読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]「Amazon ソーシャルカート」機能(アマゾンポチ)を使うと「Status is a duplicate.」って出てツイートの送信に失敗しませんか? @kun_maa

Amazon Twitter
スポンサーリンク

2014年5月にアメリカなどで始まったTwitterとの連携機能「Amazon Cart」がいつの間にか日本でも始まっていたんですね。

f:id:kun-maa:20140717222531j:plain

これはAmazonのアカウントをTwitterと連携させていれば、Amazonの商品リンクが貼られたTweetに対して「#アマゾンポチ」というハッシュタグ付きで返信をするだけで、自動的にそのリンク先の商品が自分のカート内に入るという買い物バンザイな機能なんです。僕のAmazonアカウントはこの機能が始まる前からTwitterFacebookと連携させていたので、あらためて連携するまでもなくこんな表示が出てました。

f:id:kun-maa:20140717222831p:plain

一応、「ソーシャル設定を確認」をタップしてみると、確かに僕のTwitterFacebookに連携しています。あ、別にアカウント名は隠さなくてもよかったのか。

f:id:kun-maa:20140717223016p:plain

使い方も簡単に書いてありました。「#AmazonCart」はかっこいいけど、「#アマゾンポチ」ってなんかセンス悪いって思ったのは僕だけ?

f:id:kun-maa:20140717223115p:plain

買う気はまったくないけど試してみました。いきなり購入になるのではなくて、カートに入るだけなのでいくらでも試せます。

ちなみに、Kindle本で利用するとこんなふうになります。そう、ワンクリック購入しかないKindle本はアマゾンポチの対象外なんです。でも、購入につなげようとする根性はさすがAmazonです。

それではいよいよ実物で試してみます。

無事にカートに入ったようです。

ところが、続けてアマゾンポチをやろうとしたらエラー表示が出て「#アマゾンポチ」がTweetできなくなりました。

そのエラー表示がこちらの「Status is a duplicate.」です。なんじゃこりゃ?

f:id:kun-maa:20140717224729p:plain

ちなみにこれはTwitterアプリのTweetbotでの場合です。

公式アプリでも試してみたら、次のような表示「ツイートの送信に失敗しました すでに同じ内容のツイートが投稿されています」が出てやはりエラーになりました。

f:id:kun-maa:20140717233203p:plain

もう、このあと何回やってもこれらの表示が出てしまい「#アマゾンポチ」での返信ができません。どうしたらいいのでしょう。

こういう時はGoogle先生に聞いてみるのが手っ取り早いです。

「Status is a duplicate.」で検索してみると、なんか難しいことを書いたサイトがいくつか表示されましたが、要するにTwitterは同じ内容を続けてTweetしようとするとエラーにする機能があるみたいです。だとすると公式のエラー文にも納得です。

その時のエラー表示が、まさに「Status is a duplicate.」。

そりゃ、確かに「#アマゾンポチ」って同じTweetをしようとしたけど、これがエラーになったら、そもそも「Amazon ソーシャルカート」機能が使い物にならないじゃん。

どうしたらいいのさ?

・・・しばし考えました。そして、要するにまったく同じTweetじゃなければいいんでしょ?ってことで、@AmazonJP の後ろにスペースを入れてTweetしてみました。Tweetをするたびにスペースで調整。そうしたら、ちゃんと返信できました。

f:id:kun-maa:20140717225432p:plain

なんかはてなブログの機能でTweetを貼付けると、スペースを入れた部分が消えてしまって全部同じTweetに見えてしまいますが、@AmazonJP との間にスペースをいくつか入れて同じTweetにならないようにしています。

こうすれば、どんどん買い物できます。危険です。

だけど、Amazonでの商品リンクが単品の時でないとこの機能は使えません。

例えば複数の商品がリンク先にあると、次のような返信がきます。

だから、いまのところは意外と使い道があまりないかもしれないなあなどと思ったりしています。

これからAmazonが本気出してTwitterのTLに魅力的な単品リンクを貼ったTweetをバンバン流してきたらどうなるか自信はありませんが(๑°⌓°๑)

このブログを気に入っていただけたら、下のボタンからツイートやいいね!、はてなブックマークなどしていただけると僕がとっても喜びます。

また、RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly