読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]Amazonアソシエイト・プログラムの支払い方法をギフト券から銀行振り込みに変更してみました @kun_maa

僕はAmazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

これはブログ内で紹介した商品などを、このブログ内のリンクをクリックして購入していただくと、僕がAmazonから紹介料をもらえるというものです。

f:id:kun-maa:20141027180425p:plain

紹介料自体は僕がこのプログラムに参加してから、何度か見直しをされてその度に売り上げに対する紹介料の割合は少なくなっています。

スポンサーリンク

ちなみに2014年10月27日現在では下表のとおりです。

f:id:kun-maa:20141027180803p:plain

このブログで一番購入いただいているのがKindle本なのですが、その紹介料は12月末までのキャンペーン中ということで他のジャンルの紹介料に比べると高めの8%です。

だから、今なら500円のKindle本を購入していただくと40円が紹介料としてAmazonから支払われるというわけです。

この紹介料の支払い方法は2種類から選べるようになっています。

Amazonギフト券か現金の銀行振り込みかです。

どちらにも一長一短があります。

まず、Amazonギフト券を選ぶと1ヶ月最低500円以上の紹介料が発生すると支払いが実施されますが、銀行振込の場合は1ヶ月最低5,000円以上の紹介料が発生しないと支払いがされずに、翌月以降に繰越されます。

ギフト券はAmazonを利用しているなら、現金と同じ意味があるので低い金額でも支払われるのはうれしい反面、Amazon以外では使えません。

現金の銀行振り込みは、なんといっても現金で支払われるのがうれしいのですが、1ヶ月5,000円以上の紹介料発生という壁はけっこうハードルが高いです。また、振り込み料が一律300円かかり、振り込まれる紹介料から差っ引かれます(つまりAmazonではなくこちらの負担)。

f:id:kun-maa:20141027183624p:plain

 

僕は今までずっとAmazonギフト券による支払いを選択していました。

毎月、こんなメールが届くのはけっこううれしいものです。

まあ、金額が金額なのですぐにAmazonに吸い込まれて消えてしまうのですが...。

f:id:kun-maa:20141027182321p:plain

そういえば前回のギフト券はモンハン4Gにつぎ込みました。

そうかブログで飯は食えないけど狩りはできるようになったんだっけ。

しかし、どうもこのAmazonギフト券があるとすぐに無駄使いをしてしまうのと、そろそろ僕もAmazonさんから現金を振り込んでもらいたいなっていう欲が出まして、支払い方法を変更してみることにしました。

Google アドセンスに比べると、すごく簡単に銀行振込みの手続きができました。

Amazonアソシエイトの支払い方法変更について

Amazonアソシエイトのホーム画面を開きヘルプをクリックします。

f:id:kun-maa:20141027183518p:plain

②ヘルプ画面の「紹介料と支払い」の中の「支払い」をクリックします。

f:id:kun-maa:20141027184951p:plain

③「支払い」画面の「紹介料の支払い方法は、いつまでに選択すればよいですか?」をクリックすると、変更のタイミングを知ることができ、最後に変更画面へのリンクが貼られています。

f:id:kun-maa:20141027184925p:plain

④リンク先に移動すると、支払い方法を選択できるようになっているので「銀行振り込みでの支払いを希望」を選択します。

f:id:kun-maa:20141027185751p:plain

⑤そうすると振り込み先の銀行情報を入力する画面が下に表示されるので、自分の銀行口座を登録します。ちなみに銀行番号は銀行名を選択すると自動で入力されます。

f:id:kun-maa:20141027190056p:plain

⑥これで終了です。なんか入力する項目も少なくてとても簡単でした。

f:id:kun-maa:20141027185737p:plain

さて、これで次回の支払いから銀行振り込みになるはず。

とりあえずこれでしばらく続けてみて、やっぱりAmazonギフト券の方がいいなあって思ったら、その時はこれの逆をやれば戻せるので、一度覚えてしまえば気楽です。

スポンサーリンク

 

このブログを気に入っていただけたら、下のボタンからシェアしていただいたり、はてなブックマークなどしていただけると、とっても励みになります。

また、RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly