[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。

[ま]諦める力〜勝てないのは努力が足りないからじゃない/前向きに諦める力の必要性 @kun_maa

元陸上選手の為末 大さんの著作です。

成功者による「諦めないで努力すれば夢は必ず叶う」系のメッセージや著作がうんざりするほど多い中で、本書はそれらとは一線を画する内容となっています。 

スポンサーリンク

努力すれば必ず報われるとか、続けることに価値があるといった自分の能力や、向き/不向きを見極めることなく成功の夢を妄信することの危うさを、自らの経験を通して得た血の通った中身のある言葉で表しています。

そこで語られていることは、努力すること自体を否定しているわけではなく、目的と手段を混同し、諦めることをネガティブにしか捉えない現在の日本の風潮を否定しているのです。

著者は次のように書いています。

人生は可能性を減らしていく過程でもある。年齢を重ねるごとに、なれるものやできることが絞り込まれていく。可能性がなくなっていくと聞くと抵抗感を示す人もいるけれど、何かに秀でるには能力の絞り込みが必須で、どんな可能性もあるという状態は、何にも特化できていない状態でもあるのだ。できないことの数が増えるだけ、できることがより深くなる。

人間は物心ついたときにはすでに剪定がある程度終わっていて、自分の意思で自分が何に特化するかを選ぶことができない。いざ人生を選ぼうというときには、ある程度枠組みが決まっている。本当は生まれたときから無限の可能性なんてないわけだが、年を重ねると可能性が狭まっていくことをいやでも実感する。 

まさにそのとおりだと思うし、だからこそ自分の能力や、向き/不向きを見極めることが大切になってくるのだと思います。それを無視してただ続けることや努力することだけに価値を置くことは、結果的に後悔につながるのではないでしょうか。

人間には変えられないことの方が多い。だからこそ、変えられないまでも戦えるフィールドを探すことが重要なのだ。僕は、これが戦略だと思っている。

戦略とはトレードオフである。つまり、諦めとセットで考えるべきものだ。だめなものはだめ、無理なものは無理。そう認めたうえで、自分の強い部分をどう生かして勝つかということを見極める。(中略)

最高の戦略は努力が娯楽化することである。そこには苦しみやつらさという感覚はなく、純粋な楽しさがある。苦しくなければ成長できないなんてことはない。人生は楽しんでいい、そして楽しみながら成長すること自体が成功への近道なのだ。

何が自分に向いていて、どんなことなら努力を娯楽化させることができるのかは、何かに全力で取り組まなければわからないことだと思います。問題は、その切り替え時なんだと。だから、本書が意味する「諦める」こととロクに努力もしないで放り出すことは全く違うことになります。

その違いについて、著者はこう述べています。

僕が言いたいのは、あくまでも「手段は諦めてもいいけれども、目的を諦めてはいけない」ということである。言い換えれば、踏ん張ったら勝てる領域を見つけることである。(中略)「どうせ私はだめだから」と、勝負をする前から努力することまで放棄するのは、単なる「逃げ」である。 

普段、僕が「諦めないで努力すれば夢は必ず叶う」系のメッセージに感じているモヤモヤとした気持ちを見事に言語化してくれていて、読み終わった後にとてもスッキリとしました。

最後に長くなりますが、次の部分を引用して終わりたいと思います。この部分に本書のエキスが詰まっていると思います。

「夢はかなう」

「可能性は無限大だ」

こういう考え方を完全に否定するつもりはないけれど、だめなものはだめ、というのも一つの優しさである。自分は、どこまでいっても自分にしかなれないのである。それに気づくと、やがて自分に合うものが見えてくる。

諦めるという言葉は、明らめることだと言った。

何かを真剣に諦めることによって、「他人の評価」や「自分の願望」で曇った世界が晴れて、「なるほどこれが自分なのか」と見えなかったものが見えてくる。

続けること、やめないことも尊いことではあるが、それ自体が目的になってしまうと、自分というかぎりある存在の可能性を狭める結果にもなる。 

スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly