらグラスは他の方へ。僕は人形の町岩槻の民芸品が当たりました。なんでもこれがあるとお金が貯まるそうなのでご利益に期待したいところです。

f:id:kun-maa:20160806195253j:plain

当日飲んだクラフトビール

①納涼エール

軽い柑橘系の香りとしっかりとした苦味で暑い季節に飲みたくなるビール。とても飲みやすく僕好みの味わい。香りの爽やかさの割にボディはしっかりとしているので飲み過ぎるとヤバイやつかもしれない。

f:id:kun-maa:20160806162823j:plain

 

②クラフトビーツ

砂糖大根の一種のビーツを使ったクラフトビール。以前飲んだ時はもっと土っぽい感じの風味を感じたのだけど今回はとてもすっきりとした印象。甘みもかすかに感じる程度にはあるのでビールが苦手な人には是非試してほしいビールです。

f:id:kun-maa:20160806165753j:plain

 

③シムコ

シングルホップビール。たくさんあるホップの中からIPAに使われることが比較的多いというシムコーというホップを使ったビール。そのせいか確かにいい苦味があって好きな味。苦味は効いているけどとても軽くて飲みやすいです。夏向きな爽やかさ。

f:id:kun-maa:20160806180303j:plain

 

④アマリロ

これもシングルホップビール。使われているのはアマリロホップ。これもIPAやウィートペールエールによく使われているホップだそうです。少しクセのある香りと苦味。パッションフルーツのようなフルーツ系の香りが口に残ります。フルーティーなビールが好きな人にはいいかもしれません。僕はシムコの方が好きだけど。

f:id:kun-maa:20160806180828j:plain

 

⑤カスケード

実験的に造られたというシングルホップシリーズの最後です。よく耳にするカスケードホップを使用したビール。飲みなれた柑橘系の香りと苦味がIPAの味わいに似て美味しい。3種類のシングルホップの中では一番好きな味わい。苦味はけっこう強めでそこがまた魅力でもあります。

f:id:kun-maa:20160806182517j:plain

 

ゴールディング

ブリティッシュ系のビールなんですよってお店の人に教えてもらったけど、ブリティッシュ系がどんなビールなのかわからないと言えずに「へえー」って知ったかぶってしまってごめんなさい。でもブリティッシュってことはエール系なのは間違いないよね。

アメリカンペールエールのような柑橘系の爽やかな香りはないけど、旨味と落ち着いた風味のあるゆっくりと味わいたい感じのビール。

f:id:kun-maa:20160806183904j:plain

 

⑦ポーター

ブリティッシュつながりで飲んでみました。氷川ブリュワリーで飲む初ポーター。ボディのしっかりとした本格的なポーター。焙煎香が鼻に抜けてとても美味しい。肉が食いたくなりました。

f:id:kun-maa:20160806191934j:plain

 

⑧ペールエール

以前のペールエールが好きだったので、ホップの組み合わせを変えた新しい味わいを体験したくて注文。軽い飲みやすさはそのままに、香りも苦味も以前のものより良くなっている感じがします。これは僕好みで美味しいです。

f:id:kun-maa:20160806194640j:plain

 

⑨氷川の杜~Hana~(酵母マシマシ)

すでに新顔は全て堪能したので、最後の一杯は何か酵母マシマシができるやつにしました。ちなみに酵母マシマシはメニューには書いてありませんが、その日の樽のビールの状況によって樽底の酵母をビールに追加して飲めるんです。最後の一杯なのでパイントで。小さなグラスの方は飲み比べ用に通常の状態のHanaが入ってます。

パイントグラスでマシマシした酵母のつぶつぶが浮いているのがわかりますか。

f:id:kun-maa:20160806201248j:plain

酵母マシマシをすると旨味と香りがグッと強まり濃厚感がたまりません。ビール酵母だから体にもいいしさ。機会があったらお店の人にマシマシできるビールがあるか聞いてみるといいと思います。

f:id:kun-maa:20160808074256j:image

 

ということで氷川ブリュワリーの2周年記念パーティーのレポでした。

これからも微力ながら応援したいぜ!って思わせてくれるアットホームで美味しいビールが揃っているブリュワリー&ブルーパブです。またお邪魔します!

 

(´-`).。oO(ブログ書きの集まりでもないのにブロガー名刺をけっこう配ってしまった。クリエイターの方や役所や金融関係、大学教授まで手元に残ったちゃんとした名刺を見て今さら震えてる。みなさん読んでくれてますか?)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly