読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]ネパール料理とクラフトビールの組み合わせが珍しい「ヒマラヤテーブル」(神田)/また行きたくなるお店 @kun_maa

クラフトビール

大学時代の友人に誘われて、久しぶりに都内に出ました。場所は神田。神田で飲むのは初めてという田舎者なのはあなたと私だけの秘密です。

JR神田駅西口から徒歩2〜3分。飲食店がたくさん入っている雑居ビルの2階にその店はありました。名前が「Himalaya table(ヒマラヤテーブル)」。

f:id:kun-maa:20150502184126j:plain

スポンサーリンク

A「ヒラヤマって10回言って!」

B「ヒラヤマ、ヒラヤマ、ヒラヤマ・・・・」

A「世界で一番高い山は?」

B「ヒマラヤ!」

A「ブー!エベレストでした」などという懐かしい言葉遊びを思い出しました。あれ?僕だけですか?そうですか。

久しぶりのネパール料理ということで、どんな雰囲気のお店なのかなあと思っていたら、まったくネパールっぽくなく入りやすいおしゃれなカフェ風の店内でした。

てっきり薄暗くて、お香の匂いが漂い、インド系の顔立ちの店員がすり寄ってくるようなヘビーな感じのお店を想像していたので拍子抜けしたというかちょっとホッとしました。

僕たちが訪れた日は午後3時からの営業で、連休前に売り切るためということで、クラフトビールが通常価格よりもお得な全品ハーフ500円、パイント800円というキャンペーン中でした。

日本にあるネパール料理やインド料理、タイ料理なんかでもそうですが、アジア系料理のお店って必ずその国のビールがあるじゃないですか。

このお店のおもしろいところは、そういうエスニック系のビールは置いてなくて、全品クラフトビール。しかも日によって提供する種類が違うというところです。

この日のラインナップは次の8種類のクラフトビール

箕面スタウト

②富士桜高原シュバルツヴァイツェン

③うしとら#016ふつぅ〜のIPA

④Yマーケット クレセントライト

⑤うしとら#015ディアーサミット

⑥ベアレン  ライ麦ビール

⑦伊勢角  柚子の香エール

⑧ロコビア ジェネラルウィンター

ところが、ところがです...昨日は僕が仕事だったためにヒマラヤテーブルに着いた時は既に19時近くになっていました。

お店に入った途端に店長さんからビールの残りがあと3種類になってしまっているけど大丈夫ですか?とのお言葉が( ꒪⌓꒪)ガーン

とりあえず、僕は残っている3種類の中から「柚子の香エール」を、友人は「富士桜高原シュバルツヴァイツェン」をハーフで注文。

お通しのパパド(ネパールやインドでよく食べられているちょっとスパイシーなせんべいです)をパリパリ食べながら、ビールを待ちます。

f:id:kun-maa:20150503102548j:plain

店内はカップルや女性客が多くて野郎二人っていう方が珍しい感じ。それだけシャレオツ(死語か)ってことですね。ネパール、インド系の怪しさ0の明るい雰囲気でフレンドリーなお店です。

これが「柚子の香エール」。とてもフルーティーで飲みやすいビールです。

グイグイいけます。

f:id:kun-maa:20150502184908j:plain

こちらが、友人が注文した「富士桜高原シュバルツヴァイツェン」と、僕がつまみとして注文した「カシューナッツ・パコラ」(カシューナッツをレンズ豆の衣をつけて揚げたもの)です。シュバルツヴァイツェンはちょっと薄い感じの黒ビールって感じ。こちらもちょっとフルーティないい香りがします。これも飲みやすいな。

f:id:kun-maa:20150502184917j:plain

他に注文した料理は、ネパールに行った時によくビールのつまみとして食べたネパール餃子の「モモ」。

f:id:kun-maa:20150502190640j:plain

マトンカレーとチャパティ

f:id:kun-maa:20150502195902j:plain

写真を撮り忘れたんだけど、ネパール風の春巻き。

どれもとても美味しくて、もう20年も前に行ったネパールを思い出しました。

そして、クラフトビールとネパール料理の相性って抜群ですね。これは新発見です。

ということで、ネパール料理と最初の1杯のビールをちびちびと楽しんでいるうちに、お店のクラフトビールの樽はどんどん空になり、残されたビールは「箕面スタウト」のみとなってしまいました。

ああ、もう1杯「柚子の香エール」が飲みたかったな...と思いましたが後の祭り。

あるものを飲むしかねぇってんで、箕面スタウトをパイントで1杯ずつ注文しました。

f:id:kun-maa:20150502190433j:plain

1パイントってUKパイントだと568ml、USパインとだと473mlなんですが、たぶんこの店はUKパイント(お店の人に聞くの忘れた)。

箕面スタウトってけっこう聞いたことあるから有名なんでしょ?

僕は初めて飲んだんだけど、かなり飲みやすい黒ビールで珈琲っぽい香りがします。

アイスコーヒー気分でグイグイいけちゃうので危険ですな。

ということで、ネパール料理をちょっととクラフトビールを3種類だけ堪能しましたが、やはりこれだけでは物足りないので、今度は早めに来てぜひたくさんのクラフトビールとネパール料理を味わいたいと思います。

今回僕らは野郎2人で来ましたが、女性同士や、デートで使ってもいいお店だと思いました。

関連ランキング:ビアバー | 神田駅新日本橋駅淡路町駅

スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly