読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]1年ぶりに復活の「ペヤングソースやきそば超大盛」を喰らう @kun_maa

2014年の異物混入問題が原因で、生産・販売を休止していた「ペヤングソースやきそば超大盛」が11月末から販売再開されています。

販売再開の件は知っていたのですが、なかなか出会えずにようやくふと立ち寄ったコンビニにで念願のご対面。

実は販売休止前にも食べたことがなかったので、今回が初実食となります。

「超大盛」と名前についているだけあってデカイです。

f:id:kun-maa:20151219123011j:plain

 

普通サイズのペヤング激辛やきそばと比べても2倍の大きさ。バカじゃないの?

f:id:kun-maa:20151219123044j:plain

 

縦横の幅が2倍でも厚さが違うんじゃないの?って思って比べてみたら、しっかり同じ厚みでした。いやいや、おかしいでしょ、この大きさは。

f:id:kun-maa:20151219123104j:plain

 

開けてみると、中には2玉分の麺が入っていました。パッケージの大きさだけじゃなくて本当に2倍なんだね。そりゃ超大盛だよね。

コレステロール値が異常な人が食べても大丈夫かな...自分で自分を殺す気か?

f:id:kun-maa:20151219123352j:plain

 

デカさが2倍でも作り方は同じで3分で完成。ただ、熱湯量が 820ml とハンパない。

f:id:kun-maa:20151219123307j:plain

 

かやくとかソースの量も普通より多めかな。あんまり変わらないような気もするけどたぶん気のせい。スパイスと青海苔は明らかに足りないよね。手抜きですか?

f:id:kun-maa:20151219123412j:plain

 

かやくを麺の上にぶちまけてから、熱湯を 820ml 注いで3分待って出来上がり。

湯切りの時は、いつもより重たいからぶちまけないように慎重にね。

f:id:kun-maa:20151219124246j:plain

 

特製ソースと青海苔とスパイスをふりかけてよく混ぜ込んでいきます。量が多くても混ぜる手間が2倍になるということはないので安心してください。

f:id:kun-maa:20151219124409j:plain

 

ふぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおおお!なーに、こんなのチョロいもんですよ。

f:id:kun-maa:20151219124429j:plain

 

あっという間に混ぜ上がりました。「混ぜ上がる」って日本語として正しいのだろうか?後ろに置いたマグカップと比べてもらうと、その大きさがよくわかりますね。

イカレてるでしょ。

f:id:kun-maa:20151219124537j:plain

 

麺は少し硬めのちぢれ麺。

特製ソースが良く絡みついていて、ペヤングの懐かしい味がしました。よく考えたらペヤング久しぶりだもん。

f:id:kun-maa:20151219124602j:plain

 

それにしても量が多いです。

ラーメン店のメニューならこれくらいなんてことないとは思うのですが、こいつの場合は味が単調なんで飽きちゃうんですよね。

このくらいまで食べたところで、かなり満足感があります。簡単に言うと腹いっぱい。

f:id:kun-maa:20151219125222j:plain

 

ちゃんと最後まで食べました(写真は汚らしいのでやめましたが)。

胸焼けといつまでも続くソースの香りのげっぷで少々弱りました。

認めたくはないけど、もう歳なんでしょうか。

 

ちなみに、カロリーは1食(237g)当たり 1,081kcal !なんと驚異の1,000kcal 超えです。さっき比較した激辛やきそばのカロリーは、1食(118g)当たり 556kcal なのでこの比較でもわかる驚きのハイカロリーでした。

f:id:kun-maa:20151219123151j:plain

 

完食した僕のコレステロール値はガーンと跳ね上がって、寿命が1年くらい短くなったような気がします。

美味しくて、とってもボリューミーなところが魅力的だけど、中年以上の人は1人で食べないほうが無難だぞ! 

 

ああ、なんかちょっとめまいが... 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly