読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]牛乳プリンといえば森永!期間限定甘酒味の牛乳プリンを喰らう @kun_maa

デザート
スポンサーリンク

牛乳プリンは子供の頃から好きです。牛乳そのものが好きだったこともあって、子供の頃はよく親が作ってくれた牛乳プリンを腹一杯喰らっていました。背が伸びたのは牛乳プリンのおかげかな?

大人になってからは自分で作るのがめんどくさいので、もっぱら森永乳業の牛乳プリンを愛用しています。もう背は伸びないけどね。今では年齢的に、身長が縮まないことに貢献しているかも。

f:id:kun-maa:20141206224827p:plain

そんな僕がイチオシの森永乳業の牛乳プリンですが、なにを血迷ったか「甘酒味」の牛乳プリンを期間限定で販売しています。

スポンサーリンク

甘酒味の時点で、もはや牛乳プリンではなく「甘酒プリン」のような気がするのですが、そんな細かいことは気にしていないようです。

なんでまた「甘酒」なんかとコラボしたのか(コラボっていうとなんでもかっこいい感じですね)というと、同じ系列の森永製菓が長年販売している缶やインスタントの甘酒がそこにあったから...って程度のことではないかと思っているのですが.....

※パッケージを見たら森永製菓の甘酒発売40周年を記念してコラボしたようです。でも40周年って中途半端じゃね?やっぱりあんまり考えてないんだと思うけどな。

 

そしてこちらが実物です。堂々と「牛乳プリン甘酒味」と書いてあります。

f:id:kun-maa:20141206001445j:plain

甘酒の味わいをイメージしてつくったそうですが、そもそも熱々で楽しむ甘酒と、冷やして味わう牛乳プリンの相性がいいとでも思ったのでしょうか?

ちょっと責任者の方をお願いします。

f:id:kun-maa:20141206001506j:plain

ふたを開けると、なんだか上の方に随分と隙間がありますね。

思わず「少なっ!」ってつぶやいちゃいましたよ。これは過剰包装ではないのだろうか。

いや、もっというと一種の詐欺では?入れ物が透明ではないから、カップの大きさで判断せざるを得ないのに、開けてみたら少なかったなんて痛すぎます。慰謝料を請求します。

f:id:kun-maa:20141206001606j:plain

量は少ないし、牛乳プリンと甘酒のコラボなんてね(苦笑)と思いながらひと口食べてみると、意外なことに違和感があまりないんです。っていうかけっこうイケます。

f:id:kun-maa:20141206001635j:plain

あっさり目の牛乳プリンに、あの甘酒のフレーバーをムラなく混ぜこんだ感じで、濃厚さはありませんが、これはこれで美味しいと思います。

牛乳プリンかと聞かれれば「いや...これは違うのでは?」と答えたくなり、それじゃ甘酒プリンなのかと聞かれれば「いや...そうとも言い切れない」というなんとも歯切れの悪い答えしか考えつかないのですが、間違いなく両方の味が上手に融合しています。

なんだよ、美味しいじゃん。もしかしたら、期待値が低すぎたせいかもしれませんが僕はけっこう好きな味でした。

f:id:kun-maa:20141206001659j:plain

量が少ないのであっという間に食べ終わります。だけど、なんとなくこのプリンにはこのくらいが適量かもなって思いました。普通の牛乳プリンよりも甘さが目立つからかもしれません。

さて、そうなると気になるのはカロリーですが、1個(120g)当たり 119kcal と思ったよりも低カロリーです。

でも、普通の牛乳プリンが1個(130g)当たり 121kcal なので、やっぱり「甘酒味」は量が少なかったんだということと、1g当たりのカロリーがほんの少し高めなんだということがよくわかりました。

f:id:kun-maa:20141206001545j:plain

そんな森永乳業の「牛乳プリン 甘酒味」ですが、期間限定で発売中なのでぜひこの不思議な味を体験してみてほしいです。

スポンサーリンク

 

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly