[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]タイの国境の町でメコン大ナマズを喰らう @kun_maa

 メコン大ナマズというメコン川流域にしか生息しない巨大なナマズがいます。ウロコのない淡水魚としては世界最大で、全長3メートル、体重300キロという大きさにまで成長するそうです。

f:id:kun-maa:20140208012709j:plain
この大ナマズ。タイ語ではプラー・ブックと呼ばれ、乱獲やメコン川流域のダム建設などによる環境の変化により、絶滅も危惧されています。
それでも食べちゃうんですね。いいんでしょうか?

旬は5〜10月の雨季ということですが、僕が訪れたナコンパノムという町には、一年中、この大ナマズを食べることができるレストランがあります。
けっこう町外れのメコン川沿いにあるビューコンホテルに併設されているビューコンレストランでいつでも食べられるということなので、行ってきました。
f:id:kun-maa:20140208013655j:plain
レストランは、メコン川を眺めながら食事ができるちょっと高級そうな感じです。
f:id:kun-maa:20140208013847j:plain
とにかく、大ナマズを食べるのが目的なので、メニューも見ずに、店員さんに「大ナマズってどうやって食べたら美味しいの?」って聞いて料理を決めました。
高級食材らしいので、ちょっと心配でしたが、店員さんセレクトのトムヤムスープとラープ(スパイシーな和え物)を注文。ついでにご飯と、普通のナマズを使ったヤム・ブラードック・フーという、ナマズの肉をカリカリに揚げた和え物も注文しました。ナマズ尽くしのディナーです。

料理が届くまで、メコン川を眺めながら飲むビールは最高です。

f:id:kun-maa:20140208015331j:plain
まず、トムヤム・プラー・ブックが キタ━(゚∀゚)━!!!!!!!
f:id:kun-maa:20140208015703j:plain
思ったよりも、たくさん大ナマズの肉が入っていました。
f:id:kun-maa:20140208015858j:plain
大ナマズの肉はこんな感じ。
f:id:kun-maa:20140208020059j:plain
食べてみると、脂がよくのっているウナギのような味です。だけど、歯ごたえはしっかりとあります。
…美味しいね。スープにも大ナマズの出汁が効いていて、これまた美味い!
ちょっと動物の肉に似た感じもしましたが、やっぱり弾力のある脂がのったウナギって感じが一番近いかも。
皮の部分のゼラチン質は、コリコリしてます。食感がよくてクセになりそうです。
f:id:kun-maa:20140208020756j:plain

続いてラープ・プラー・ブック。
f:id:kun-maa:20140208020932j:plain
ラープという料理はひき肉が一般的ですが、大ナマズは切り身で入っています。
f:id:kun-maa:20140208021123j:plain
こちらも弾力のある脂がのったウナギって感じ。スパイシーな味がよく合います。二種類の料理で大ナマズを食べると、けっこう脂っこいです。途中でちょっと飽きてきます。確かに美味しいんだけどね。大ナマズを適度に味わうには一品でよかったかも。

ついでに頼んだご飯はなんだか可愛らしい盛り付けです。大ナマズのトムヤムスープとラープがタイ米によく合います。
f:id:kun-maa:20140208021837j:plain

普通のナマズを使ったヤム・プラードック・フーはこんな料理です。
f:id:kun-maa:20140208022801j:plain
これをよく混ぜて食べるとサックサクで最高に美味しいんですよ。
f:id:kun-maa:20140208023007j:plain

大ナマズの、あの独特な食感と脂がのったウナギ味は、機会があれば、ぜひ試していただきたいものです。
実は、10年ほど前にも僕はこの大ナマズをナコンパノムの別の店で食べているのですが、その時はもっと動物の肉っぽかった気がしたのですが、記憶が不確かなのか、今回は旬ではない時期に食べたからなのかはわかりません。
絶滅しそうなのに食べちゃってごめんね。ごめんね。
そうそう、料金は上で紹介した料理+ビアシンの大瓶2本で702バーツ(約2100円)でした。やっぱり高めだけど、驚くほど高いわけでもないですね。

ナマズ尽くしの料理を食べたからナマズの呪いにかかったのか、店内でなぜか僕だけがメチャクチャ蚊に刺された@kun_maa でした。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログを気に入っていただけたら、下のボタンからツイートやいいね!、お気に入り登録などしていただけるととてもうれしいです。

また、RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。

follow us in feedly