[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]とりあえずバンコクにいます(成田から宿まで) @kun_maa

 

昨日(2014年2月3日)のユナイテッド航空バンコクに飛びました。

f:id:kun-maa:20140204034423j:plain

安さが魅力で選んだユナイテッド航空ですが、チェックインは自動でとてもスムーズに済んで好印象でした。

でも、乗ってみてビックリ!しばらく乗らないうちにエコノミーはアルコールが有料になってたんですね。知りませんでしたよ。いつもなら、ビールを2本にワインなんか飲んじゃっていい気分でバンコク入りするのですが、今回はソフトドリンクをがぶ飲みして切なくなりました。

機内食もクソ不味くて、今まで機内食を残したことなんかなかったのに始めて残してしまいました。とても食えたものじゃありません。席のリクライニングはちょっと壊れてるし、映画は今どき個人モニターじゃないし、LCCかよ!って思いましたよ。まだLCCに乗ったことないんだけどね。

すっごい眠いのに席が窮屈でシラフだからよく眠れないし、久しぶりに苦行のようなフライトでした。

でもね、予定より30分早くバンコクスワナプーム空港に到着したんですよ。

f:id:kun-maa:20140204034927j:plain

飛行機から降りてバスでターミナルへ移動するのも久しぶりでした。なんか懐かしい感じがして、ちょっと楽しくなりました。無茶苦茶疲れてはいたけどね。

最初は、エアポートリンクという空港と市内を結ぶ電車の終電に間に合わないと思っていたのですが、30分早く着いたので、間に合う可能性が出てきました。もうね、メチャ混みの入管をダッシュで駆け抜けましたよ。

f:id:kun-maa:20140204035430j:plain

少額だけ両替をして、2階の到着ロビーから地下1階のエアポートリンク乗り場までダッシュ。トイレもタバコも我慢です。

乗り場はなんかシーンとしてましたが、まだ切符が買えたのでOKです。切符と言っても、こういうトークンね。各駅停車で空港からパヤタイという終着駅まで45バーツです。

f:id:kun-maa:20140204035919j:plain

相変わらずやる気のない不親切な電車で、いつ来るのかさっぱりわかりませんでしたが、とりあえず乗車できました。23:48分にスワナプーム空港を発車。

f:id:kun-maa:20140204040314j:plain
けっこうガラガラでした。約30分でパヤタイに到着。すでにBTSという市内を走る高架鉄道は終了。
f:id:kun-maa:20140204040509j:plain
まあ、宿までの道はわかるので、トボトボと人通りのない道を歩いていました。
f:id:kun-maa:20140204040643j:plain
なんだか寂しいし、いい加減疲れたのですぐに流しのタクシーを拾っちゃいましたが(^^;;

宿のあるソイ(路地のこと)の名前を告げて走り出しましたが、ワンメーター(35バーツ)のところで、ここからは行けないから歩けと言われて車を降ろされました。
なんでかなあって思ったら、デモ隊に道路が封鎖されているんですね。
デモ隊による検問もあって、僕なんかどう見ても旅行者にしか見えないと思うんですけど、検問で「どこへ行く!」って捕まりましたよ。ホント勘弁してください。ソイの名前と宿の名前を言ったら、通ってよし!ってなりましたけどね。
f:id:kun-maa:20140204041409j:plain
こっちが笑顔を作っているのに、相手の目が笑ってないと怖いですね。封鎖地域内では、多くの男たちが無線をもってたむろしてたり、こっちを見てきたりして、あまりいい気分はしませんでした。
f:id:kun-maa:20140204041714j:plain 
ホントにデモ隊が道路を封鎖してるんですね。とりあえず2カ所ほど検問を通過して宿にたどり着きました。
もうヘロヘロです。
宿の受付のタイ人の笑顔にホッとしました。 
f:id:kun-maa:20140204042053j:plain

こんなに疲れるなんて、もう歳かなあって思った @kun_maa でした。 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログを気に入っていただけたら、下のボタンからツイートやいいね!、お気に入り登録などしていただけるととてもうれしいです。

また、RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。

follow us in feedly