読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]昔ながらの中華そば屋「大勝軒 武蔵高萩店」でチャーシューワンタン麺を喰らう @kun_maa

たぶん多くの人は行く機会がないかと思いますが、JR川越線の武蔵高萩というローカルな駅の隣に、中華そば・ワンタン専門店の「大勝軒 武蔵高萩店」がひっそりと建っております。こんな片田舎に(失礼!)あるけれど、このお店なかなか美味しいのです。

f:id:kun-maa:20150407151912j:plain

スポンサーリンク

店の雰囲気は完全に昔ながらの中華そば屋で、おじさんとおばさんの夫婦二人で切り盛りをしています。

どこにもお店のルールは書いてありませんが暗黙の決まりごとがあります。

ひとつは店内が満席のときは、黙って自主的に外で席が空くのを待つこと。

もうひとつは、おばさんが水を持って席にきたときに注文をすること。おばちゃんが来る前に注文しても正式にオーダーは入りません。おばちゃんがおじさんに発注して初めて注文が成立します。

僕も最後に来たのが2年以上前だったので、ルールを忘れて危うくおばちゃんが来る前に注文するところでした。

しばらくこないうちにメニューが全部50円ほど上がっていました。メニューは相変わらず同じものしかありませんでしたけど。

f:id:kun-maa:20150407145205j:plain

かなり腹減りだったので、チャーシューワンタン麺を注文!

片田舎にあっても(失礼again!)大勝軒だけあって大盛りはかなりの量なので、とりあえずやめておくのが無難です。

待つこと約10分。チャーシューワンタン麺が キタ━(゚∀゚)━!!!!!!!

f:id:kun-maa:20150407150105j:plain

とりあえず丼がデカイです。だから、目の前に置かれるとけっこう迫力があります。

こんな感じで迫ってきて、圧迫感があります。そしてふわっと香る節系の出汁の香り。

f:id:kun-maa:20150407150110j:plain

麺は柔らかめの中細麺です。熱々のスープがよく絡んでとても美味しいんです。

f:id:kun-maa:20150407150152j:plain

大きめのチャーシューが4枚入っています。柔らかくてジューシーな肉質。なんか昔食べたときより美味くなってないか?って思いました。

以前は、もっとパサついた感じがしたのですが気のせいかなあ。

シンプルに美味しいです。

f:id:kun-maa:20150407150217j:plain

卵は味玉じゃなくて普通のゆで卵ね。なーんだ、ゆで卵かよって思ったでしょ?

ところがスープを絡めると美味しいんですよ、これが。

f:id:kun-maa:20150407150442j:plain

ワンタンはたくさん入っていて数えるのは無理。皮がプリプリで美味しいワンタン。

具は少なめなのでいくらでも食べられる感じがします。

今度来たときは、ワンタン大盛りとか注文してみようかな。

f:id:kun-maa:20150407150310j:plain

メンマがまた昔風なのよ。メニューに支那竹(メンマ)って書いてあるけど、まさに支那竹!なんか年季を感じる美味しさ。

f:id:kun-maa:20150407150435j:plain

スープはすっきりとしていて、鰹節や煮干しの風味に鶏ガラも感じるシンプルでとても懐かしい「THE中華そばのスープ」って感じのスープです。

あっさりとしているんだけど、出汁の旨味はしっかりと効いているという飲み干さずにはいられないスープ。

f:id:kun-maa:20150407151339j:plain

もちろん完食です。

f:id:kun-maa:20150407151722j:plain

久しぶりに食べたけど、前より美味しくなっている感じがして大満足でした。

食べながら写真を撮っている僕をときどきチラ見してくる店のおじさんにいつ怒られるかとちょっとドキドキしましたが、怒られることもなく無事食べ終わりました。

今度はワンタンをガッツリ食べにきます!満足の一杯ごちそうさまでした!

スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly