[ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

ぷるんにー(พรุ่งนี้)とはタイ語で「明日」。好きなタイやタイ料理、本や映画、ラーメン・つけ麺、お菓子のレビュー、スターバックスやタリーズなどのカフェネタからモレスキンやほぼ日手帳、アプリ紹介など書いています。明日はきっといいことある。

[ま]キャプテンハーロック/フルCGは実写のようにきれいだけど・・・ @kun_maa

 

こんにちは!キャプテンハーロックは憧れのヒーロー @kun_maa です。

f:id:kun-maa:20130620204019j:plain

 

 

キャプテンハーロックと言えば、言わずと知れた松本零士原作の漫画。

本編だけではなく銀河鉄道999にも出てきたりして、その謎多きクールなヒーローに子どもの頃は憧れましたねえ。だって宇宙海賊ですよ。自由の旗のもとに!ですよ。

 

そんなハーロックが映画になったと聞いては、見ないわけにはいきません。

作品を観たあのジェームズ・キャメロン監督も「空前の出来、もはやこれは伝説だ」と言ったそうですから。期待大です。

f:id:kun-maa:20130909193537j:plain

 

<良かった点>

①映像がきれい

フルCGアニメーションって言うんですか?なんかほとんど実写のように映像がきれいでした。さすが総制作費3,000万ドルです。

 

②声優陣が豪華

ハローックは小栗旬、主役のヤマは三浦春馬、ほかにも蒼井優古田新太福田彩乃森川智之大塚周夫など豪華な顔ぶれです。セリフも聞いていて安心感がありましたね。

 

③原作のキャラクターが登場

キャプテンハーロックはもちろんですが、原作に登場していた「有紀 螢(ゆうき けい)」、「ヤッタラン」、「ミーメ」、「トリさん」「トチロー」などがこの映画にも登場します。

かなーり雰囲気は違っちゃってたけど、ヤッタランとトリさんはいい味出してたかな。

 

<残念だった点>

①ストーリーがつまらない

ストーリーは原作とはまったく違います。宇宙海賊らしさがないし、チラシには「世界を変えたければこの艦に乗れ」とかっこいいことが書いてあったけど、「世界を変える」とかほとんど関係ないし。ラストも「え?なんで?」って感じでモヤッとします。

ストーリー自体あまり盛り上がり感がなく、結局なんなのさ?って感じ。チラシをよく見たら、キャメロン監督が絶賛していたのは「映像」でした。

 

ハーロックが情けない

原作では謎が多いものの、自由のためにとか男らしさを語ったりするクールでかっこいいハーロックですが、この作品では過去の自分の失敗に長年囚われています。そして謎の行動はその自分の過去を帳消しにするためだけ。乗組員も騙しています。こんなハーロックは見たくないな。

 

アルカディア号のデザインが好きじゃない

艦首のドクロはいいいんですけど、なんか全体的にゴテゴテしていてあまり好きじゃありません。まあ、好みの問題なんでしょうけど。それに笑っちゃうくらい無敵すぎます。あれはないわ。

 

④主人公の「ヤマ」の行動がブレ過ぎ

ハーロックの暗殺のためにアルカディア号に乗り込んだはずなのに、ちょっと会話しただけでハーロックに心酔しちゃうし、そうかと思えばコロっと寝返ったり、また戻ったりと行動がブレブレで信念が感じられません。感情移入はもちろん無理。


映画『キャプテンハーロック』3分予告編映像 - YouTube

 

あれ、思いつくままに書いていったら<残念な点>の方が多くなっちゃった。

まあ、残念な点には目を瞑って映像の素晴らしさを味わう映画ですかね。

f:id:kun-maa:20130909201209j:plain

 

キャプテンハーロック (角川文庫)

キャプテンハーロック (角川文庫)

あ!ハーロックの原作漫画Kindleにあったんだ。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

このブログを気に入っていただけたら、下のボタンからツイートやいいね!、お気に入り登録などしていただけるととてもうれしいです。