読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]タイからラオスへ国境の越え方(2014年2月)/ナコーン・パノムからターケークへ @kun_maa

タイ

2014年2月5日にタイのナコーン・パノムから国境を越えてラオスのターケークまで行ってきました。

f:id:kun-maa:20140206090336j:plain

事前にネットで調べてもあまり有益な情報を見つけることはできなかったので、僕の体験が誰かの役に立つことを願って残しておきます。

 

タイのナコーン・パノムとラオスのターケークとは、メコン川を挟んで対岸に位置しています。メコン川がちょうど国境線になっているんですね。

タイからラオスへは、ナコーン・パノムのベトナム時計塔のそばから渡し船も出ていますが、ここの入管職員と渡し船のチケット売りのおばさんに確認したところ、この渡し船を利用してラオスに入国できるのは、タイ人とラオス人だけということでした。それ以外の外国人はこの渡し船を利用することはできません。

f:id:kun-maa:20140205074553j:plain

では、外国人がナコーン・パノムからラオスのターケークに行くにはどうするのか。

2011年11月に開通したメコン川をまたいでタイとラオスを結ぶ「第3タイ・ラオス友好橋」を通って国境を越えるしかありません。

この橋を渡って、ナコーン・パノムからターケークに向かう国際バスが、ナコーン・パノムのバスターミナルから出ています。

ナコーンパノムの町中からバスターミナルまでは、徒歩で30分ほどかかります。歩くのがイヤなら、トゥクトゥクを使うしかありませんが僕は使っていないので料金はわかりません。ごめんなさい。

f:id:kun-maa:20140205103723j:plain

 

もしナコーン・パノムの空港に着いて、そのままバスターミナルに向かうのであれば1人100Bのリムジンサービス(乗り合いワゴン車)が空港ターミナルにあるので、それを利用できます。

f:id:kun-maa:20140204162353j:plain

 

ナコーン・パノムのバスターミナルでは、この窓口でバスのチケットを買います。ターケークまで1人70バーツです。

バスの時間は8:00、9:30、10:30、11:30、13:00、14:30、16:00、17:00の1日8本です。

f:id:kun-maa:20140205145832j:plain

 

バスのチケットを購入する際には、パスポートが必要なので用意しておきましょう。

f:id:kun-maa:20140205170734j:plain

 

ナコーン・パノムとターケークを結ぶバスは1番のバス停から発着します。

f:id:kun-maa:20140205154802j:plain

 

バスの中はこんな感じです。僕が乗ったのは16:00のバスでしたが、乗客は僕以外みんな知り合いみたいでした。ちょうどラオス人がタイで仕事をして帰る時間帯だったようです。このバスですが、時刻表では16:00発となっていましたが、実際には5分前に出発してしまったので要注意です。

f:id:kun-maa:20140205160211j:plain

 

バスは約15分で、タイのイミグレーションに到着します。

f:id:kun-maa:20140205161457j:plain

ここで一旦バスを降ります。荷物はバスに残さずに持っていきましょう。

みんなの後を付いていけばOKですが、どこの窓口に行けばいいかわからないときは、バスの係員や乗客のラオス人たちが手招きしてくれるので、特に困ることもなく簡単にタイの出国手続きは済むはずです。タイに入国したときに受け取っている出国カードの記入は事前に済ませておきましょう。

タイのイミグレーションで、ラオス人はひとり20バーツの賄賂を取られていました。係官はちゃんとおつりまで用意していて、100バーツ札を渡した人に80バーツのおつりをポケットから返していました。もちろん、日本人には賄賂の要求はありません。

 

出国手続きを終えた後、すぐにバスに戻ったら乗せてくれませんでした。少し国境方向に歩いて行き、そこでバスの到着を待ちます。

僕が訳がわからずウロウロしていたら、ラオス人が手招きで呼んでくれました。同じバスに乗るのに不思議です。手続き上の問題でしょうか。

f:id:kun-maa:20140205161641j:plain

 

バスで「第3タイ・ラオス友好橋」を越えて、ラオスのイミグレーションに向かいます。

f:id:kun-maa:20140206135336j:plain

 

ラオスのイミグレーションまでは橋を越えてすぐです。

f:id:kun-maa:20140205162338j:plain

 

写真に写っている外国人はビザが必要なのでその手続きをしていましたが、日本人の場合は15日以内の滞在の場合ラオスのビザは不要なので、ここは素通りします。

f:id:kun-maa:20140205162239j:plain

 

その先にあるブースで入国の手続きをしますが、タイのように出入国カードがあるわけではないので、1枚も書類を書くことなく、ただパスポートを手渡すだけです。

ここでもラオス人は賄賂を支払っていました。金額はよく見えなかったけど。

ここはラオスなので、日本人に対しても賄賂の要求があるんじゃないかと身構えていましたが、たまたま窓口の係官のひとりが日本に2年間住んでいたことがあり、お台場とか六本木の話で盛り上がっているうちに入国スタンプを押してくれました。

f:id:kun-maa:20140205162437j:plain

 

バスがイミグレを通過してくるのを待つ間、ラオス人の女性たちが僕の相手をしてラオス語を教えてくれたり、逆に日本語を教えてあげたりしてなんの緊張感も不安もなく過ごすことができました。みんな優しいよね。

16:35にラオスのイミグレーションを出発。ナコーン・パノムのバスターミナルからここまで約40分ですね。

ラオスに入ると、タイよりも道が悪くてけっこうバスが揺れます。

f:id:kun-maa:20140205163932j:plain

 

16:59にバスはターケークのバスターミナルに到着しました。

ナコーン・パノムのバスターミナルからターケークのバスターミナルまで約1時間といったところです。

f:id:kun-maa:20140205170221j:plain

 

このバスターミナル、ターケークの町中までは車で15分ほど離れた場所にあります。

歩こうと思えば、歩いて行けない距離ではないとは思いますが、ここはロットゥー(乗り合いワゴン車)かトゥクトゥクを利用した方が無難でしょう。

僕は地図もガイドブックもなかったので、ハナから歩くのは諦めていました。

バスターミナルで暇そうにしているオヤジに声をかけて、町まで行きたいこと、安いホテルを教えて欲しいことを伝えると、町までワゴン車で100バーツ、ホテルはメコンホテルが安いからそこまで連れて行くというのでワゴン車を貸し切りで、メコン川沿いのホテルへ向かいました。

f:id:kun-maa:20140205171202j:plain

 

メコン川沿いに建つ「メコンホテル」まで約15分。100バーツは高いよなって思いましたが、他に交通手段はないので仕方ありません。

運転手と別れて、ホテルにチェックインしようとしたら満室で断られました。

このあと、宿泊場所難民となってターケークの町中を必死に宿探しをすることになるのですが、今回は国境の越え方のお話なのでここまでということにします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログを気に入っていただけたら、下のボタンからツイートやいいね!、お気に入り登録などしていただけるととてもうれしいです。

また、RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。

follow us in feedly