[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]Kindle本GW(ゴールデンウイーク)セール開催で60%以上オフとかなりお買い得になってるという罠 @kun_maa

Kindleストアではちょこちょことセールをやっていましたが、久しぶりに大幅割引のセールなんじゃないでしょうか。

f:id:kun-maa:20150425185829p:plain

スポンサーリンク

今回のGW(ゴールデンウィーク)セールの対象本は2,346冊、すべて60%オフ以上の割引となっています。

しかも、その本が欲しいかどうかはとりあえず置いとくとしても99円の本なんてのも登場していますから、いろいろチェックしてみると楽しいと思います。っていうか僕は楽しかったです。また未読本が増えちまったよ(・д・)チッ

2,346冊を表示されるままに見ていくのもいいですが、今回はちゃんと4つにジャンル分けしてくれているので、ある程度絞って探したい人にとっては助かります。

f:id:kun-maa:20150425190213p:plain

それぞれのジャンルと対象本の数は次のとおり。

文学・評論  206件

ビジネス・経済  291件

趣味・実用  242件

コミック  268件

あれ?全部足しても1,007件しかないぞ。全部が分類されているわけではないようです。

それでは僕が気になった本、買ってしまった本を10冊ご紹介。

①雨の日も、晴れ男(416円/68%オフ)

ある日、二人の幼い神のいたずらで、不幸な出来事が次々に起こる会社員アレックス。
リストラされても、詐欺に遭っても、見知らぬ男に殴られても、妻が子供と出ていっても――どんなにつらいことがあっても明日に希望を持てる、人生で一番大切な事は何かを教えてくれる「笑えて」「泣けて」「タメになる」エンターテインメント小説。 

雨の日も、晴れ男

雨の日も、晴れ男

 

②ほんとうはいないかもしれない彼女へ 第1回 本にしたい大賞受賞作(432円/67%オフ)

深夜のレンタルDVDショップで出会った少女―ルイ。知れば知るほど、彼女は遠ざかり、幻になっていく―。ルイとはいったい誰なのか?彼女はほんとうにいるのか?新しい純愛を描く切ないラブストーリー。第1回「本にしたい大賞」受賞作! 

コーチングのプロが教える 「ほめる」技術(180円/82%オフ) 

コーチングの基本図書として2002年の刊行以来、読み継がれてきたロングセラーが電子書籍となって登場。
「部下が思うように動いてくれない」「子どもが言うことをきかない」「チームのモチベーションが上がらない」……そんな悩みを解消するアクノレッジメントの手法をやさしく解説。ほめる、認める技術をマスターして、人を動かす人になる!  

コーチングのプロが教える 「ほめる」技術

コーチングのプロが教える 「ほめる」技術

 

NHKテストの花道 勉強力がぐんとアップする合格ノート術(320円/69%オフ)

NHK Eテレテストの花道』で放送され大反響があった“花道流ノート術”がこの一冊に。「これだけは押さえておきたい、ノート術・3つの基本」「キミのノートに革命を起こす、ノート術・3つの種」など、ノート力がぐんとアップするノウハウをご紹介。また、番組でもおなじみ、東大や早稲田、慶應などの現役大学生「花道の先輩」のオリジナルノートもたっぷり掲載しています。「ノートをあまり活用できていない」「頑張っているのに成績が上がらない」「絶対、志望大学に合格したい」という高校生はもちろん、高校受験を目指す中学生、資格・昇進試験を目指すビジネスマンなども必読のテクニックが満載です!  

NHKテストの花道 勉強力がぐんとアップする合格ノート術

NHKテストの花道 勉強力がぐんとアップする合格ノート術

 

⑤デキる人の敬語の正しい使い方(139円/91%オフ)

元NHKアナウンサーが教える、使える敬語とは!? 
なぜ!? 敬語を使う人は成功するのか!? 

「あなたは、何のために敬語を使うの?」と 
問われたら、何とお答えになりますか!? 

そうです。 
「敬語は、自分のために使うものです。」 


では、敬語には2つの大きな働きがあるのはご存知でしょうか。 

● 相手に気持ちよく動いてもらう為に使う敬語 

● 自分の品位を保つ為に使う敬語 

では、どのように敬語を使えば、 
男らしく女らしく品位が持てるのだろうか。 

昨今ネット社会の影響で敬語の魅力と必要性が再確認されています。 
敬語に自信がない人から、平均的知識がある人まで、 
日常生活や仕事など場面に応じた敬語の使い方を紹介いたします。 

デキる人の敬語の正しい使い方

デキる人の敬語の正しい使い方

 

⑥世界中で危ない目に遭ってきました(408円/69%オフ)

イギリスで黒人のドアマンに襲われかけ、インドで旅行代理店に軟禁され、ニューヨークでマフィアの危ないバイトを手伝うことになり、タイのゴーゴーボーイで衝撃のステージを目撃し、ベトナムでは逮捕されそうになる。
「もうお嫁には行けない」ようなエピソードを惜しげもなく放出した、刺激的かつ楽しく笑える1冊です。 

世界中で危ない目に遭ってきました

世界中で危ない目に遭ってきました

 

⑦お笑い芸人に学ぶ ウケる!アイデア術(360円/74%オフ)

人はだれでも、何らかのアイデアを必要としています。新企画や事業を立ち上げたいビジネスマン、勉強の効率を上げたい学生、家庭をうまく切り盛りしたい主婦……さまざまな場面で、問題を解決するためのアイデアが必要でしょう。その手段として、本書では「大喜利思考による発想術」を提案します。お笑い芸人がお題に対して面白い答えを出し合う「大喜利」の仕組みを勉強し、それをアイデア発想のヒントに応用。なぜお笑い芸人は、あり余るほどの面白い発想を生むことができるのか? その思考過程を解き明かすとともに、一般の私たちがアイデアを出す方法を見つけていきます。仕事でアイデアを出す立場にいる人、日常生活をより良く過ごしたい人、アイデアを出したいけど出し方が分からない人など、多くの人が本書を活用することで、面白い発想がどんどん浮かび、人生がより豊かになること請け合いです! 

⑧「結果を出す人」はノートに何を書いているのか(299円/80%オフ)

なぜ同じことを経験しているのに、きちんと身につく人と、そうでない人とで違いが生まれるのでしょうか。結果を出せる人と出せない人の違いは、ずばり「ノートの使い方」にあるのです。学んだことを確実に成果へとつなげるには、ノートに「経験」を「記録」し、ためていくこと大切です。
自分の「学び」は、ネットでは検索できません。自分固有の経験を積み上げていくには、「ノート」に書く必要があるのです。経験をためようとしない限り、同じ失敗を繰り返すもの。学んだ気になっているだけで、いつまでたっても自分の実力にすることができません。本書では、メモノート、母艦ノート、スケジュールノートを組み合わせた「3冊ノート術」や、「予想・実行・結果」の3段階記録法など、成果につながる実践的なノート術を、読んですぐマネできるように、多数の写真や図版を掲載しながら紹介します。会議・企画・時間管理・出張などの「仕事ノート」から、勉強・読書・セミナーなどの「自己投資ノート」まで、すぐに使えるハックが満載です。 

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)

 

バンコク 裏の歩き方(480円/69%オフ) 

本書はバンコクの通による裏のガイドブックである。市販のガイドブックには決っして載ることのない衝撃の「裏事情」を、濃すぎる視点で紹介。
本書を片手に夜のバンコクにどっぷり浸るも良し、マニアも仰天する脱力B級スポットを巡るも良し、デンジャラスなバンコクのアングラ地帯に潜入するも良し……本書を読めばさらなるタイの魅力を発見できるはずだ。  

バンコク 裏の歩き方

バンコク 裏の歩き方

 

⑩乱読のセレンデピティ(300円/70%オフ) 

一般に、乱読は速読である。それを粗雑な読みのように考えるのは偏見である。ゆっくり読んだのではとり逃すものを、風のように速く読むものが、案外、得るところが大きいということもあろう。乱読の効用である。本の数が少なく、貴重で手に入りにくかった時代に、精読が称揚されるのは自然で妥当である。しかし、いまは違う。本はあふれるように多いのに、読む時間が少ない。そういう状況においてこそ、乱読の価値を見出さなくてはならない。本が読まれなくなった、本ばなれがすすんでいるといわれる近年、乱読のよさに気づくこと自体が、セレンディピティであると言ってもよい。積極的な乱読は、従来の読書ではまれにしか見られなかったセレンディピティがかなり多くおこるのではないか。それが、この本の考えである。乱読によって思いがけないものを発見する能力〈セレンディピティ〉が起こることを教えてくれる。 「本は身ゼニを切って買うべし」「知識と思考」など、「知の巨人」が思考を養い人生が変わる読み方を伝授 !  

乱読のセレンディピティ (扶桑社BOOKS)

乱読のセレンディピティ (扶桑社BOOKS)

 

 

以上、10冊ピックアップしてみましたが、ほかにもおもしろそうな本がけっこうあるので買いすぎない程度にいろいろ見てみるのが楽しいですよ。

【60%OFF以上】Kindle本GW(ゴールデンウィーク)セール

スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly