読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]48歳失恋男が人生初のネイルサロンでメンズネイルケアコースを試してみた @kun_maa

その他

失恋ネタはもうやめようと思ったのですが、湿っぽくなければいいかなと。

いつまでたっても彼女が恋しくて、ウジウジとネガティブな気持ちが晴れないので、気分転換のためにピアスでも開けてやろうかと思ったのですが、ネットで中年男のピアスの評判を調べたら吐きそうなくらい散々なものだったので、そっとiPhoneを消して代わりにやり直しがいくらでも効きそうなネイルサロンへと向かいました。もちろんネイルをする中年男の評判については調べないで。

 

今回、訪れたのは地元川越駅から徒歩5分ほどの川越モディという商業施設の5階にある「ネイルクイック 川越店」です。

お店に行く前の爪の状態と、お店の様子はこんな感じです。

f:id:kun-maa:20141201211106j:plain

爪は加齢による縦筋がたくさん入っていて見るも無残。これでも見た目は若作りなのですが、加齢がストレートに現れるこういう部分は年相応です。

スポンサーリンク

お店は部屋として仕切られていない開放的な空間に、座席が用意されているという初めてでも非常に入りやすい雰囲気でした。それでも緊張しましたが。

この「ネイルクイック」というお店、東京都内を中心に埼玉、千葉、神奈川と東海・近畿。九州などでも展開しているたぶんけっこう規模が大きなネイルサロンだと思います。

川越店のネイリストさんは3名のようです。僕を担当してくれた方はとても親切で、話しやすく他にも男性客は増えてきたという話などをしてくれて、僕の緊張を解いてくれました。また、ブログ用の写真も、僕の手がふさがっているときは他のネイリストさんに撮影をお願いしてくれるなど、すっかりお世話になりました。

コースがいくつかあるのですが、今回僕がお願いしたのが「メンズネイルケアコース」という男性用のもの。それに加えて、左手の薬指の爪にゼブラ模様のネイルアートをしてもらいました。

メンズネイルケアコース

①アルコール消毒とヤスリによる爪の形の調整

まず最初にアルコールアレルギーや手の傷がないか確認されてから、両手を脱脂綿でアルコール消毒します。いきなり女性に手を触られてドキドキしました。あれ?もしかして失恋のこと忘れているかも。

そのドキドキのせいか、いきなり写真を撮り忘れたので右手の爪をヤスリで整えている写真はありません。なんで爪切りを使わないのかと聞いたら、それほど長くない爪の場合にはヤスリで長さや形を整えるのがパチン!という衝撃もなくて、一番爪に優しいのだそうです。爪の形を整えたら「キューティクルリムーバー」という爪の甘皮を柔らかくする薬品を塗って、お湯に指先を浸します。

f:id:kun-maa:20141201213143j:plain

右手をお湯でふやかしている間に、左手の形を同じようにヤスリで整えていきます。両手がふさがっていたので、他のネイリストさんが笑顔で撮影してくれました。なにこの空間、みんな優しいし雰囲気もよくてとっても癒されるんですけど。

f:id:kun-maa:20141201213853j:plain

②余分な甘皮の除去

上の最後の写真ではすでに右手の作業が始まっていますが、リムーバーとお湯で柔らかくなった甘皮や、ささくれなどを取り除いて爪周りを綺麗にしていきます。

f:id:kun-maa:20141201214231j:plain

まず、細かく振動する器具の先にプラスチックのヘラのようなものをつけて余分な甘皮などを押し上げていきます。 そして押し上げた余分な皮をブラッシングで綺麗にし、最後にニッパーで丁寧に甘皮やささくれを取り除いていきます。

ネイリストさんによると、僕の爪は形がいいし、余分な甘皮なども少ない方だということです。余分な皮はよく手を使っていると、爪の根元の部分などを守るためにできやすのだそうです。僕の甘皮などが少ないのは、仕事をロクにしていないからでしょうと言ったら苦笑いされました。

③爪の表面の凸凹を整える

ヤスリで爪の表面の凸凹を整えていきます。まだ艶出しはこの後の作業になりますが、この段階でもかなり爪が綺麗になったのが自分でわかるほどです。

f:id:kun-maa:20141201215049j:plain

④爪を磨いてツヤを出す

細かいヤスリ状の「バッファー」というもので丁寧に爪の表面を擦り、ツヤを出していきます。けっこう摩擦熱を感じるくらい磨かれました。

すごくピカピカになるのでびっくりしますが、このピカピカが癖になって、自分でしょっちゅう磨く人がいるそうです。ネイリストさんによると、やりすぎは爪に良くないので、月に1回程度にしたほうがいいそうです。

f:id:kun-maa:20141201215456j:plain

⑤仕上げに爪の保湿用オイルを塗る

仕上げに、爪と周辺の保湿用オイルを1本ずつ塗って完成です。

f:id:kun-maa:20141201215921j:plain

⑥おまけでハンドクリームを塗ってからネイルアートへ

話の中で、僕が普段まったく爪や肌のケアをしていないことを知ったネイリストさんが、おまけでお店で使っているハンドクリームを塗って軽くマッサージをしてくれました。

惚れてまうやろー!って感じです。いやマジでドキドキしましたよ。

ネイルアートは見本の中から、仕事のことを考えてあまりキラキラしたものは避け、爪の先端にだけゼブラ柄をいれるものを選びました。

f:id:kun-maa:20141201220145j:plain

⑦ネイルアート 

左手の薬指の爪1本だけにゼブラ柄を入れてもらいました。その様子は、iPhone 6 Plus の「タイムラプス」で撮影したので、ご覧ください。


ネイルペイント - YouTube

仕上げに保護剤や乾燥剤などを塗って完成です。なかなかいいと思いません?

f:id:kun-maa:20141201221247j:plain

お店のブログにも僕の爪をアップしてくれるそうなので、店名が入った撮影用のシートを使って仕上がりをネイリストさんのiPhoneで撮影しました。

ついでに僕のiPhoneでも撮ってもらったのがこの写真。普通、女性だと両手を斜めに重ねるのが撮影ポーズだそうですが、男なのでそのままでいきましょうと言われました。

f:id:kun-maa:20141201121854j:plain

気になっていた加齢による縦筋も目立たなくなったし、全体に見違えるように綺麗になったし、ゼブラ柄も気に入りました。大満足です。

それからネイリストさんんとのおしゃべりもいろいろ知らないことを教えてもらえて、とても楽しかったです。この時間だけは、失恋の痛手も感じることなく久しぶりに心が軽くなった気がします。やっぱりこういうときはやったことがないことに手を出して、気分転換するのがいいみたいです。

気になるお値段ですが、メンズネイルケアコースが3,132円(税込)で、ゼブラ柄のネイルアートが756円(税込)でしたが、初回割引500円ということで、合計3,388円でした。

ネイルアートはもっと安い柄もあるし、月に1回くらいならこの程度のプチ贅沢もいいなあって思いました。ちょっとクセになりそうです。

f:id:kun-maa:20141201125003j:plain

スポンサーリンク

 

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly