読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]浅草地下街のタイ屋台料理「MONTEE(モンティ)」/本場の味と雰囲気が味わえるホントは内緒にしたいお店 @kun_maa

タイ料理

浅草駅の地下に広がる「浅草地下街」にその店はある。

f:id:kun-maa:20150212105231j:plain

スポンサーリンク

え?こんなところにタイ料理があるの?って場所に小汚ない(失礼!)ながら、本場のタイの味を提供してくれる貴重なお店「MONTEE(モンティ)」がある。

f:id:kun-maa:20150212105047j:plain

周囲はこんな感じで、気取らない雰囲気がとても落ち着く。

f:id:kun-maa:20150212113923j:plain

もちろんモンティも周囲の雰囲気に溶け込んでいるだけあって、もろにタイの屋台の雰囲気だ。よくてもタイの大衆食堂レベル。この雰囲気がたまらない。

f:id:kun-maa:20150212120100j:plain

お店とは全く関係のないタイ語の張り紙が雰囲気を出しまくっている。

ここはタイか?タイなのか?

f:id:kun-maa:20150212113644j:plain

営業時間は看板のとおりだが、お昼ご飯をすぐに食べたいのなら11:30すぎにはお店の前に並ぶことをおすすめする。

この店、座席数が少ない上に意外と(失礼again!)人気店なのだ。

f:id:kun-maa:20150212113705j:plain

開店と同時に満席となり、外には行列ができる。

f:id:kun-maa:20150217195733p:plain

タイ人親子3人でやっている小さなお店なので、こればかりはしょうがない。

客スペースだけではなく、キッチンもとても狭い。でも快く写真を撮らせてくれた。

f:id:kun-maa:20150212123634j:plain

そして、注意しなければいけないのは「お子様厳禁」である。

これは、別にお店の人が子供嫌いとかそういうことではないと思う(たぶん)。あくまでも店内のスペースの問題なのだ。だってホントに狭いんだもん。

f:id:kun-maa:20150212114825j:plain

今回注文したのは、スコータイ風ラーメン(クィティオ・トムヤム・スコータイ)、蒸し鶏のタイ風炊き込みごはん(カオマンガイ)、そしてお店の名前を冠したバミーモンティ(モンティ風ラーメン)の3種類。

タイなら1品の量が少ないので、3種類くらいの料理はペロリと平らげるがここはタイ空間が広がるものの日本である。ちょっと頼みすぎたかもしれない。

店内はこんな感じで、完全にタイなので感覚がちょっと狂う。日本語も通じるがもちろんタイ語で注文できるので気分はすっかりタイ気分だ。

f:id:kun-maa:20150217201135p:plain

クィティオ・トムヤム・スコータイ(680円)

米の麺を使ったトムヤム味の辛いスープのラーメン。パクチーやもやしもたっぷり入っていてとてもおいしい。ただし、けっこう辛いので辛いのが苦手な人は要注意。

f:id:kun-maa:20150212121444j:plain

味付けは完全にタイである。日本人向けにアレンジしていないところが大好きだ。

クセになる辛さと味付け。これはタイ好きにはたまらん一品だ。

f:id:kun-maa:20150212121449j:plain

カオマンガイ(780円)

割とポピュラーな料理で、辛さもほとんどないので多くの人が好きなタイ料理のひとつだと思う。僕もタイに行くと必ず食べる。

以前、渋谷にできたバンコクカオマンガイ屋の支店も訪れた。 

[ま]バンコクで人気のピンクのカオマンガイ屋「ガイトーンTokyo」でカオマンガイを喰らう @kun_maa - [ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

そして、モンティのカオマンガイはこちら。

正直に書こう。モンティのカオマンガイの方が「ガイトーンTokyo」よりも美味しい。

ごめん、ガイトーン。だってタイの屋台で食べるカオマンガイと同じ味がするんだよ。

f:id:kun-maa:20150212122011j:plain

バミーモンティ (700円)

バミーっていうのはタイで一般的な米の麺ではなく、卵麺のこと。要するにラーメン。

このバミーモンティは、イエローカレーをベースにキャベツの千切りやタイの漬物(パッカードーン)や紫玉ねぎ、揚げ麺を合わせたスペシャルな感じのラーメン。

簡単にいうと揚げ麺と野菜入りのカレーラーメンだ。チェンマイを旅行したことがある人なら食べたことがあるかもしれないが、カオソーイというチェンマイの名物ラーメンに似ている。

f:id:kun-maa:20150212121713j:plain

これが、また激ウマ。

僕はカオソーイを食べたことがないのだが、これはとても気に入った。辛さはそれほどでもないのだが、タイの味が凝縮されている感じでホント美味しい。

モンティに行ったら、これは是非食べて欲しい一品である。

f:id:kun-maa:20150212121718j:plain

そして、この水のコップが泣かせるよね。タイの屋台を思い出しちゃうよ。

f:id:kun-maa:20150212121132j:plain

付け合せで提供されるサラダは、激辛ドレッシングがかかっているので舐めてると痛い目にあいます。それでも美味しいけど。

f:id:kun-maa:20150212121332j:plain

やっぱりひとりで3品は注文しすぎた。満腹でゲップをしたらちょっと出てきたw

それでも完食。

f:id:kun-maa:20150212124842j:plain

メニューは他にも基本のタイカレーやガパオ、パッタイなど種類はそれほど多くないけど各種揃っている。

浅草の地下にまさかタイがあるなんて思わなかった。

本当は内緒にしておきたかったけど、すでに人気店みたいだし、やっぱり美味しいお店は紹介したい。

すぐそばには、カット700円という激安の床屋もあって、雰囲気に一花添えている。

本場のタイ料理を食べて、激安の床屋で髪の毛を切るなんていうコースも楽しそうだ。

f:id:kun-maa:20150212125129j:plain

ちなみに、モンティは火曜日が定休日のようなので注意されたし。

関連ランキング:タイ料理 | 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅

スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly