[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]住民票の住所でマイナンバー通知カードを受け取ることができない人は「やむを得ない理由」と手続きが必要 @kun_maa

いろいろな問題をはらみながらも(ここでは触れませんが)、いよいよ2015年10月5日から順次、個人ごとに12桁の「マイナンバー」が記載された「通知カード」が住民票のある住所地に簡易書留で送付されます。

f:id:kun-maa:20150909192728j:plain

でも、様々な理由から住民票を移動させずに、別の住所に住んでいる方もいるでしょう。僕が真っ先に思い浮かんだのは、DV被害者や毒親からの自立を目指している人、ストーカー被害者の方たちです。

現在の住所が、住民票から辿られると危害が及ぶような場合には住民票は動かさずに引っ越しますよね*1

でも「マイナンバー」が記載された「通知カード」は、住民票のある住所に送られることになっています。

これをそのままの状態にしていると困ったことになります。自分の手元に「マイナンバー」が届かないばかりか、場合によっては、大事な「マイナンバー」を知られたくない相手に知られてしまうことにもなりかねません。

もちろん、行政側もそのような不都合な場合への対応を用意しています。

もちろん行政の示す条件に理由が合致して、期間内に手続きをした人に対してはということです。だから、該当する人は手続きが必要!

 

正確には、総務省は報道発表資料で次のように示しています。

居所情報の登録手続きの概要

  • マイナンバーが記載された通知カードは、住所地の市区町村長が、番号利用法施行日(平成27年10月5日)において現に住民基本台帳に記載されている者に対して送付することとなっている。
  • 通知カードは、住民票の住所に簡易書留で郵送されるため、住民票の住所と異なるところ(居所)に居住している方は、居所のある市区町村へ住民票を異動していただくのが基本。この旨、政府広報等で周知・広報に努めているところ。
  • しかしながら、東日本大震災被災者、DV・ストーカー行為等・児童虐待等の被害者、一人暮らしで長期間医療機関・施設等に入院・入所している者で、住所地において通知カードの送付を受けることができない者については、居所を登録してもらうことで、当該居所に通知カードを送付することとするもの。

具体的に、どのような理由が認められるかというと「登録対象者」として、次のように示されています。ポイントは「やむを得ない理由」により「住所地で通知を受け取れない」という部分ですね。

登録対象者

  1. 東日本大震災により被災し、やむを得ない理由により、居所へ避難していて、住所地において通知カードの送付を受けることができない者
  2. DV等被害者であり、やむを得ない理由により、居所へ移動していて、住所地において通知カードの送付を受けることができない者
  3. 番号利用法の施行日以降、長期間にわたって医療機関・施設等に入院・入所することが見込まれ、かつ、入院・入所期間中は住所地に誰も居住していないため、住所地において通知カードの送付を受けることができない者
  4. 上記1〜3に掲げる者以外の者で、やむを得ない理由により、住所地において通知カードの送付を受けることができない者

と限定的に示されています。さすがに何でもかんでもって訳にはいかないですね。

「やむを得ない」と住民票のある市区町村で認められる理由でないとダメです。

 

そして、この登録申請がまためんどくさい上に期間が限られているので、該当する人はしっかりと申請手続きを済ませなければなりません。

登録申請の方法

  1. 居所情報登録申請書を手に入れます。申請書は近くの市区町村、総務省のホームページ(通知カードの送付先に係る居所情報登録申請書)、相談機関等(配偶者暴力相談支援センター、警察署、法テラスなど)で入手またはダウンロードが可能です。
  2. 申請書に、氏名、居所、やむを得ない理由などの情報を記入。
  3. 添付書類を準備。添付書類は、①居所情報登録を行う者の本人確認書類(運転免許証など)、②居所情報登録を行う者が居所に居住していることを証する書類(公共料金の領収書など)、③代理人申請の場合は、代理人の代理権を証明する書類(委任状など)、代理人の本人確認書類(運転免許証など)
  4. 申請書と添付書類を、住民票のある市区町村(政令指定都市の場合は区役所)に持参または郵送
  5. 登録期間:平成27年8月24日(月)〜9月25日(金)※持参または必着

この手続きについての問い合わせは、住民票のある市区町村か「マイナンバーコールセンター」(電話番号 0570-20-0178 ※ 土日祝日を除く9:30〜17:30)にすることになっています。

もう、あまり期間もないですし、周知もそれほど熱心にされているような気がしないのですが、大切なことなので該当すると思われる方は手続きをお忘れなく。

この申請手続きも含めて、マイナンバー制度に関しては、下記の総務省ホームページをよく確認されることをおすすめします。

マジで「え〜知らなかったよ」じゃ済まない大事なことなので。

総務省|マイナンバー制度と個人番号カード|マイナンバー制度について

企業に求められる対応をやさしく解説マイナンバー制度の実務と業務フローがわかる本

企業に求められる対応をやさしく解説マイナンバー制度の実務と業務フローがわかる本

 
みんなが知りたかった!  マイナンバーで損する人 得する人 (みんなが知りたかった! シリーズ)

みんなが知りたかった! マイナンバーで損する人 得する人 (みんなが知りたかった! シリーズ)

 
これだけは知っておきたい マイナンバーの実務 (日経文庫)
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly   

*1:DV等被害者の方は、転入した市区町村に対して「DV等支援措置」を申し出てください。申出により「DV等支援対象者」となった場合には、ご自身の転入先の新しい住所について、加害者が「住民基本台帳の一部の写しの閲覧」、「住民票の写し等の交付」及び「戸籍の附票の写しの交付」の請求によって知ろうとしても、これらの請求を制限する措置が講じられます。