読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]香水を持ち歩くのに「アトマイザー」っていうものが必要だと初めて知った48歳の秋 @kun_maa

どもども、香水初心者の @kun_maa です。

僕が使っている香水は、オードトワレ4種類とオーデコロン2種類です。

最近は「つけ過ぎ事故」を起こすこともなく、周りに迷惑をかけずに控えめに香りを楽しんでいます。たぶん。

f:id:kun-maa:20140915225647j:plain

一般的にオードトワレだと香りの持続時間が3〜4時間、オーデコロンだと1〜2時間と言われています。メーカーや製品によってもかなり違いますけどね。

僕が使っているオードトワレでも、3時間程度で香りがほとんど無くなるものがあれば、ほぼ1日中香りが続くものもあります。オーデコロンもそうです。

なので、香りが長持ちするものは朝つけてそのまま夜まで放置でかまわないんですが、持続時間が短いものをつけた場合、それも夜にちょっと大事な人と会うことになっている場合などは、仕事が終わった後にちょっとだけ香らせるように、香水を持ち歩くようにしています。

f:id:kun-maa:20140915231239j:plain

持ち歩くといっても、香水の瓶は小さいもので50ml、ほとんどは100mlなのでそのまま持ち歩くわけにはいきません。

そこで、小分けにして持ち歩くことを考えるわけですが、何に入れたらいいのかわからなくて困りました。

PET系素材の入れ物に香水を入れてはいけない

最初に思いついたのが、100均ショップとか無印良品で売っているスプレータイプの小分け瓶です。こういうやつね(写真は無印良品のもの)。

f:id:kun-maa:20140915231918p:plain

ところが、買いに行って商品の注意書きを見ると、ことごとく「香水には使えません」って書いてあるんですよ。こんな感じで。

f:id:kun-maa:20140915232137p:plain

どうやら、普通に売っているPET系素材の小分け瓶は、アルコールに弱いらしくて香水を入れるのはNGらしいんです。

そんなこと全然知りませんでした。え〜!それじゃ持ち歩けないじゃん。みんなどうしてるのさって思い、困った時のGoogle先生頼み。検索!検索!

香水はガラス製の瓶で持ち歩くべし。その名はアトマイザー

Google先生によれば、香水を持ち歩くには専用の容器があるらしいです。

そう、それが「アトマイザー」と呼ばれるもの。なんだそれ?って思いましたし、1回じゃ覚えられませんでした。

アトマイザーなんて、よくわからん名前ですが、要は先ほどのPET素材のボトルと形状は同じなのですが、素材がガラスなんです。

ガラスならアルコールにも強いってことなのでしょうか。こんなやつです。

f:id:kun-maa:20140915232905p:plain

 

無印良品のはこんな感じで、ガラス瓶の周囲をアルミで覆っています。かっこいい。

f:id:kun-maa:20140915233007p:plain

よく見ると、瓶は確かにガラス製だけど、スプレー部分は樹脂製です。PET製はダメだけど、アルコールに強い樹脂もあるのでしょうか?これって大丈夫なの?って正直なところ疑問だらけなんですが、他に選択肢もないので「アトマイザー」を買いました。

とりあえず、香りの持続性が短いのが3種類なので3本だけ。

もちろん、かっこいいと思った無印良品のちょっと高めのやつも1本だけ買いましたよ。

f:id:kun-maa:20140915220102j:plain

入れ物だけガラスでも他の部品が樹脂製だったらPETと同じでアルコールに溶けるんじゃないの?ってずっと思いながらとりあえず使っています。

まあ、夜に大事な用事はほとんどないのでそれほど出番はないのですが・・・。

この歳になって初めて新しいものを知るというのは、刺激的でいいものです。

アトマイザーなんて知ってましたか?

ふつう知らないですよね?僕だけですか?そうですか(´・ω・`)ショボーン 

ヤマダアトマイザー 5204

ヤマダアトマイザー 5204

 
14002 メタルアトマイザー シルバー

14002 メタルアトマイザー シルバー

 

 

このブログを気に入っていただけたら、下のボタンからシェアしていただいたり、はてなブックマークなどしていただけると、とっても励みになります。

また、RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly