読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。                     

[ま]「あまおう」と「とちおとめ」が対決だ/不二家LOOK(ルック)いちご大決戦 @kun_maa

お菓子

 

「あまおう」といえば、言わずと知れた福岡県だけで生産されている高級品種のいちご。

「とちおとめ」といえば、その名前からわかるとおり栃木県を中心に生産されている人気品種のいちご。

その2つのいちごがチョコレートで対決っていうコンセプトがいいですね。

これがそのチョコレート「LOOK いちご大決戦」。不二家から期間限定で発売中です。

f:id:kun-maa:20140123215601j:plain

 

箱をバリバリッと開けると、中から銀色のパッケージが登場。

f:id:kun-maa:20140123215721j:plain

 

この袋をサクッと破いて中身をさらすと、こんなふうになっています。

f:id:kun-maa:20140123235143p:plain

 

そして、肝心な対決ですが、これってちょっと不公平じゃない?って思うわけです。

なぜかというと、作りが違うんですよ。これじゃ「あまおう」が有利じゃないですか。

「あまおう」があまおうムースにあまおうソースのトッピングなのに対して、「とちおとめ」は、生クリームムースにとちおとめソースのトッピング。

完全に「いちご率」が違います。

f:id:kun-maa:20140123215633j:plain

 

まあ、大決戦といってもそんなに鼻息を荒くして、興奮しなくてもいいかなって思うんですけど、それでも「とちおとめ」がかわいそうじゃんってなります。

実際に食べてみると、予想どおり「あまおう」の方がいちご感がたっぷりです。

口の中に広がるいちごの香りと酸味、そしてチョコレートのほどよい甘さ。

美味しいです。

 

一方、不利な条件に立たされていると感じた「とちおとめ」ですが、確かに「あまおう」と比べるといちご感で負けていますが、生クリームムースに加わるいちごの酸味と、チョコレートの甘さが絶妙なバランス。

あれ?これも美味しい。

 

ってことで、結論としてはどちらも美味しいです。あえて同じ条件にしなかったのがわかるような気がします。だって味に変化がないと飽きちゃうもんね。

ところで、このチョコレート、パッケージに「あまおう」と「とちおとめ」って書いてあるからわかるものの、何も書いてなければ「あまおう」も「とちおとめ」も絶対に区別がつきません。

一応、濃縮いちご果汁を使っているので香料の差ではないと思うのですが、事前情報がなければ区別つかないって。どちらもいちご味だもん。難しすぎます。

まあ、美味しければどっちでもいいんだけどさ。

 

気になるカロリーは1箱(43g)当たり238kcalです。まあまあいい線行ってるんじゃないでしょうか。

いちご感をたっぷり味わいたければ「あまおう」を、生クリームムースの優しい甘さに酸味のスパイスを効かせたいちごチョコを食べたければ「とちおとめ」をって感じですね。

大決戦だけど引き分けドロー。だってどっちも美味しいんだもん。

 

以上チョコレートは心の安定剤 @kun_maa がいちご大決戦の現場からお伝えしました。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログを気に入っていただけたら、下のボタンからツイートやいいね!、お気に入り登録などしていただけるととてもうれしいです。

また、RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。

follow us in feedly